マーケティングの基本は利益の80%が上位20%のお客様で成り立つというけどさぁ・・・

マーケティングの基本は

利益の80%が

上位20%のお客様で

成り立っているというけど

 

 

そのため多くの企業が

その20%のお客様特定したいと懸命になる

 

 

仮に私がその20%の客に属していたとします

われわれが競合他社のお客様にならないようにと

より多くの特典やサービスが提供されます

 

 

1人のお客様の購買動向を追跡する方法は

顧客が特定できるポイントカードの

購買履歴をリンクさせるため

殆どの企業がポイントカードを作って

紐をつけて追跡し

お客様に優先順位をつけていきます

 

 

なぜそのようなことをするのか?といえば

この手段を使えば

利益をもたらせないお客様に

多くの労力と費用を

かけ過ぎることが防げるから

 

 

それと同時に

高い利益をもたらすお客様を

十分に維持することに専念したいから

とは言うものの・・・・

 

 

それが

私たちサトーカメラの

「想い出をキレイに一生残すために」

当てはまるだろうか?

 

 

私たちは

お客様の購買履歴を追跡し

階層別に分けるつもりはない

たった1枚の写真でも

10万円のカメラでも

お客様の大切な想い出に階層は無い

 

 

私たちサトーカメラは

どのお客様にも

同じ値引き

同じレベルのサービスを提供していきます

 

 

ポイントカードを提示しなければ

割引が受けられないより

ポイントカード無しで値引きすればいい

なぜ値引きするのに

住所に電話番号まで必要なのか・・・

 

 

実は1990年代初頭

クレジット機能付きポイントカードを

私たちサトーカメラが

日本で一番最初に使い始めました

 

 

しかし自分たちの間違いに気づき

2008年に全て廃止しました

ポイントカードを運用するために

必要な人件費やら運営費

データ管理費や技術や

ポイント還元等々に

年間数億円は使っていましたけど・・・

 

 

そんなことよりも重要なこと

それよりも大切なのは

どんなお客様にも

お客様の想い出を公平に扱うことが

お客様のサトーカメラに対する

信頼度や愛着度の向上に繋がりました

 

 

普通はお客様を階層化し

階層ごとに提供される割引やサービスが異なる

それがサトーカメラならば

来店したお客様

全ての想い出に

ちゃんと敬意を表し

「人を大切にし、人の想い出に寄り添う」

 

 

そこには

普通のマーケティング論を超えた

我が道を行く独自化路線があるんですよ

 

 

第3329号

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

なぜ変化対応できるのか?迷うことはないのですか?って真顔で聞かれました・・・

ある経営者に言われた! 私の知る限り勝人さんは 10年前と同じことは言っていない

記事を読む

no image

新幹線はグリーン・指定・自由、飛行機はファースト・ビジネス・エコノミー仕事柄どれも乗りますよ

いつも何で移動されるのですか? 新幹線はグリーン席に 指定席に自由席と 飛行機はフ

記事を読む

no image

何回言ったらわかるんだ?そんなの何回でもいいんですよ。ずーっと続くんですよ永遠に、それが人育てですから。

L1・知ったぐらいでデカイ面するなよ 知ったところでわかってないじゃないか  

記事を読む

no image

人生を極めた80代の人格者、穏やかな仙人のような方と談笑させて頂きました。

人生を極めた80代の 穏やかな人格者 まさに仙人のような方と 談笑させて頂きました

記事を読む

no image

内部の人間からは会社は改革できない。

支援先の某大手チェーンで 気づかされたこと 日本的な会社組織じゃ 内部の人間からは

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑