事業領域ハッキリさせないと攻め方は基本的に違うよ!(ローカル.リージョナル.ナショナル.グローバル)✕(メジャー.マイナー.ニッチ)

公開日: : 勝人塾, 勝手に言わせて!

地球規模で捉えれば

日本国内がローカルで

世界をグローバルという捉え方もわかるが

それは大手メーカー的発想だと思う

 

 

商業の世界で

チェーンストアの定義は

同じフォーマットが11店舗以上

ローカルの定義は

町内・市内・県内

リージョナルの定義は

3県及び8地方区分内

ナショナルの定義は

リージョナルを超えた場合

いちいち定義に則る必要もないけど

 

 

商業の世界では

ローカルのニッチを目指すも良し

ローカルのメジャーを目指すも良し

 

リージョナルのニッチを目指すも良し

リージョナルのメジャーを目指すも良し

 

ナショナルのニッチを目指すも良し

ナショナルのメジャーを目指すも良し

 

グローバルのニッチを目指すも良し

グローバルのメジャーを目指すも良し

 

 

ビジネスである以上

目指すべきところは

はっきりしたほうがいい

 

 

昔はローカルのニッチでは

商売が厳しかったが

SNSが普及したお陰で

ローカルのニッチだったはずが

いきなりナショナルのニッチでも

グローバルのニッチでも

大きな商売になり得るということで

「好きなことをやれ」と

騒がれているけど

まあ、宝くじに当たるようなもの

 

 

それでもyoutubeのお陰で

自分が飯食うためだけならば

少額のリスクで

あなたの性懲りもない

好きなことで

飯が食える時代にはなった

 

 

私が説いた地域一番化戦略とは

先ずは目の前のお客さんを相手に

ローカルのメジャーを

目指そうよということ

 

 

地域に影響を与える

商品であり

店であり

雇用であり

存在意義ある店であり

会社にしようということ

 

 

もちろんSNSも活用するけど

エリアを絞り込むことで

さらに顧客層が明確になり

宝くじよりも確率は断然上がる

しかも自助努力で

どうにでもなるからいいわけで

 

 

サトーカメラは店舗展開で

ローカルのメジャーになり

そのローカルメジャーが

SNSでナショナルニッチになり

今度は商品のSHASHINで

グローバルニッチを突き詰める

 

 

商業経営コンサルタント佐藤勝人も

グローバルニッチを

突き詰めている

どれも同時進行です

 

 

 

ヨロシク

 

 

 

 

 

 

 

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

商業界ショック4「私にとって米国流通視察ツアーこそが商業経営の原理原則だった」 

1990年代にはカメラ業界の アメリカ流通視察ツアー という名の接待旅行に行くことで

記事を読む

no image

商業界ショック3「私佐藤勝人はすべての債権を放棄させて頂きます。」

私が「商業界」に取り上げられたのが 2003年2月発売の3月号だった  

記事を読む

no image

商業界ショック2「私にとっての商業界とは。」

「商業界」とは出版社であり その出版業務から波及して セミナーやスクールや アメリ

記事を読む

no image

何をやるにも「ゼロリスク」なんて無い。

「何をやるにもゼロリスクなんて無い」     リスク回避のため

記事を読む

no image

「戦争をやっている国」と「戦争をやらない国」の差を感じた

先週のニューヨーク滞在中に トランプ大統領が 「ウイルスVS人類の戦いだ」 「これ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑