「 勝手に言わせて! 」 一覧

私たちは本業に徹する〇〇屋だ!しかし、その〇〇屋の前に商業者であること忘れるな!

ちょっと前の順境の時は 時代そのものが ぬるま湯状態で 何年も十数年も そこに引っ張られ なかなか「イノベーション」が起こせず 辟易していたのは間違いない &

続きを見る

「我ら商業者こそ救世主であれ」

みなさんも コロナショックで 大変な時期だからこそ 言わせてもらうよ     お客さんであり 地域であり 従業員であり 数値デ

続きを見る

バブル崩壊の大不況時、一気に業界ベストテン入りを果たした。それはなぜだろうか?

私たちの経営人生で今まで 人生順風満帆な時は 一度もなかった     私たちはバブル期の 1988年に1号店をオープンさせた バブルの恩恵

続きを見る

「リアル会議」だと1対その他大勢、「オンライン会議」だと1対1感が強まるのがいい。

毎週月曜日店長会議 スタートさせて丸20年 ほぼ1000回目にして コロナ対策の影響を受けたお陰で 初の完全オンライン化された 店長会議を開くことが出来ました &n

続きを見る

「ウイルスVS人類の戦い」ハリウッド映画じゃないけど「エア戦争」時代へ突入

ウイルスVS人類の戦い 「これは戦時下だ!」と 3月中旬にトランプ大統領が吠えた その時私は その戦時下の恐怖に怯える ニューヨークにいた   &n

続きを見る

商業界ショック4「私にとって米国流通視察ツアーこそが商業経営の原理原則だった」 

1990年代にはカメラ業界の アメリカ流通視察ツアー という名の接待旅行に行くことで 間違った勉強の仕方を覚えていた     2000年代に突入

続きを見る

商業界ショック3「私佐藤勝人はすべての債権を放棄させて頂きます。」

私が「商業界」に取り上げられたのが 2003年2月発売の3月号だった     私の処女作 「日本一のチラシはこうつくれ」が 2002年6月に発売

続きを見る

商業界ショック2「私にとっての商業界とは。」

「商業界」とは出版社であり その出版業務から波及して セミナーやスクールや アメリカ視察ツアーなどを 企画運営をするけど 決してコンサルタント会社ではない また社員

続きを見る

何をやるにも「ゼロリスク」なんて無い。

「何をやるにもゼロリスクなんて無い」     リスク回避のために 時間と労力を使って 無駄金使って 新たなリスクを 招いているような場合も

続きを見る

「戦争をやっている国」と「戦争をやらない国」の差を感じた

先週のニューヨーク滞在中に トランプ大統領が 「ウイルスVS人類の戦いだ」 「これは戦時下だ!」 と言った瞬間 ニューヨーク市民の動きが変わった  

続きを見る

勝人塾







勝人塾







PAGE TOP ↑