その時は「小林孝志先生」ヨロシク

公開日: : 勝手に言わせて!

私の大親友であり盟友

彼と知り合って

一緒に仕事をし始めて丁度10年目

そして今日が

亡くなられて丁度10年

私の生涯の親友でもあることは

お互いにわかっていました

 

 

何度も何度もこのブログでも

彼を紹介させていただきました

そして何度も何度も

彼のブログに

私も登場させていただきました

 

 

元船井総合研究所の

経営コンサルタント

そして

大阪箕面の

とんかつ「豊か」の店主であり

「小林孝志の豊かでいこう」の

小林孝志氏が享年41歳

2008年2月1日

午前3時35分に亡くなられました

 

 

私と小林君とは

実に楽しい想い出しか残っていません

 

 

楽しかった分だけ

自然と涙しか出てきません

 

 

いつも二人で会っては意気投合し

私とは会ったときからすでに

漫才コンビ以上に

私がボケて小林君が突っ込みを

お互いこれ以上ない

本音でガンガン

 

 

毎月のように

酒を酌み交わしては

宇都宮でも1日中議論していました

この佐藤勝人を

経営コンサルタントとして

売り出すために

小林君は船井総合研究所で

北海道から東京、大阪、福岡会場を

何度も何度もセッティングしてくれました

 

 

小林君はいつも私が「小林くん」と呼ぶので

セミナーのときに

お客様の前だけでは

「小林先生」と呼んで欲しいといいました

 

 

それならばと「小林先生」って

セミナーのときに呼んであげたら

今度は気持ち悪いと言いやがった

 

 

それでは

なぜ私に「小林先生」と言われると

気持ち悪いのか?を

二人して酒を交しながら

涙流してお互い大笑いしながら

議論したことを覚えています

 

 

最終的にはあんたにはかなわんから

セミナーの時でも

あんただけは「小林くん」と

呼んで良いです!でした

 

 

その代わり小林君は

私を「かっちゃん」と

呼ばさせていただきますわ!でした

 

 

船井総合研究所の大阪本社では

取締役本部長の宮内亨氏の部下であった

小林君と村上和之君のグループの

コンサルタントの先生達を集めて

コンサルタントの先生達を相手に

佐藤勝人セミナーも

ガッツリやりました

 

 

 

あの時の小林君はセミナー終了後

私の前でコンサルタントの先生達相手に

「どうだ!佐藤勝人は凄いだろう!」って

勝ち誇った顔で

鼻息荒く息巻いた

締め挨拶は

今でも思い出しただけで

笑っちゃうよ

 

 

その時の参加者だった

経営コンサルタント

村上和之君や

高橋山冶君や

藤崎泰造君や

柳生雄寛君等々の驚いた顔をみて

我に返って

自分の鼻息の荒さに大笑いした

あの時の小林君の顔は

今でも忘れません

 

 

小林君は大阪で

私は栃木でも

お互い不思議と

以心伝心で会話も出来た仲でした

 

 

最期は2007年11月の入院直前

大阪出版会議に

一緒に顔を出しました

 

 

その時の様子は

彼の「豊かでいこう」ブログ

「第121話愛に満ち溢れた鬼の巣?」にも

書いてあります

 

 

大阪駅で昼飯も一緒に食べて

出版会議はいつも私の隣に

私も君が隣にいないと落ち着かない

この日も

最期の最期まで私の隣にいたね

 

 

君は私に大阪に泊まれ泊まれ言うから

その足で大阪箕面まで一緒に向かい

深夜まで酒を酌み交わしたよね

 

 

お互いに気心知れた

本当に本音で言い合える

仲の良いコンビだったね

 

 

そして君はどんな時でも

破天荒だった私を守ってくれたよね

 

 

経営コンサルタント業界に飛び込んだ私を

いっぱい

いっぱい

数え切れないくらい

守ってくれたよね

 

 

私がくよくよしていると

いつでも応援してくれたよね

 

 

私は君にいつもいつも

沢山の勇気をもらっていたんだよ

 

 

最後の最後に

2008年2月1日午前3時35分

君が眠る時に

奇しくも私は遠い米国行きの飛行機の中

私はその時

機中で頭痛がし気持ち悪くなりました・・・

 

 

そういえば約束したね

君が独立したばかりの頃

君の店が楽になったら

君の身体が楽になったら

君の弟分の山添利也君と大阪で酒飲みながら

イタリアを案内してもらおうよ!って

その前に

私とアメリカへ勉強しに行こうぜってね

 

 

この最期の最期に

わざわざ私のところにまで

寄ってくれたこと

そんな律儀な君に

心の底から感謝しています

 

 

本当に本当に本当にありがとう

私は絶対に小林君の為にも

もっともっと勉強して

もっともっと頑張るよ

私は君の分まで長生きして

エキサイティングに仕事をし続け

そして君と約束した

必ず果たさなければならないことがあるからね

 

 

君は天国ではゆっくり見ていてくれよ

そして私をいつまでも守っていてくれよ

私はなかなかそっちには行かないけどな

 

 

じゃあ元気でな!

 

 

ヨロシク

 

 

第3310号

 

 

 

■■■■■

サトーカメラ式のマーケット創造を

戦略から実践的な戦術まで
普遍的に体系化し伝授します

対象業 ・小売業・サービス業・飲食業
対象規模・1店舗〜20店舗前後
対象者 ・経営幹部・店長・スタッフ

地域一番店スタッフ育成講座/第1期生募集開始

https://www.facebook.com/events/157770711534995/?active_tab=discussion

■■■■■
東海岸の地域一番店に学ぶボストン&ニューヨーク
第12回佐藤勝人と行くアメリカ商業視察セミナー予約受付開始
■■■■■

佐藤勝人直伝の地域一番化経営塾

全国で開催されている「勝人塾」とは

・第何期生扱いもありません。

・師弟関係もありません。

・組織体制もありません。

・会員制度もありません。

・卒業もありません。

「商業経営は一生勉強」

商業の基本姿勢である

自由・平等・対等という視点から

気軽に門をたたくことが出来る

スタイルが人気の秘密です

お蔭様で勝人塾も7年目に突入

九州地区/北陸地区勝人塾

■2月2日「第9回みやざき勝人塾+新年会IN西都」

■2月28日「第12回とやま勝人塾+新年会IN黒部

https://www.facebook.com/events/185227792210919/
 
#みやざき勝人塾 #とやま勝人塾 #勝人塾 

勝人塾のお問い合わせはコチラ

post@satocame.com

 

 

 

■■■■■

流通業専門教育ネットTV
商人ねっと社より
「勝人塾シリーズ」
月刊セミナーCD・DVD販売中(^^)

CD単月購入6480円
年間購読64800円
3ヶ月購読16200円
6ヶ月購読32400円

DVD単月購入25000円(税別)
年間購読27万円(税別)

■「勝人塾」月刊セミナーCD・DVD
詳細はコチラ
http://www.akindonet.com/series/series.php?seriesID=53&ctos

 

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

基本的に私は自分の好みで仕事を選んだり仕事を断ることはしないのでご安心ください。

先日第11回みやざき勝人塾が 宮崎県西都市で開催されました   &nbs

記事を読む

no image

目立った選手はいないがチームワークで優勝、凄いホームランバッターがいるが2回戦敗退。どちらの方が集客力あるだろうか?

200本安打打ったけど チームは5位・・・ 50本安打しか打てないけど チームワー

記事を読む

no image

「二宮金次郎は素晴らしい方だった」という校長の話に、それよりお前はどうなんだよ。

自分の頭を使って 自分の頭で考える そして自分の意見を言う それができない人が実に

記事を読む

no image

ビジネス出版ファシリテーター歴10年、なぜ企画書と著者を相手にズバズバ切り込めるんですか?って質問されたので、その視点を紐解いてみた。

同文館出版さんから依頼されて ビジネス出版ファシリテーターをやって早10年 著書全国デビ

記事を読む

no image

仙台駅「キンプリ」パニックに遭遇しちゃった。

仙台駅「キンプリ」パニック   とうほく勝人塾と 個別支援の2連戦の帰り

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑