自分の頭で考えること、頭は考えるためにある。

同業者の「HOW、どのように」ばかりを

真似していれば

結果は早いけど

自分の頭で考えることをしない

自分の頭で考えないことを

続けていることが

それが一番怖い

 

 

商売の基本は

「いつ、いつまでに」

「どこで、どこが」

「誰が、誰に」

「何を、何で」

「なぜ、どうして」

これだけを常にハッキリさせること

 

 

それさえハッキリすれば

「HOW、どのように」は

自分の頭で考え

好きなようにやればいいんだよ

 

 

標準化とは

「最低限これはやってね」

ということ

 

 

それなのに

「HOW、どのように」を

有り難く教えてもらい

自分が「その通りにできたか」

「できなかったか」を

検証しているから

バカバカしい

 

 

お客さんを

全然見ていないことが問題だ

 

 

目の前のお客さんの

仕草や顔色や表情や反応を見て

自分の頭で考えて

お客さんの背中を

押してあげられないことが

一番の問題だ

 

 

私の指導法はこうだ

「友だちと合う感じで」

「友だちに薦める感じで」

「友だちのように接すること」

勿論相手はお客さんだから

敬語にすればいいだけだ

 

 

友だちと話す時に

イチイチ台本書きますか?

前日から練習しますか?

 

 

話し方なんて

「前後したっていい」

「何度も同じこと言ってもいい」

「まとまっていなくてもいい」

 

 

お客さんは

言葉を聞いているのではない

あなたの一所懸命さや

お客さんのことを

わかろうとする姿や

熱意に共感するんだよ

それが接客の極意だよ

 

 

それは何度も失敗を繰り返し

数回の成功を振り返ること

その差が実力として

年月とともに顕著に現れる

 

 

商売は「HOW、どのように」を

教えてもらって

できるものではない

 

 

 

「習うより慣れろ」

 

 

 

ヨロシク

■先日のウェビナーが評価高かったので
編集なしのライブ版を「録画配信」
本日より販売開始しました!
購入頂いた方に「動画URL」が届きます
購入はコチラ↓↓↓
https://www.shop-satocame.com/smartphone/detail.html?id=000000003037
一点突破全面展開リアル3.0
地域一番店商法佐藤勝人2時間SP
 
期間は7月10日まで
実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

試合に勝たせるのが部下育成の基本です。

部下育成における 私の流儀を教えるならば 勝ち試合は部下に譲り 必ず花を持たせま

記事を読む

no image

1年前の成功事例なんて語っていたらもう終わりだよ。

10,000アイテムで1,000人集客 商品並べて「さあ〜買いなはれ」の スーパーマー

記事を読む

no image

我ら労働者階級出身の成り上がり者はチョッと成功するとすぐに貴族の真似事するからバカみたいだ。

ロスチャイルドが世界を牛耳っているから何? 貴族のような働か無い者が寄り集まって 美術

記事を読む

no image

「経営者ならば自分のためだけに働く小さな人間になるなよ」

「自分のために働く人」が 経営者になると厄介だ その手の経営者に共通し

記事を読む

no image

業界の地位向上なんて言っている人ほど、肝心の顧客心理から離れてしまっているんだよね。

全国飛び回り 色々な業界団体で 講演やセミナーに登壇して 気付かされるのは

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

勝人塾







PAGE TOP ↑