ZOZO前澤さんの売り逃げに、現場叩き上げの感性の限界を感じた。

公開日: : 最終更新日:2019/09/18 勝手に言わせて!

今回のZOZOの前澤さんの売り逃げは

次なるビジョンが描けなくなった

現場叩き上げの創業経営者として

能力の限界を感じたんでしょうね

 

 

私が思うに小売のBtoC世界で

現場叩き上げが成功する秘訣とは

顧客心理が経営者である

自分に近いことにある

その顧客心理が近いから

自分がコレはイイと思った

商品であり

やり方であり

売り方がマッチして

売れるんですよね

 

 

その顧客心理から

離れていくというのは

大組織のトップに君臨し

自分がリッチになり

生活が豊かになり

自然と20代30代の

生活者の心理

顧客心理からは

離れていきますよね

 

 

そうなると

自分の売れるツボ=感性と

顧客心理との乖離が生まれ

ZOZOスーツのような

トンチンカンな世界

=3歩先ゆく世界を

お客さんに押し付けてしまうわけで

 

 

もちろん

先見性があって

アイデアは素晴らしいのだが

いかにもビジネスの

玄人受けであり

顧客心理はそこではなかった

 

 

現場叩き上げって

どんなに偉くなっても

どこまで賢くなっても

どんなに稼いでも

明石家さんまのような

芸を極めた実力者が

玄人受けする3歩先の芸を

演じるのではなく

誰にでもわかる半歩先の笑いを

演じることが

大衆の心である

顧客心理から

離れないってことなのかなぁ

 

 

 

ヨロシク

 

 

 

最終締め切り9月19日(木)

さあ迷ったら一歩先へ

大胆に日本を離れ

佐藤勝人と一緒に1週間

少人数制なので気兼ねなく

共に次の手を学びましょう

 

アメリカ流通視察歴25年の知見を持つ

佐藤勝人が最新版をプロデュース

第15回アメリカ西海岸商業視察セミナー

ロサンゼルス&ラスベガス5泊7日の旅

2019年11月20日(水)〜26日(火)

 

最終締切

2019年9月19日(木)あと5名

 

 

■視察セミナー申し込みはコチラ

jspltravel@gmail.com

■視察セミナー詳細はコチラ

https://jspl.co.jp/608/

■視察セミナーフェイスブックページはコチラ
https://m.facebook.com/events/2367147526885353?ti=icl

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

行き過ぎたリスクマネジメントには参った、災害時には店の役割が変わるんだよ。

JR東海は全面終日ストップ 岐阜で足止め 行き過ぎた リスクマネジメントには参った

記事を読む

no image

なんで漫才師は売れると漫才ができなくなるのか?

なんで漫才師は 売れると漫才ができなくなるのか?    

記事を読む

no image

大手の既得権益で市場が守られる好景気よりも、不況期こそ下剋上のチャンス到来ってこと。

増税は愚策だと思いますよ 日本って国は 庶民を守るのではなく とことん庶民をイジメ

記事を読む

no image

世界で戦いたいだけ「想い出をキレイに一生残すために」ただそれだけ。

今年11月に開催される 日本販売促進研究所主催 第15回佐藤勝人と行く アメリカ西

記事を読む

no image

企業ブランドで自分の価値をつけるより、自分の本物の実力を身につける、20代30代はそういう時期にするといいですよ。

自宅のリフォームをするのに 銀行でお金を借りた その時の銀行窓口業務を見ていて ふ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑