毎日更新ブログ|佐藤勝人の

佐藤勝人のブログ・一刀両断

誰に対しても上から目線でした、それよりもオープンマインドだったので本物には可愛がられました。

私の10代20代30代と

敬語を使うのは下手だった

 

 

誰に対しても

ほぼタメ口

しかも上から目線でした

それよりも包み隠さず

オープンマインドだったので

本物には可愛がられました

 

 

気づいたら

55歳相変わらず

ほぼタメ口

しかも上から目線

それをズーッと通せたのは

本質を掴み取る

大人ばかりと

話していたからです

 

 

だから私も気にするのは

発する言葉の中身であり

言わんとしているところの

本質を読み解くから

相手の言動が

上から目線だとか

タメ口だとか

言葉遣いという技法には

あまり気を取られません

 

 

またカタチを気にする人の殆どは

自分自身が我慢して

謙虚を演じているのに

何でお前が?

遠慮なく話す姿が

ムカつくのかもしれませんね

 

 

私自身は変わらないのですが

55歳という年齢と立場から

年下の人に敬語を使うことを覚えました

じゃないと

今の時代パワハラになっちゃうからね

 

 

最後に

年下のキミは私にタメ口でいいから

気を使わずにぶちまけてくれ

私は度量があるから気にしない

カタチより中身を聞き取るタイプだから

 

 

ヨロシク

 

 

 

 

 

佐藤勝人
とは?

Who is Katsuhito Sato?

1964年12月栃木県宇都宮市生まれ。カメラ販売チェーン店サトーカメラの代表取締役副社長であり、日本販売促進研究所チーフコンサルタント。