勝人塾の実践的指導法とは「時流に適応した力相応の徹底した一番主義にあり」

「時流」と「流行」の違いは

「時流」とは8年から10年先を見越した

大きなトレンドであり

目の前で動いている「流行」でない

 

 

「流行」にも適応する必要はありますが

それだけでは短期的に終ってしまう

確かに目先のことを熟して行くことが

重要なのですが

それでは「戦略」の意味が薄い

 

 

また目先の事ばかりでは結局

社員の成長は鈍化を招き

「マンネリ」化してしまう

 

 

中小企業で

伸びている会社の特長の一つは

その時代の商売をしっかり行いながら

その余力の範囲内で

「未来」へのチャレンジを行い

種を撒いていること

この「同時並行」こそが重要です

 

 

次に「力相応」という点ですが

身の丈に応じた事が重要なので

何事も「とりあえず」から始める事が重要

 

 

これは「アリだな!」

「イケルぞ!」という

直感が働いても急ぎすぎないこと

 

 

「人づくり」があって

初めて「戦略」が動き始めるのです

 

 

「人」は急には変わらないので

まず、身の丈に応じた先行投資から

少数のプロジェクトチームで

新しい「戦略」に挑むこと

 

 

本業の余力の範囲内で新しい「戦略」

事業をスタートすることが重要です

こういう感覚が

「力相応」ということ

 

 

そして最後の

「一番主義」が重要なのですが

いくら小さくスタートしたとしても

「力相応」の範囲内で一番を目指さないと

ベクトルが太くなって行かないのです

 

 

「お客様で一番」

「この商品や技術やサービスで一番」など

商圏を決めて

具体的に一番を認識することです

 

 

ヨロシク

 

 

1・「流行」を追うと

一番になるには資金力が必要になる

 

 

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

商業界ショック!私にとっての商業界とは。

「商業界」とは出版社であり その出版業務から波及して セミナーやスクールや アメリ

記事を読む

no image

何をやるにも「ゼロリスク」なんて無い。

「何をやるにもゼロリスクなんて無い」     リスク回避のため

記事を読む

no image

私にとっての商業界とは「日本の商業の歴史と思想と空気がある」それを大切にしたいだけ。

戦後からスタートして通巻903号 月刊「商業界」 二足のわらじを履いた私が 誌面に

記事を読む

no image

「戦争をやっている国」と「戦争をやらない国」の差を感じた

先週のニューヨーク滞在中に トランプ大統領が 「ウイルスVS人類の戦いだ」 「これ

記事を読む

no image

刑事ドラマでも、時代劇でも、テレビでも、映画でも、主人公たちは「同調圧力」と戦っていた、それがカッコいい。

「同調圧力」とは 多数意見が正しく 暗黙のうちに 多数意見に合わさせること

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑