毎日更新ブログ|佐藤勝人の

佐藤勝人のブログ・一刀両断

安倍総理の経済嗅覚は抜群!1度目の辞任の後にリーマンショック、2度目の辞任後は。

安倍総理2度目の体調不良による辞任

もちろん敬意を払います

1億2千万人日本国の代表ですから

 

 

しかし私たちが思うほど

彼はそこまで責任を

感じていない人間だと感じました

 

 

私たち庶民があの立場だったらと

想像すると相当な激務を強いられ

大変だと思うけど

 

 

生まれたときからその一族

みんなそういう仕事であり

生き方をしているから

彼らにとっては

それが普通なんですよ

 

 

比べたら失礼だけど

私がこの20年間ほぼ休まず

商業経営者と

経営コンサルタント

2足の草鞋を履いて

日本全国を周り

支援先の会社を助けに奔放しています

それこそ365日24時間仕事をしています

やったことのない人にとっては激務でも

20年もやっている私にとってはそれが普通で

親の代から我が佐藤一族は

毎日のように仕事それが普通です

 

 

麻生太郎さんが

「総理のように147日も休まず働いたことありますか?」

と言うけど

私たちからしたら未曾有の危機の時に

そんなことは当然のこと

身体だって50も60も超えれば

誰だって何かしか持病は抱えている

その中で戦っているんですよ

我ら国民だって

この危機に必死になってます

 

 

そう考えると

命懸けで戦ってきた

お父さんやおじいちゃんは

本当に立派でしたが

世襲議員というのは

国や国民のことは考えていない

というか庶民の生活が

見えていないということが

この危機での辞任や

あの発言でよくわかります

 

 

私たち庶民が思うほど

激務でもなければ

そこまで責任を感じていないのが

本音だと思いますよ

 

 

彼らにとっては国の経営も

単なる世襲の2代目3代目

資産と名士承継なのか?

 

 

私たちのような

中小企業経営は同族が多い

それは資産承継のためではない

 

 

ただ単に小さな会社には

優秀な人材が集まりにくいから

せめて自分の子供だけでも

しっかり育てて

もっと会社の質を上げたい

というのが大前提の世襲

 

 

そう考えると国の経営には

世襲は要らないということ

もっと広く優秀な人材を集めたほうが

いいかもしれない

 

 

彼の1度目の辞任後も

リーマンショックで大変な不況が来た

ということは2度目も

この後未曾有のコロナ不況が

これから押し寄せる

ということは読み解けますよね

 

 

 

ヨロシク

 

#安倍総理辞任

#佐藤勝人

#日本販売促進研究所

佐藤勝人
とは?

Who is Katsuhito Sato?

1964年12月栃木県宇都宮市生まれ。カメラ販売チェーン店サトーカメラの代表取締役副社長であり、日本販売促進研究所チーフコンサルタント。