世間的には座学はダメと言うけれど、私は座学が大好きです。

公開日: : 勝人塾

世間的には

座学はダメだと言うけれど

私は座学が大好きです

 

 

体験学習などという

参加者を体験させることで

勉強した気にさせる方法は

あまり好きではない

 

 

そんなところで

ちょろっと体験したぐらいで

出来るようになるわけじゃないんだから

 

 

私は無類の座学好き

それは一流講師と参加者の

「知と知」の戦い

講師が話していることに対して

参加者は頭の中で考え

「違うだろう」

「そうかもな」

「そりゃ言い過ぎだろう」

「そういうことか」

「なぜそういう事を言うんだろう」

「なぜあの場面でそれを」

「本当に言いたいことはコレかもな」

「すげーそういうことか」

「俺もやってるのに何が違うんだろう」

「そんなの知ってるよと思ってたけど」

「やっぱりそこだったのか」

というように

自分でツッコんだり

ボケたり

考えたり

乗っかったりしながら

講師の話が

自分の頭の中で

映像のように

脳裏を駆け巡っているんですよ

一流講師と「知と知」で対峙できる

格好の場が座学なのだと思います

 

 

それが最近

座学は古いだとか

眠くなるというバカ

 

 

それは座学が悪いんじゃなくて

先ずは聞く方が

学び方を知らないだけ

聞きっぱなしなんですよ

聞きっぱなしならば

誰だって眠くなるわ

目の前の活きた講師と

頭の中で会話するんですよ

講師の話を自分の脳裏で映像化するんですよ

再現するんですよ

頭の中で会話しながら聞くんですよ

それができれば

眠くならないんですよ

 

 

体験学習?

参加型?なんていうのは

参加者が全員がスグできて

楽しければ良いわけだから

だから殆どが子供騙し

茶番劇になってしまうんですよ

小学生じゃあるまいし

参加者を楽しませることが

目的なってしまっている

だから講師の程度が

どんどん低くなり

本を読んだだけの人間や

勉強しただけの人間や

人の話を聞いただけの人間が

口先だけで

講師になっちゃっているんですよ

 

 

自分で研究すらしていない

論を立てていない

そんな講師紛いを講師とは言わない

終いには自分の論理も無いんだから

それはプレゼンターか

インストラクターというんですよ

 

 

講師というならばやはり座学で

みっちり2時間でも3時間でも6時間でも

10時間でも20時間でも

キチンと自分の論理を立てて

参加者と「知と知」で

対峙することが出来る

できなければ講師とは言えないんだけどね

 

 

私の知を揺さぶってくれた

知の巨匠はやはりこの御三方

経営コンサルタントであって哲学者でもある

地域一番店商法の宮内亨氏

チエーンストア理論の渥美俊一氏

アメリカ流通論の石原靖廣氏

 

 

この3つの論法+3人の哲学に

面白さを感じのめり込み

私は彼らを超えるために

独自で研究し

自分の実践経験から

それらの論を実践的に昇華し

新たに論を構築させてもらったのが

世界で私しか言っていない

唯一無二の佐藤勝人論って感じ

 

 

世間的には

座学はダメだと言うけれど

私は座学が大好きです

 

 

 

3343号

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

「自社の強み」といいますが、自社の強みばかりを追うと「その強みに溺れますよ」

先日の 第40回サトカメエキサイティングIN栃木 たくさんの方のご来場 そしてご参

記事を読む

no image

写真の世界を変える!コロンブスの卵「1000枚撮ったらサトーのベタ焼き♫」

フイルム1本24枚撮りの時代の 「Lサイズの写真プリント」は 同時プリントと

記事を読む

no image

組織という言葉で誤魔化さない、問題は個が弱いだけ、だから個と向き合う組織にすればいい。

私たちが世間で評価されているのは 現場の接客に滲み出てくる 人材育成の根本だと思います

記事を読む

no image

なぜ変化対応できるのか?迷うことはないのですか?って真顔で聞かれました・・・

ある経営者に言われた! 私の知る限り勝人さんは 10年前と同じことは言っていない

記事を読む

no image

新幹線はグリーン・指定・自由、飛行機はファースト・ビジネス・エコノミー仕事柄どれも乗りますよ

いつも何で移動されるのですか? 新幹線はグリーン席に 指定席に自由席と 飛行機はフ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑