著者と初めて会ったのは2002年「この人・・・一体何なの?」それが第一印象だった

公開日: : 最終更新日:2018/04/05 商業界

著者と初めて会ったのは2002年

「この人・・・・一体何なの?」

それが第一印象だった

 

 

スキンヘッドにキャップ

ピアスにジーパンに

ちょっと栃木弁・・・・

 

 

差し出された名刺は

「日本販売促進研究所 所長」

「サトーカメラ株式会社 代表取締役専務」

佐藤勝人さんとの付き合いは

こうして始まった

 

 

丁度その頃

本誌の編集に携わって10年ほど

故渥美俊一氏を始め

日本の商業を産業化へと

チェーンストア化に導いた

コンサルタントの巨人たちの理論を学び

その源流に立つ

商業界・創立者「倉本長治」の思想をかじり

その後を継いだ

商業界・倉本初夫主幹から

教えを受けていた頃だった

 

 

もちろん佐藤さんも

そうした理論を

貪欲に吸収してしていくことになるのだが

 

 

何より彼には

サトーカメラという現場があった

お客様の声に日々耳を傾け

従業員と向き合い

かって「YKK」といわれた

ヤマダ・コジマ・カトーデンキにより

繰り広げられた

北関東家電戦争の真っ只中で商う

リアリティがあった

 

 

本書はそうした彼の学びと実践の

現時点での頂点にある1冊

中でもかつて倉本長治が唱えた

「商いの真髄とは

愛と真実と適正利潤の

三位一体にある」

という思想に光を当てたこと

 

 

その上で

中小企業ならではの成長の原則を

明らかにしている点にある

 

 

日本がこれまで

経済合理性価値ばかり優先

その後に社会性価値が

重視されるようになったことに触れ

今後は文化性価値を重視すべきと

提言している

 

 

「だから私の今の目標は

この経済合理性価値と

社会性価値と

文化性価値の

3つを融合させた戦略を

編み出すことである(中略)

顧客一体化戦略とは

その先駆けなのである」

(モノが売れない時代の繁盛のつくり方

227ページより)

 

 

その実践がサトーカメラの現場にある

本書購読と併せて

是非訪れてみては如何だろうか

 

 

商人の本棚

商業界編集長 笹井清範

 

 

有り難い書評を頂いたので

月刊商業界より一部抜粋

 

3323号

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

兄弟でビジネスをやるのは良くないといいますけど、それは利己心だけで経営しているからなんですよ

一般的には兄弟でビジネスをやるのは 良くないといいますけど それは利己心だけで 経

記事を読む

no image

私たちの会社経営は、成功がゴールでもなく、失敗が終わりでもなく、時流に合わせて根気よく続けることにありますから。

日経MJ「日経流通新聞」の 2ページ目に 新刊がドカンと掲載されました モノが売れ

記事を読む

no image

著書10作目「繁盛のつくり方」本日発売、これでやっとスタートラインに立った感じです。

■本日3月9日 佐藤勝人第10作目のビジネス著書が 全国発売されました ありがとう

記事を読む

no image

少しでも利益を出したら先ずは自分に教育投資するのが自分の器を広く深くする秘訣です

中小企業って結局のところ 経営者の器以上に 会社の器は 広くも深くも ならな

記事を読む

no image

亜流じゃダメ!人生のピークって50代60代の20年間、20代〜40代を費やして思考を育てるんです。

今までの勉強というのは 業界の成功事例や 一流の真似をすることに終始し  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑