新幹線はグリーン・指定・自由、飛行機はファースト・ビジネス・エコノミー仕事柄どれも乗りますよ

いつも何で移動されるのですか?

新幹線はグリーン席に

指定席に自由席と

飛行機はファーストクラスに

ビジネスクラスに

エコノミークラスと

私は仕事がら

何でも乗りますよ

 

 

殆どの人は会社の経費で

新幹線はグリーンに乗って

飛行機はビジネスクラスや

ファーストクラスで

移動しているだけなんですよ

 

 

ならば聞くけど

あなたは自分のお小遣いで

グリーンに乗りますか?

自分のお小遣いを使って

ビジネスクラスで移動しますか?

 

 

私は自分のお小遣いで

グリーンや

ビジネスクラスは

ありえませんし乗りません

 

 

自分のお金で乗る時は自由席

自分のお金で移動の時は

エコノミークラスですね

そんな予算があったら

他に使いますよ

 

 

質素倹約とか

人間が出来ているわけじゃなく

 

 

私たちのような

BtoCビジネスの場合

目の前のお客様は

殆どが自分のお金で

買い物をして

食事をして

自分のお小遣いで

新幹線に乗って

飛行機で移動しています

 

 

そこがお客様視点であり

世間の価値基準であり

世間の感覚じゃないでしょうか

 

 

宿泊ホテルだって

接待を受ける時は

相手さん次第なので別なのですが

自分で探す時は

いつもビジネスホテルで

1泊1万円以下

出しても1万円前後で充分

そんな1泊3万4万だのって

高級ホテルにリッツカールトン??

あなたは自分の小遣いで泊まりますか?

どうせそれも会社のお金でしょう?

 

 

じゃあその会社のお金って

どこから出てくるんですか?

そういう意地悪な質問は

今回はとりあえず横に置いといて・・・

 

 

私が今回重要視しているのは

経費削減という陳腐なことではなく

毎日のように普段から会社のお金で

贅沢し自分の生活水準や

価値基準を上げてしまうと

あなたの命綱でもある

お客様視点であり

世間の価値観や認識が

無意識のうちに

ズレてくるんですよ

 

 

私たちのような

成り上がり人間の

最大の強みは

マーケティングを超えた

世間の価値基準を持った

幅広いお客様視点を会得している

経営者だということ

 

 

それが根幹にあるから

日本でアジアで世界で通用するわけで

そこが最大の強みなんですけどね

 

 

第3337号

 

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

継続すると才能が開花するのですが 、才能があるから継続できる訳ではない。

お陰様で佐藤勝人の経営一刀両断 ブログを書き始めて14年目に突入   &

記事を読む

no image

戦略は間違っていないんだけど、戦術の部分で微差.誤差.大差があるわけです。

「時流」と「戦略」ですが 軍隊の「戦略」と「戦術」の定義は 「戦略」は長期的な目標で

記事を読む

no image

勝人塾の実践的指導法とは「時流に適応した力相応の徹底した一番主義にあり」

「時流」と「流行」の違いは 「時流」とは8年から10年先を見越した 大きなトレンドであり

記事を読む

no image

激レア砂かぶり55席のみ!伝説は五感で感じ獲れ!

  1964年の東京オリンピックに 父親が宇都宮市簗瀬に サトーカメラを

記事を読む

no image

体験したことのない人にいくら説明してもわかるわけがない。

2012年からスタートした 日本販売促進研究所主催 第15回佐藤勝人と行く アメリ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑