自分の人生を、自分のためだけに生きるほど、退屈な人生はない。

公開日: : 最終更新日:2020/01/25 勝人塾, 勝手に言わせて!

自分の人生を

自分のためだけに生きるほど

退屈な人生はない

 

 

誰にも何も期待されない

ストレスフリーな人生ほど

退屈な人生はない

 

 

自分の成功だとか

自分の幸せだとか

自分の贅沢だとか

自分のストレスフリーだとか

バカみたいに

右往左往しているけど

 

 

なぜそんなに

自分が可愛いく

自分が愛おしく

自分だけを

愛したいのだろうか?

 

 

私の言葉では

誤解されると思うけど

おんな的思考だと思うよ

女々しくて気持ち悪いよ

 

 

私は男として生まれ

経営者として

仕事をしているからだと思うけど

公的立場の私が

「自分だけ」の人間だったら

最悪だと思いませんか?

 

 

経営者という

ビジネスリーダーは

常に相手のためであり

社会のためであり

社会の不備や問題に対して

ビジネスをしているわけだから

その自己犠牲的な部分も含めて

それを幸せに感じなければ

ビジネスリーダーにはなれない

 

 

そう考えると

小泉進次郎大臣の育休というのは

何のための育休なのか?

社会のために働いている

リーダーではなかったことが

こういう行動や

意思決定に

さらっと現れるんだよね

 

 

ヨロシク

 

 

 

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

商業界ショック4「私にとって米国流通視察ツアーこそが商業経営の原理原則だった」 

1990年代にはカメラ業界の アメリカ流通視察ツアー という名の接待旅行に行くことで

記事を読む

no image

商業界ショック3「私佐藤勝人はすべての債権を放棄させて頂きます。」

私が「商業界」に取り上げられたのが 2003年2月発売の3月号だった  

記事を読む

no image

商業界ショック2「私にとっての商業界とは。」

「商業界」とは出版社であり その出版業務から波及して セミナーやスクールや アメリ

記事を読む

no image

何をやるにも「ゼロリスク」なんて無い。

「何をやるにもゼロリスクなんて無い」     リスク回避のため

記事を読む

no image

「戦争をやっている国」と「戦争をやらない国」の差を感じた

先週のニューヨーク滞在中に トランプ大統領が 「ウイルスVS人類の戦いだ」 「これ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑