事業領域ハッキリさせないと攻め方は基本的に違うよ!(ローカル.リージョナル.ナショナル.グローバル)✕(メジャー.マイナー.ニッチ)

公開日: : 勝人塾, 勝手に言わせて!

地球規模で捉えれば

日本国内がローカルで

世界をグローバルという捉え方もわかるが

それは大手メーカー的発想だと思う

 

 

商業の世界で

チェーンストアの定義は

同じフォーマットが11店舗以上

ローカルの定義は

町内・市内・県内

リージョナルの定義は

3県及び8地方区分内

ナショナルの定義は

リージョナルを超えた場合

いちいち定義に則る必要もないけど

 

 

商業の世界では

ローカルのニッチを目指すも良し

ローカルのメジャーを目指すも良し

 

リージョナルのニッチを目指すも良し

リージョナルのメジャーを目指すも良し

 

ナショナルのニッチを目指すも良し

ナショナルのメジャーを目指すも良し

 

グローバルのニッチを目指すも良し

グローバルのメジャーを目指すも良し

 

 

ビジネスである以上

目指すべきところは

はっきりしたほうがいい

 

 

昔はローカルのニッチでは

商売が厳しかったが

SNSが普及したお陰で

ローカルのニッチだったはずが

いきなりナショナルのニッチでも

グローバルのニッチでも

大きな商売になり得るということで

「好きなことをやれ」と

騒がれているけど

まあ、宝くじに当たるようなもの

 

 

それでもyoutubeのお陰で

自分が飯食うためだけならば

少額のリスクで

あなたの性懲りもない

好きなことで

飯が食える時代にはなった

 

 

私が説いた地域一番化戦略とは

先ずは目の前のお客さんを相手に

ローカルのメジャーを

目指そうよということ

 

 

地域に影響を与える

商品であり

店であり

雇用であり

存在意義ある店であり

会社にしようということ

 

 

もちろんSNSも活用するけど

エリアを絞り込むことで

さらに顧客層が明確になり

宝くじよりも確率は断然上がる

しかも自助努力で

どうにでもなるからいいわけで

 

 

サトーカメラは店舗展開で

ローカルのメジャーになり

そのローカルメジャーが

SNSでナショナルニッチになり

今度は商品のSHASHINで

グローバルニッチを突き詰める

 

 

商業経営コンサルタント佐藤勝人も

グローバルニッチを

突き詰めている

どれも同時進行です

 

 

 

ヨロシク

 

 

 

 

 

 

 

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

マーケティングの世界では人は分類される存在だったけど、そうじゃない。

「全人格的存在として人間を観る」 マーケティングの基本は 「人は分類される存在だった」

記事を読む

no image

商業経営で若者の個性を発揮させるのはファッションが一番だよ。

若者の個性を発揮させるのは ファッションが一番だと思っている 私たちだって中学高校の頃

記事を読む

no image

若いうちは稼がないとダメだよ

若いうちは稼ぎなさい 結婚して子供が生まれて 家族のために働くことを覚え まずは

記事を読む

no image

試合に勝たせるのが部下育成の基本です。

部下育成における 私の流儀を教えるならば 勝ち試合は部下に譲り 必ず花を持たせま

記事を読む

no image

1年前の成功事例なんて語っていたらもう終わりだよ。

10,000アイテムで1,000人集客 商品並べて「さあ〜買いなはれ」の スーパーマー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

勝人塾







PAGE TOP ↑