「醜く勝つなら美しく負けたほうがいい」という私たちの大好きな言葉がありますが。

公開日: : 勝手に言わせて!

負けると不協和音が出て

まとめ直すのに

めちゃエネルギーがかかる

しかし厳しい相手や

厳しい環境と戦い

常に危機感を持っていたほうが

成長し続けられます

 

 

私たち日本人は

基本的に美学に酔いがち

「武士は食わねど高楊枝」じゃないけど

ポリシーや哲学を優先し

「自分たちのスタイルはこうだ」と

勝負の言い訳にしたがる

 

 

「自分たちのスタイルは・・・」ということが

悪いわけではない

 

 

ポリシーや哲学や

プロセスが伴っていれば

「負けても仕方がない」が続く

それが間違った捉え方だ

 

 

視点を変えたら

「人格者だけど自分で決められない経営者」

「優しいけど商品が売れない販売員」

「部下に好かれているけど業績の悪い店長」

「腕は良いが命は救えない医者」と同じ

まだ勝負に徹し切れていない

 

 

「醜く勝つなら美しく負けたほうがいい」という

私たちの大好きな言葉があります

この言葉のを放った人間の裏側は

実は負けず嫌い

勝ったら絶対にこんなこと言わない

凄く悔しかったから言った

負け惜しみから出た

言葉だったのです・・・・

 

 

私たち日本人の欠点は

勝負に徹しないこと

 

 

結果よりも

プロセスを重んじ

美学を追うのも

悪くはない

 

 

私が言いたいのは

ただそこに逃げたらダメだ

ということだけなんです

 

 

常にウイニングマインドを持たないと

腹をくくって勝負に徹してくれないと

 

 

頑張れ○○○○

 

 

 

第3339号

7月2日第40回サトカメエキサイティング前日セミナー

7月3日第40回サトカメエキサイティングIN栃木

7月4日にいがた勝人塾

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

プライドの基となっている対象が「自分なのか」もしくは「仕事のなのか」だけ、この差が大きい。

社会人歴35年 私は皆さんと同じく ズーッとプライドは高いです  

記事を読む

no image

人間ならば割り切れない奴がイイ仕事をするんですよ、感情も理性も融合できる、それが会社の財産なんですよ。

大手は何千人も社員がいるから ドライにするわけで 個々の感情やプライベートの問題なんか

記事を読む

no image

好き嫌いで生きていたら、あなたは見識も視野も思考も好みもどんどん狭くなるだけだよ。

まだまだ世の中 わからないことだらけなんだから 絞り込む前に 先ずは広げること

記事を読む

no image

講師なんていうのは100%信じちゃダメ、殆どの講師は何にも出来ないから講師業で飯食ってんだから。

八戸商工会議所青年部7月例会 研修に登壇して 人材育成の話をして 気づかされたこと

記事を読む

no image

なぜ変化対応できるのか?迷うことはないのですか?って真顔で聞かれました・・・

ある経営者に言われた! 私の知る限り勝人さんは 10年前と同じことは言っていない

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑