組織という言葉で誤魔化さない、問題は個が弱いだけ、だから個と向き合う組織にすればいい。

私たちが世間で評価されているのは

現場の接客に滲み出てくる

人材育成の根本だと思います

 

1企業理念に基づいた「思想」

「想い出をキレイに一生残すために」

 

2・絶対的な「行動指針」

「お客様はいつも正しい

お客様から学ぶこと」

 

3・1と2を理解し実践することで

お客様と関わった「実務」

「個人の実売=自分への信頼」

この3つを掛け合わせた

思想×行動指針×実務の

実践こそが評価されているのだと

思っています

 

ココからブレたら全てが

普通で終わるだけ

 

そこで気づかされるのは

組織の問題です

 

組織という言葉で

個人を殺し

個人を弱くしてしまい

普通にしてしまう点

個人が弱くなれば

サトカメ式人材育成の根幹は

揺らいでしまいます

 

ならば

その根幹を取り入れた組織を

新しく構築していけば

個力が強い組織運営ができます

 

私たちが店長を目指すには

「個人実売=自分への信頼」も必要で

個人の実力をつけることは

絶対条件

 

そして店長となってから

マネジメントを覚え

勉強していきます

 

チェーンストア理論では

そういう現場レベルを

販売員という扱いをされて

売れる販売員=店長という捉え方はなく

販売員はマネジメントは出来ないと

決めつけられてしまいがちですが

私たちはそこを変えました

 

先ずは

現場でお客様と対峙することで

お客様を知り

商品を知り

地域を知ってもらうことから

スタートさせ

実践を通して個人の販売力が

プロレベルに達しないとダメ

プロ野球選手出身じゃないと

プロ野球の監督には

なれないという考えと同じです

 

私たちは店長を指導して

気づかされるのは

店の業績が悪くなる店長というのは

個人の実売が下がり始め

「店全体・フォロワーシップ」

ということを言い出し

売れない部下に振り回されて

自分をも見失って

ダメになっていく傾向にあります

 

私たちの強みは

フォロワーシップだろうが

必ず個人の実売を達成していれば

たとえ店全体の業績が悪くても

自分を見失うことはありません

フォロワーシップだからといって

自分個人の実売が下回って

成功している店は

あまり長続きしませんでした

 

また業績の良い店の店長とは

部下育成やマネジメントも含めた上で

個人の実売も常にキープしている

そういうタイプが長い間

店も成功させています

 

※個人の実売は良いけど

マネジメントは無理な人は

スペシャリストとして

活躍してもらっています

 

 

ここからが問題

普通の企業は本部で働く人間を

別バージョンで入社させ

売れもしない人間が

マーケティングだの

小賢しいことばかり言って

ああだこうだと

一端の口出しをしてくる

だから現場はムカつくだけ

 

しかし

サトーカメラの本部は

実務経験を下に

店長を経験した能力も才能も

身に着けた人間の集まり

 

そこで

普通の組織にしてしまうと

本部は個人の実売から開放され

気づいてみたら

立場と称して

全体ばかりを観ていて

知らぬ間に自分を見失い

世間の感覚からもズレ始まるわけで

 

だから私たちは考えました

サトーカメラらしい

個力の強い組織とは何か?

本部の人間も現場叩き上げのプロ集団

 

そこでもう一度

店長の話に戻ってみよう

店の業績が悪い店長は

フォロワーシップで個人の実売を

どんどん落としている

売れない人の意見を聞いて振り回され

自分を見失っている

 

そういう状態の店長の育て方は

先ずは個人の実売をやってもらう

部下のサポートが大変だったとしても

個人の実売を達成させれば

少しは落ち着くものです

これをキープしていれば

上司からは店のことで叱られても

個人は負けていませんから

お客様からもブレずに臆せず

戦えるリーダーとなるわけです

 

これを本部に置き換えても

同じことではないでしょうか?

 

本部でもテクノロジーを生かして

会社全体を見ながら

部署全体の業績をサポートしながら

現場サポートしながら

自分の個人の実売を達成していく

 

私たちは本部にいても

どの事業にいても

どんな役職についても

「個人の実売=自分への信頼」

そこから逃げなければ

地に足ついた

上下関係のない

対等な関係

新しい組織体系が

生まれるのではないでしょうか

 

少なからずとも私は

会社の専務をやりながら

私自身の個人の実売は

常に上位をキープしています

 

私たちは組織という

見えない力で誤魔化さない

問題は個人が弱いからなのだから

個力を鍛え強い集団にしていかないと

変化対応もクソもない

 

 

第3341号

 

■■■■■締切間近■■■■■
グローバル企業も驚愕した
人材育成の新しいスタイルが
中国・インドへと波及し始めました!
第40回サトカメエキサイティング
一般公開セミナーには
中小企業経営者・幹部・リーダーが
全国から参加されます
是非皆様もご参加いただければ
私も嬉しいです

日時・7月3日(火)
会場・ホテル東日本宇都宮

↓↓1企業3名様以下の申込みはコチラ↓↓
https://eticket-satocame.com/items/5ac7297e122a7d6fbd000a19

↓↓1企業3名様以上の申込みはコチラ↓↓
https://eticket-satocame.com/items/5ac72a275496ff59d4001651

■前日入り講座も増設し2日間セミナー
さらに内容の濃い
サトカメエキサイティングに!

↓↓お申込みはコチラ↓↓
https://eticket-satocame.com/items/5ac72c8fef843f7a8c0003e9

■■■締切6月25日(月)■■■

問い合わせ先
〒321−0904
栃木県宇都宮市陽東3−27−15
サトーカメラ株式会社
セミナー事務局/佐藤則子
TEL/028−613−6681
FAX/028−613−6685
メール/post@satocame.com

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

「自社の強み」といいますが、自社の強みばかりを追うと「その強みに溺れますよ」

先日の 第40回サトカメエキサイティングIN栃木 たくさんの方のご来場 そしてご参

記事を読む

no image

世間的には座学はダメと言うけれど、私は座学が大好きです。

世間的には 座学はダメだと言うけれど 私は座学が大好きです   &

記事を読む

no image

写真の世界を変える!コロンブスの卵「1000枚撮ったらサトーのベタ焼き♫」

フイルム1本24枚撮りの時代の 「Lサイズの写真プリント」は 同時プリントと

記事を読む

no image

なぜ変化対応できるのか?迷うことはないのですか?って真顔で聞かれました・・・

ある経営者に言われた! 私の知る限り勝人さんは 10年前と同じことは言っていない

記事を読む

no image

新幹線はグリーン・指定・自由、飛行機はファースト・ビジネス・エコノミー仕事柄どれも乗りますよ

いつも何で移動されるのですか? 新幹線はグリーン席に 指定席に自由席と 飛行機はフ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑