「醜く勝つなら美しく負けたほうがいい」という私たちの大好きな言葉がありますが。

公開日: : 勝手に言わせて!

負けると不協和音が出て

まとめ直すのに

めちゃエネルギーがかかる

しかし厳しい相手や

厳しい環境と戦い

常に危機感を持っていたほうが

成長し続けられます

 

 

私たち日本人は

基本的に美学に酔いがち

「武士は食わねど高楊枝」じゃないけど

ポリシーや哲学を優先し

「自分たちのスタイルはこうだ」と

勝負の言い訳にしたがる

 

 

「自分たちのスタイルは・・・」ということが

悪いわけではない

 

 

ポリシーや哲学や

プロセスが伴っていれば

「負けても仕方がない」が続く

それが間違った捉え方だ

 

 

視点を変えたら

「人格者だけど自分で決められない経営者」

「優しいけど商品が売れない販売員」

「部下に好かれているけど業績の悪い店長」

「腕は良いが命は救えない医者」と同じ

まだ勝負に徹し切れていない

 

 

「醜く勝つなら美しく負けたほうがいい」という

私たちの大好きな言葉があります

この言葉のを放った人間の裏側は

実は負けず嫌い

勝ったら絶対にこんなこと言わない

凄く悔しかったから言った

負け惜しみから出た

言葉だったのです・・・・

 

 

私たち日本人の欠点は

勝負に徹しないこと

 

 

結果よりも

プロセスを重んじ

美学を追うのも

悪くはない

 

 

私が言いたいのは

ただそこに逃げたらダメだ

ということだけなんです

 

 

常にウイニングマインドを持たないと

腹をくくって勝負に徹してくれないと

 

 

頑張れ○○○○

 

 

 

第3339号

7月2日第40回サトカメエキサイティング前日セミナー

7月3日第40回サトカメエキサイティングIN栃木

7月4日にいがた勝人塾

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

自らの弱点を克服せず「強み?を自己正当化して」昨日までの自分に逃げてませんか?

第13回佐藤勝人と行く アメリカ商業視察セミナー inシアトル&LA  

記事を読む

no image

「自ら変われ」ってそんな簡単なことはない「相手を変えて」ナンボだよ。

「自ら変われ」ってよく聞くけど 私が思うに 自ら変わるほど 簡単なものはないと思い

記事を読む

no image

大なり小なり経験値と実績がある、それがヤるって言ってんだからマジなんですよ!

サトーカメラ海外事業所も 丁度5年目に突入 上海1泊ー広州3泊ー北京1泊 5泊6日

記事を読む

no image

基本的に私は自分の好みで仕事を選んだり仕事を断ることはしないのでご安心ください。

先日第11回みやざき勝人塾が 宮崎県西都市で開催されました   &nbs

記事を読む

no image

目立った選手はいないがチームワークで優勝、凄いホームランバッターがいるが2回戦敗退。どちらの方が集客力あるだろうか?

200本安打打ったけど チームは5位・・・ 50本安打しか打てないけど チームワー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑