「若いうちの苦労は買ってでも!」それは変わらない、やり方が変わっただけだ。

「若いうちの苦労は買ってでもしろ!」

私たちが若い頃よく聞かされら言葉だった

 

 

確かに今になって振り返ると

20代30代40代と

ハードワークから得たものが

大きかった

 

 

大先輩たちは

「月月火水木金金」といって

週に7日間勤務

それでいて

朝7時〜夜11時

「セブンイレブン」

というモーレツな働き方だった

 

 

私たちの世代になって

ようやく男女雇用均等になり

「月火水木金土」

週6日勤務になって

月に4日〜6日休日になった

 

 

それらが戦後の急成長

日本の高度成長を支えた

7・11セブンイレブン

週6日の週72時間労働時代だった

 

 

こうした背景があったから

敗戦国日本から

経済大国日本へと

日本企業が世界を席巻し

世界を圧倒した

あのアップルのジョブズだって

日本のソニーに憧れ

真似したという

 

 

こうしたハードワークは

スタートアップ起業にとっては

現在でも当たり前のことであり

それは日本に限らず

欧米でも中国でも

アジアでもどこでも同じことだ

 

 

その中でも中国の

BATと言われるトップ企業は

その習性を失っていない

 

 

「鉄は熱いうちに打て」

「若い時の苦労がその後を決める」

といった育成の考えを

どう改めたら良いのだろうか?

ハードワークを肯定する話ではない

 

 

20代は社会人としての基礎固め

自らの可能性を広げる時

こういう時に

労働時間の足かせは厳しい

寝食忘れて働くという経験は

人間の成長にとって

重要だと考えられるからだ

 

 

今まで1日12時間かけて

やっていた仕事を

遅くとも1日8時間で

終わらせること

そしてその仕事は

4時間で終わらせること

 

 

アリババの

ジャック・マーは言う

「仕事に情熱を持てば

その1分間、3分間、5分間が

責め苦となるはずだ」

 

 

時を忘れるくらい

完全に集中して

のめり込む精神状態を

「フロー体験」と言い

こうした状態を生み出す

環境条件が必要だ

 

 

1・目標の明確さ

「何をすべきか、どのようにを理解している」

 

2・どれくらいうまくいっているのかが知れる

「すぐにフィールドバックが得られる」

 

3・調整と能力のつり合いを保つこと

「活動が簡単過ぎず難し過ぎない」

 

4・行為と意識の融合

「自分は大きな何かの一部であると感じる」

 

5・注意散漫を避ける

「深く集中し探求する機会を持つ」

 

6・自己・時間・周囲の状況を忘れる

「現実から離れたような」

 

7・自己目的的な経験としての創造性

「活動に本質的な価値がある」

 

 

限られた時間の中で

こうした状況を生み出せる環境を用意し

密度濃く体験を深める

 

 

また一人ひとりが

単なる組織の歯車ではなく

チームの一員となって

変化や貢献を生み出している

自らの存在意義を実感させ

役に立っている

成長していると感じ

会社のビジョンを信じた仲間であること

 

 

「若いうちの苦労は買ってでもしろ」

それは変わらない

時代とともに

ハードワークそのものの

やり方が変わっただけだ

 

 

 

ヨロシク

 

 

 

◼️ 20周年を迎える日本販売促進研究所
20年目にして初のコンサルタント養成講座
5月13日いよいよスタート第一期生募集
◎コンサルタントになりたい
◎売れるコンサルタントになりたい
◎コンサルタントで独立を目指している
コンサルタント志望者から
現役コンサルタントまで
経歴、実績、参加資格は問いません。

 

日本で唯一
コンサルタント養成のプロが直に指導

 

古田選手に野村監督
イチロー選手に河村コーチ
高橋尚子選手に小出監督というように

 

今から23年前1997年4月佐藤勝人32 歳
サトーカメラ株式会社営業部長の時に
実戦の中から自らの知恵で
論理を組み立ててきた勝人流

 

当時、船井総合研究所
取締役本部長宮内亨50歳
船井総合研究所草創期メンバー
バリューマーケティング創始者であり
船井幸雄の懐刀と目された知の巨人
コンサルタント養成のプロにして
哲学者であり経営コンサルタント

 

その彼が長年積み上げてきた
船井流地域一番化戦略
偶然にも同じ論理を持って
実践していたことから
その才能を評価され
宮内氏にスカウトされました

 

私はその時の言葉を信じ
コンサルタントとしての
能力を開花させるため
2000年から
二足の草鞋を履き始めました

 

お陰様で経営者でありながら
経営コンサルタントという
二刀流コンサルタントの
草分け的存在にまでなりました

 

二人三脚で共に歩んできた
佐藤勝人55歳にして宮内亨73歳

 

コンサルタント育成のプロ2人が
タッグを組み
10名のコンサルタントを育てる
初プロジェクト

 

全12回佐藤勝人と宮内亨の
コンサルタント養成講座
2020年5月13日開講

第1期生10名限定募集 あと4名

■第1講座 5月13日(水)
■第2講座 6月10日(水)
■第3講座 7月 8日(水)
■第4講座 8月 5日(水)
■第5講座 9月 2日(水)
■第6講座10月 7日(水)
■第7講座11月11日(水)
■第8講座12月 9日(水)
■第9講座1月20日(水)
■第10講座2月 予定
■第11講座3月 予定
■第12講座4月予定

時間/朝9時〜16時
6時間(昼食お弁当付き)

会場/〒321-0904
栃木県宇都宮市陽東3-27-15
サトーカメラ宇都宮本店2階ホール

年間受講料/100万円(税別)
一括払いor2回.5回.10回分割払いOK

 

■お申込み問い合わせ
コンサルタント養成講座
担当佐藤夏美
nsatou@satocame.com

主催/日本販売促進研究所
協力/経営コンサルティングアソシエーション
後援/サトーカメラ株式会社
想道美留(上海)有限公司
SBファンドマネジメント

https://facebook.com/events/s/%E7%AC%AC%E4%B8%80%E6%9C%9F%E7%94%9F%E5%8B%9F%E9%9B%86-%E4%BD%90%E8%97%A4%E5%8B%9D%E4%BA%BA%E3%81%A8%E5%AE%AE%E5%86%85%E4%BA%A8%E3%81%AE%E5%A3%B2%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%88%E9%A4%8A%E6%88%90%E8%AC%9B%E5%BA%A7/2643935412549408/?ti=icl

#サトーカメラ
#サトカメシャシンショップ
#サトカメシャシンスタジオ
#サトカメシャシンプラス

 

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

試合に勝たせるのが部下育成の基本です。

部下育成における 私の流儀を教えるならば 勝ち試合は部下に譲り 必ず花を持たせま

記事を読む

no image

1年前の成功事例なんて語っていたらもう終わりだよ。

10,000アイテムで1,000人集客 商品並べて「さあ〜買いなはれ」の スーパーマー

記事を読む

no image

我ら労働者階級出身の成り上がり者はチョッと成功するとすぐに貴族の真似事するからバカみたいだ。

ロスチャイルドが世界を牛耳っているから何? 貴族のような働か無い者が寄り集まって 美術

記事を読む

no image

「経営者ならば自分のためだけに働く小さな人間になるなよ」

「自分のために働く人」が 経営者になると厄介だ その手の経営者に共通し

記事を読む

no image

業界の地位向上なんて言っている人ほど、肝心の顧客心理から離れてしまっているんだよね。

全国飛び回り 色々な業界団体で 講演やセミナーに登壇して 気付かされるのは

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

勝人塾







PAGE TOP ↑