2020年の大不況を読んで3年前から準備をしていたけど。

2020年に 日本大不況を予測していた 経済学者がいた     それを知っていれば 私たち商業の世界が 出店攻勢を仕掛けるのは 20

続きを見る

苦境を乗り越えたことがない次世代を担う若手社員と、初めて苦境を共有できたことが私は嬉しい。

幾度となく苦境を乗り越えて その度に 新しいカタチを作ってきた     だから苦境の度に 新しく生まれ変われるから 大変だけど私は嬉しいん

続きを見る

「若いうちの苦労は買ってでも!」それは変わらない、やり方が変わっただけだ。

「若いうちの苦労は買ってでもしろ!」 私たちが若い頃よく聞かされら言葉だった     確かに今になって振り返ると 20代30代40代と ハードワ

続きを見る

成長の殆どは直接体験によって決まる、70%が仕事の経験からなんだ。

私たち大人にとって 仕事は「学び場」です     70対20対10の法則 大人になってからの学びとは 70%が仕事の経験から 20%が他者

続きを見る

「リアル会議」だと1対その他大勢、「オンライン会議」だと1対1感が強まるのがいい。

毎週月曜日店長会議 スタートさせて丸20年 ほぼ1000回目にして コロナ対策の影響を受けたお陰で 初の完全オンライン化された 店長会議を開くことが出来ました &n

続きを見る

幾度となく危機を乗り越えてきた私たちに怖いものはない、躊躇なく新しい道を切り拓くだけだ。

2020/04/11 | 勝人塾

こういう有事の時に 人間の本性というものが 現れるものです       1・嘆き悲しむ人 2・傍観者 3・今を全力で突破す

続きを見る

「ウイルスVS人類の戦い」ハリウッド映画じゃないけど「エア戦争」時代へ突入

ウイルスVS人類の戦い 「これは戦時下だ!」と 3月中旬にトランプ大統領が吠えた その時私は その戦時下の恐怖に怯える ニューヨークにいた   &n

続きを見る

商業界ショック4「私にとって米国流通視察ツアーこそが商業経営の原理原則だった」 

1990年代にはカメラ業界の アメリカ流通視察ツアー という名の接待旅行に行くことで 間違った勉強の仕方を覚えていた     2000年代に突入

続きを見る

商業界ショック3「私佐藤勝人はすべての債権を放棄させて頂きます。」

私が「商業界」に取り上げられたのが 2003年2月発売の3月号だった     私の処女作 「日本一のチラシはこうつくれ」が 2002年6月に発売

続きを見る

商業界ショック2「私にとっての商業界とは。」

「商業界」とは出版社であり その出版業務から波及して セミナーやスクールや アメリカ視察ツアーなどを 企画運営をするけど 決してコンサルタント会社ではない また社員

続きを見る

勝人塾







PAGE TOP ↑