グローバルニッチだけど私たちもラーメンに負けずに「シャシンを日本から世界へ」

中国ではカメラはスマホだから

日本人のようには

写真をプリントしないという

精々やってもコンビニでコピー

クラウドに入れて

データ化しているから便利だという

バカ高い金払って

高画質プリントしてどうする?という

 

 

これだけ便利になって

1日中座ったまま

仕事ができるようになったのに

バカ高い金払って

ジムに通って走っている

同じ筋肉痛でも

仕事での筋肉痛は辛くて

ジムでの筋肉痛は健全だと喜んでいる

 

 

中国人は中国茶文化だから

コーヒーなんて飲まない

バカ高いスタバなんて絶対に行かない

あれほど言っていたのに

この5年で街中スタバだらけ

そしてどこも繁盛している

いまではみんな

バカ高いコーヒーを飲んで

ひと時を満喫している

 

 

拉麺は中国が本場

本場に言わせれば拉麺ではない

日本独特に進化してきた

バカ高いラーメンは

邪道だとか紛い物だと

拉麺はこうあるべきだと

本場のプロは認めない

 

 

またマーケットで拉麺は

飽和状態だとか

下火だとか言ってたけど

そのバカ高い日本のラーメン店には

お客さんは殺到し

家族で食事を楽しんでいる

 

 

ラーメンは日本でマス商品でも

中国ではニッチ

日本独特の進化を遂げたラーメンが

コーヒーのように

マスになろうとしている

 

 

英語でパピヨンというと蝶を表すが

そのパピヨンには

蝶と蛾の区別がないという

私たち日本語は

蝶(ちょう)と蛾(が)は

別物と認識しているから

同じ扱いなど絶対に無い

 

 

「PHOTO=写真」

写真はデジタル化されてから

PHOTOショップの影響もあり

画像処理や静止画像を

表している感じもする

 

 

それらをまとめるならば

PHOTO=静止画像の認識ではなく

日本独特の「写真=高画質プリント」として

源流はフイルムからの流れからきた

静止画よりも遥かに歴史を重ねそれが

ラーメンのように独自に進化して

またそれを私たち日本人は

別々に認識している

(コピーはカップメンのようなもの)

 

 

日本の「写真・シャシン・SHASHIN」は

独自の形で高画質プリントする文化へと

発展させている

ここらで「PHOTOとSHASHIN」を

私たち日本人が区別することで

「シャシンを日本から世界へ」

グローバルではニッチだけど

私たちもラーメンに負けずに

「SHASHIN=高画質プリント」が

認識されるまでやってやるよ!

 

 

ヨロシク

 

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

商業界ショック!私にとっての商業界とは。

「商業界」とは出版社であり その出版業務から波及して セミナーやスクールや アメリ

記事を読む

no image

何をやるにも「ゼロリスク」なんて無い。

「何をやるにもゼロリスクなんて無い」     リスク回避のため

記事を読む

no image

私にとっての商業界とは「日本の商業の歴史と思想と空気がある」それを大切にしたいだけ。

戦後からスタートして通巻903号 月刊「商業界」 二足のわらじを履いた私が 誌面に

記事を読む

no image

「戦争をやっている国」と「戦争をやらない国」の差を感じた

先週のニューヨーク滞在中に トランプ大統領が 「ウイルスVS人類の戦いだ」 「これ

記事を読む

no image

刑事ドラマでも、時代劇でも、テレビでも、映画でも、主人公たちは「同調圧力」と戦っていた、それがカッコいい。

「同調圧力」とは 多数意見が正しく 暗黙のうちに 多数意見に合わさせること

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑