女子高生が読んでくれる「日本でいちばん楽しそうな社員たち」サトカメ伝説本を書きたくなったー

県外に住む女子高生が

私の著書

「日本でいちばん楽しそうな社員たち」を読んで

先日サトカメにメールをいただきました

 

 

メールより一部抜粋

 

 

こんにちは

本を読んでサトカメを知りました

私はカメラを買うならば

いいものを長く使いたいと思っています

なので近くの電化製品店やネットで

なんとなく「おすすめ」を買うのは

少々気が引けました

相談してちゃんと選びたい

できれば栃木のサトカメまで

直接行きたいのですが

一人で栃木となると

少々ハードルが高いです

私は自分の見ている日常を

写真に収めたいと思っていますが

どれがいいのか全然わかりません

私のカメラ選びに

付き合っていただけないでしょうか?

 

 

このメールを読み

そこから同じような境遇を持つ

アソシエイト落合桜子さんが

相談相手になりますと

自ら手を上げてくれました

 

 

桜子さんは高校生の時に

「日本でいちばん楽しそうな社員たち」を

読んで進学を辞めて

サトカメで働きたいと

先生に直訴したという超伝説の持ち主

 

 

その女子高生と桜子さんの

メッセージでのやり取りがスタートし

そのうち直接と思って

休みの日を利用して

カメラを持って日帰り旅行兼ねて

会いに行ったという

 

 

その後女子高生とは

LINEでやり取りし始め

 

 

そして本日お母さんと一緒に

200キロ先の県外から

ご来店いただいたというから

ビックリ

 

 

お母さん曰く

実は学校で色々あって・・・・

あの本を読んでから

娘が行動を起こし

アソシエイトの桜子さんに会って

そして自ら行動するようになり

 

 

今日、桜子さんに会えたのも

こうやってサトカメに来られたのも

娘が自分から

一歩踏み出そうとしているんだって

感じて嬉しかった

ありがとうございます

 

 

という言葉を頂き

また今日も

新しい伝説が生まれた瞬間でした

 

 

アソシエイトの桜子さん曰く

自分がこうやって眼の前で

出会ったお客様の

人生を変えてしまうくらいの影響を

カメラや写真を通して与えている

そこから自分も元気をもらって

頑張れるんだなあ

この仕事をしてきて良かったと

ホント感じた瞬間でした

 

 

という嬉しい報告を頂いた

 

 

そして最後に

佐藤勝人からアソシエイトに向けて

「仕事を通して人に影響を与える」

「人に尊敬される大人になる」

今回の桜子さんの行動は

間違いなくお客さんの

人生のページに名前が刻まれた瞬間でした

本当に本当に有り難いことです

 

 

しかし

私たちアソシエイトにとっては

特別な出来事ではなく

実は毎日のいつもの実践であること

特別なお客様が

特別に現れたのではなく

自分自身が目の前のお客様を思いやる

そして気づくとにあると思います

 

 

話を戻せば

最初の女子高生からのメール

しかも商圏外

いわゆるターゲット外

ただの相談したいというメールから

女子高生?冷やかし?

皆さんはそして

皆さんの店は

皆さんの会社だったら

普段どう判断し

どう対応しているだろうか?

 

 

私たちは常に

ルール1

「お客様はいつも正しいお客様から学ぶこと」

ルール2

「NOと言わない接客でデータに現れない需要を察知する」

ルール3

「お客様が悪いと感じたらルール1へ戻れ」

 

 

私たちは常にその性善説に基づいて

相手と向き合うことを徹しています

そこが伝説の生まれる

土壌なのかもしれませんね

 

 

ヨロシク

 

 

■5月21日おおさか勝人塾IN大阪
事務局/経営コンサルティングアソシエーション
https://www.facebook.com/events/2314452225497315/

 

■5月22日第41回ぎふ勝人塾IN岐阜
事務局/メイクオーヴァ
https://www.facebook.com/events/1273889646099401/

 

■5月28日第15回とうほく勝人塾IN八戸
事務局/やまはる
https://www.facebook.com/events/2255025134746302/

 

■6月5日第72回とちぎ勝人塾IN宇都宮
事務局/日本販売促進研究所
https://www.facebook.com/events/364123847542721/

 

■6月7日第13回みやざき勝人塾IN西都
事務局/西都商工会議所
https://www.facebook.com/events/260873741372214/

 

■6月11日第30回わかやま勝人塾IN紀伊田辺
事務局/藤原農機
https://www.facebook.com/events/2131607903541192/

 

■6月18日〜24日
第14回佐藤勝人と行くアメリカ東海岸商業視察セミナー
https://www.facebook.com/events/815935338756822/

 

■7月2日第42回サトカメエキサイティングセミナー
https://www.facebook.com/events/326619684635256/

 

■第11回「ニコニコチャンネルニッポン勝人塾」
(6/10 15:00 – 16:00)の告知

 

■講演依頼・セミナー依頼・個別支援
取材等々の問合せは↓↓↓
https://jspl.co.jp/contact/

 

 

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

継続すると才能が開花するのですが 、才能があるから継続できる訳ではない。

お陰様で佐藤勝人の経営一刀両断 ブログを書き始めて14年目に突入   &

記事を読む

no image

戦略は間違っていないんだけど、戦術の部分で微差.誤差.大差があるわけです。

「時流」と「戦略」ですが 軍隊の「戦略」と「戦術」の定義は 「戦略」は長期的な目標で

記事を読む

no image

勝人塾の実践的指導法とは「時流に適応した力相応の徹底した一番主義にあり」

「時流」と「流行」の違いは 「時流」とは8年から10年先を見越した 大きなトレンドであり

記事を読む

no image

激レア砂かぶり55席のみ!伝説は五感で感じ獲れ!

  1964年の東京オリンピックに 父親が宇都宮市簗瀬に サトーカメラを

記事を読む

no image

体験したことのない人にいくら説明してもわかるわけがない。

2012年からスタートした 日本販売促進研究所主催 第15回佐藤勝人と行く アメリ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑