「 商業界 」 一覧

商業界ショック4「私にとって米国流通視察ツアーこそが商業経営の原理原則だった」 

1990年代にはカメラ業界の アメリカ流通視察ツアー という名の接待旅行に行くことで 間違った勉強の仕方を覚えていた     2000年代に突入

続きを見る

商業界ショック3「私佐藤勝人はすべての債権を放棄させて頂きます。」

私が「商業界」に取り上げられたのが 2003年2月発売の3月号だった     私の処女作 「日本一のチラシはこうつくれ」が 2002年6月に発売

続きを見る

商業界ショック2「私にとっての商業界とは。」

「商業界」とは出版社であり その出版業務から波及して セミナーやスクールや アメリカ視察ツアーなどを 企画運営をするけど 決してコンサルタント会社ではない また社員

続きを見る

商業界ショック1・私にとっての商業界とは「日本の商業の歴史と思想と空気がある」それを大切にしたいだけ。

2020/04/01 | 商業界

戦後からスタートして通巻903号 月刊「商業界」 二足のわらじを履いた私が 誌面に取り上げられたのが 2003年2月号から 特集や巻頭や連載と丸17年間も 懲りずに

続きを見る

「戦争をやっている国」と「戦争をやらない国」の差を感じた

先週のニューヨーク滞在中に トランプ大統領が 「ウイルスVS人類の戦いだ」 「これは戦時下だ!」 と言った瞬間 ニューヨーク市民の動きが変わった  

続きを見る

刑事ドラマでも、時代劇でも、テレビでも、映画でも、主人公たちは「同調圧力」と戦っていた、それがカッコいい。

「同調圧力」とは 多数意見が正しく 暗黙のうちに 多数意見に合わさせること     多数意見に逆らうと 恥の意識を持たせたり 変わり

続きを見る

今は試合中で最大のピンチ、ココは目先と小手先で動きなさい、この1つクリアすると、そこにチャンスがゴロゴロあるから。

今まで うちの野球は10対6で勝っていた しかし不況期は 点が獲れずに6点しか入らない だからこういう時には 失点を抑えること 3点4点に抑えるようにしなければ

続きを見る

[大不況緊急対策]単品一番商法で一点突破全面展開リアル3.0セミナー4月21日やるよ!

コロナ不況をモノともせずに 業績を伸ばす店が必ずある 地域一番化戦略の単品一番商法で 一点突破全面展開している 「強い店」は やはり不況期でも 圧倒的に強かった

続きを見る

中小企業経営は「キャッチャーで、4番、監督」1人いれば業界日本一を狙えます。

昔はエースで4番が1人いれば 県大会は優勝できたものだ しかし時代が変わり働き方改革 野球界もルールが変わったお陰で 投手の球数制限や 登板間隔も決められてしまうから

続きを見る

「好きだからやるわけじゃない、好きじゃないからやるんだよ」それが自己成長の秘訣だよ。

佐藤勝人2月19日からYouTubeデビュー   「好きだからやってるわけじゃない」 「いまさら名を売りたいわけでもない」 「ユーチューバーになりたい訳じゃない」

続きを見る

勝人塾







勝人塾







PAGE TOP ↑