私たちサトーカメラは普通ではない

ビジネススクールを出た人ならば

スマホやクラウド時代に

カメラ店などという

マーケット規模が小さい

利益の少ないビジネスに

参入しちゃダメと

言うことでしょうね

 

 

 

経費削減のために

店内セルフ化を薦めてくるか

顧客管理システムで効率的にとか

新しい施設を備えた

ワンストップショッピング型の

大型店舗がいいと

教えてくれることでしょう

 

 

 

しかし

私たちサトーカメラは

そのような知識には縛られる気はない

 

 

 

教科書とはかけ離れた

サトーカメラのやり方は

日本一厳しい競争環境の中でも

優位に立てる場所を

探し当てたとも言えます

 

 

 

ビジネススクールの

トレンドと距離を置くことは

私たちサトーカメラにとって

企業方針であるばかりではなく

我が道を行く生き方は

企業文化に深く染み込んでいます

 

 

 

ビジネススクールの

教科書的知識よりも

厳しい環境で

生き残る臨機応変さ

 

 

 

その根幹を担う

私たちサトーカメラで働く

優秀なアソシエイト

優秀な幹部は

すべて自前で育成し

社内から登用する姿勢

 

 

 

私たちサトーカメラでは

採用時どんなに優秀な人材でも

どんなに高学歴でも

入社したら先ずは

誰もが同じように

店頭でお客様に寄り添い

写真を選びカメラを提案する

いちばん大切な現場から

スタートしなければなりません

 

 

 

社歴の長さは勿論評価します

サトーカメラでは

10年以上勤務の

アソシエイトもたくさんいますが

それを昇進の基準にすることは

殆どありません

 

 

 

私たちアソシエイトは

問題を解決する能力を示して

チャンスを掴むしか

方法はありません

 

 

 

社外から幹部を引っ張ってきて

昇進を奪われることもありません

だから競争相手は

常に見える範囲内にいます

 

 

 

目の前のアソシエイトだったり

隣の店のキャプテンだったり

 

 

 

地域のお客様に役立つ

新しい方法を考え出すことで

自身の能力を示していく

 

 

 

一般論に影響されない

独自性を重んじる

それが普通じゃないと評価される

サトーカメラの所以です

 

 

第3330号

 

 

 

 

 

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

金儲け主義こそがビジネスと言うならば「やり甲斐」は生まれるかもしれないけど、そこに「生き甲斐」は感じられない。

ビジョンとは将来像であり 未来像であり構想 それと経営計画のような目標とは 全く違

記事を読む

no image

アメリカ「流通」のマクロシステムに圧倒され、アメリカ「商業」のミクロシステムを学ぶ。

アメリカ流通視察に行き始めて24年 それこそ毎年最低でも2回は通い続け 数えたら60回以

記事を読む

no image

プライドの基となっている対象が「自分なのか」もしくは「仕事のなのか」だけ、この差が大きい。

社会人歴35年 私は皆さんと同じく ズーッとプライドは高いです  

記事を読む

no image

人間ならば割り切れない奴がイイ仕事をするんですよ、感情も理性も融合できる、それが会社の財産なんですよ。

大手は何千人も社員がいるから ドライにするわけで 個々の感情やプライベートの問題なんか

記事を読む

no image

好き嫌いで生きていたら、あなたは見識も視野も思考も好みもどんどん狭くなるだけだよ。

まだまだ世の中 わからないことだらけなんだから 絞り込む前に 先ずは広げること

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑