ある店の万引き事件に学ぶ。

公開日: : 最終更新日:2018/06/03 勝手に言わせて!

ある店の万引き事件から

 

 

支援先のお店で万引事件が起きた

そこでは上司が煽動して

「犯人を捕まえよう!」

という指示を出していたのだ!

なんとも頼もしい

リーダーシップなのですが・・・・

 

 

私はその話を聞いて

昔ならあたり前のことなのだが

私だって20年前ならば

そう言って

正義感をムキ出してたんだろうなぁ・・・

だからその上司の気持もわかるが・・・

う〜ん・・・

それでも

そのイキった正義感は

今の時代にはナンセンスかなぁ〜

チョッとゾッとした。

 

 

今どきはコンビニスタッフが

万引き犯を捕まえようと追いかけて

逆にナイフで刺され

殺されてしまった事件だって

飛び交う時代ですよ

 

 

だから私は即

その会社さんに注意して

本来の職務を超越した行動を

煽動しちゃダメ

その間違ったリーダーシップ論を

辞めさせました

 

 

そして私からの指示は

「お客様はいつも正しい、お客様から学ぶこと」

「お客様が悪いと感じたらルール1へ戻れ」

この15年佐藤勝人論の王道である

商業者とお客様との関係を性善説で

とことん考えさせ指導している

 

 

要するにその気にさせた

万引きをさせてしまったこと

それは私達に問題があることに

気づかせたいだけ

 

 

だってあなたの店以外にも

何万店とある中から

あなたの店を選んだわけだから

あなたの店は

かなり万引きしやすい現場環境

だったのかもしれない

 

 

もちろん悪いのは

犯罪者なのですけど

100%犯罪者のせいにしたところで

臭いものには蓋を閉めて

終わらせてしまうことが

一番の問題なのです

 

 

自分たちにとっての

事実上の問題点に目をつぶり

現場を改革・改善・改良せずに

全ての問題を犯罪者一人に押し付け

個人の倫理感だとか

心の病だとかで片付けられては

自分たちは何も変わらないんですよ

 

 

こういう時にこそ

問題の根本原因を究明し

仕組み的にフォーマット的に

変えていかなければ

会社とは言わないし

組織運営とは言えなし

マネジメントとは言えないし

世のためになっていないし

 

 

そうしないと

また同じことを繰り返し

そのたびに犯罪者1人のせいにして

自分たちは変わらない

変えれない

変わろうとしない

 

 

だから私は首を突っ込んで

臭いものの蓋を開けて

根本原因を究明していくのです

 

 

それは支援先だろうが

サトーカメラだろうが

同じことですよ

 

 

 

第3338号

 

 

6月6日PIO勝人塾IN郡上大和商業開発

6月8日みやざき勝人塾IN西都商工会議所

6月19日商業界チラシセミナーIN東京

6月20日商業界チラシセミナーIN東京

7月3日第40回サトカメエキサイティングIN栃木

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

基本的に私は自分の好みで仕事を選んだり仕事を断ることはしないのでご安心ください。

先日第11回みやざき勝人塾が 宮崎県西都市で開催されました   &nbs

記事を読む

no image

目立った選手はいないがチームワークで優勝、凄いホームランバッターがいるが2回戦敗退。どちらの方が集客力あるだろうか?

200本安打打ったけど チームは5位・・・ 50本安打しか打てないけど チームワー

記事を読む

no image

「二宮金次郎は素晴らしい方だった」という校長の話に、それよりお前はどうなんだよ。

自分の頭を使って 自分の頭で考える そして自分の意見を言う それができない人が実に

記事を読む

no image

ビジネス出版ファシリテーター歴10年、なぜ企画書と著者を相手にズバズバ切り込めるんですか?って質問されたので、その視点を紐解いてみた。

同文館出版さんから依頼されて ビジネス出版ファシリテーターをやって早10年 著書全国デビ

記事を読む

no image

仙台駅「キンプリ」パニックに遭遇しちゃった。

仙台駅「キンプリ」パニック   とうほく勝人塾と 個別支援の2連戦の帰り

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑