ビジネス出版ファシリテーター歴10年、なぜ企画書と著者を相手にズバズバ切り込めるんですか?って質問されたので、その視点を紐解いてみた。

公開日: : 勝手に言わせて!, 宇都宮出版会議

同文館出版さんから依頼されて

ビジネス出版ファシリテーターをやって早10年

著書全国デビューを続々輩出してきました

 

 

出版ファシリテーター佐藤勝人の

視点ってなんですか?

なんで目の前の企画書と著者を相手に

ズバズバ切り込めるんですか?

ってマジ質問されたので

自分なりにその視点を紐解いてみた

 

 

先ずは企画書で執筆者の経歴を読み解く

ビジネス書の執筆は初めてでも

その道の実践的な実績は十分あり

その道の確固たるプロであることが最低条件

その実績や経歴が不十分であれば

その時点で殆どはボツですよ

 

 

基本的に小説ではないので

ビジネス書ですから

本人の趣味程度の実力ではダメ

その道の専門プロであり

それがたとえ狭い分野でもいいから

日本一レベルでないとまずは無理

それが著者ならではの持論でないとダメ

 

 

それから

タイトルと目次をさらっと見て

著者のターゲットとする読者層

メイン読者を知った上で

そのメインターゲットの読者に

私がなりきって

もう一度タイトルから吟味して

その私は手に取るか?

もし手に取るならばその瞬間は

「コレは丁度困っていた」

「面白そうか?」

「他の類似書もあるからなぁ・・」

 

 

そして手に取ったら目次

目次を読み解く

買う前は誰だって目次を吟味しますよね

まして著者は無名人だ

とりあえずの構成は気になりますよ

そこから自分なりの読んでの

メリットを探しますよ

 

 

そこでメリットを感じる章立てが

1つでもあったら買うか買わないか迷って

3つもあったら即買うよね

 

 

最後は著者らしく

それらの目次が表現できているのか

目次が生きているか?

生きているということは

モノマネではなく

著者の言葉で書かれているか?

 

 

とにかく参加された

著者の中身を引っ張り出し活かすこと

その中のどれが読者として欲しいネタか

出版社として売れるネタか

瞬時に見抜くわけで

 

 

1・執筆者の良いところを炙り出し

2・読者としてのメリットを換算し

3・出版社がビジネスとして成り立つか

 

 

とにかく偏らない

さらに自分の考えを押し付けない

三者のメリット

三位一体こそが

出版ファシリテーター佐藤勝人の真骨頂

絶妙なバランスだわ

 

 

 

第3364号

 

 

■■■■■

第3回ニッポン勝人塾

10月22日(月)15時〜16時
ニコニコ生放送より配信します
http://sp.live2.nicovideo.jp/watch/lv314657208

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

商業の現場にエリートは要らない。

人材採用でエリート強者を 欲しがるのは上場企業 それは彼らの競争相手が BtoBビ

記事を読む

no image

部下育成が上手いのにはワケがあります。コレが私のコツです!

部下に仕事を教えるならば 先ずは自分の得意分野の仕事を 部下に教えること &nbs

記事を読む

no image

渥美俊一先生✕ドラッカー先生✕石原靖廣先生✕宮内亨先生のような超一流を目指しています。

なぜ、佐藤勝人は強いのか? なぜ、そんなに自信があるのか? なぜ、嘘なく本音でズバリ言え

記事を読む

no image

「仕事をしないことが幸せ」という捉え方をする人は、昔の私のように仕事で演じているから気疲れするんでしょうね。

仕事をしないことが幸せ という 短絡的な捉え方をする人 多いけど  

記事を読む

no image

強い者が遊び呆けて弱い者から搾取するという情報操作の経営手法は、テクノロジーの進化でもう終わってますから。

第42回サトカメエキサイティングの興奮 未だに冷めやまず 多岐にわたる業界 全国各

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑