業界の垣根も壊されて総合的に競い合う今世紀最大の戦いが待ち受けているんですよ

現在の好景気的な安定した雰囲気も・・・・

東京オリンピックに向けた

建設需要という点で

2019年夏頃までには

完全に終わるわけだしなぁ・・・

 

 

そして

2019年10月から消費税増税って・・・・

勿論その前にラスト駆け込み需要で

ドバっと小銭は稼げますが

あくまでも

需要の前倒しなだけであり・・・

 

 

そこから一気に

消費が冷え込み

不況へと突入という

政府のシナリオ

 

 

もちろん

2020年の東京オリンピック本番で

一時的に気分は盛り上がりますが

それが消費動向に

どう影響を与えるか?

というのはまた別問題で

オリンピック開催ぐらいで

不況を回復させたなんて話は無いしなぁ・・・

 

 

ということは

2020年東京オリンピック後は

大不況になると

経済学者は

見込んでいるわけですよ

 

 

少なからずとも

5年は悪い状況が続くだろう

という見通しの中・・・・

 

 

そうなると

2019年10月〜2024年前後

この不況の5年が

私たち商業経営としても

腕の見せ所

勝負の年になる

という考えが生まれますよね

 

 

不況時というのは

どの業界だって

日本の流通を見ても

アメリカの流通を見ても

寡占化が進むんですよね

 

 

寡占化とは

各業界の中も

1社か2社が断トツに伸び

売上と利益を

独り占めするんですよ

 

 

そこは単なる

店舗ビジネスだけの戦いではなく

EコマースもAIも

シェアリングエコノミーも

IoTも手伝って

ぐちゃぐちゃになりながら

業界の垣根も壊されて

総合的に各社が独り占めを競い合う

ワクワクするような

今世紀最大の戦いが

待ち受けているんですよ

 

 

その時にあなたは何歳?

その時に自社は何をするの?

その時の自分たちの業界はあるのか?

その時

自分たちはどの立ち位置に立って

どう戦うのか?

 

 

逃げれば縮小されるか

消えるだけですよ

その嵐の中で

どういう闘いを挑むのかが

最重要なんですよ

 

 

 

 

だからこそ先ずは

エリアを絞り込んで

圧倒的な強さを誇る

地域一番化戦略の

知識「ナレッジ」

技術「テクニック」

経験「エクスペリエンス」

融合「フュージョン」

 

 

 

そうすれば

一気に成長するチャンスでもあるし

第3極を創るチャンスもありだよなぁ

 

 

 

ヨロシク

 

 

 

第3261号

 

 

 

 

★★★★★

全国各地で開催され

参加規約もなく誰でも気軽に

地域一番化戦略を個別指導のように

存分に学べるのが勝人塾

★にいがた勝人塾7月10日

★とちぎ勝人塾8月3日

★とやま勝人塾8月9日

★おおさか勝人塾8月22日

★ぎふ勝人塾8月24日

★とうほく勝人塾8月25日

★わかやま勝人塾9月14日

参加希望&お問い合わせは

post@satocame.com

又はフェイスブックにて

 

関連最新記事

no image

経営ってどこまでいっても人間対人間の戦いだね

物事を一面的に捉えれば どっちが悪くて どっちが正しい 白黒ハッキ

記事を読む

no image

御社の業績向上のための実戦派コンサルタント18名誕生!その中で女性コンサルタントが5名誕生!

日本販売促進研究所は 2000年5月に創設し 実務家&経営コンサルタント

記事を読む

no image

中国進出3年目にして遂にコンサルタント会社を新設立!私は28才若社長の下で頑張ることになりました。

お蔭様で中国進出して丸3年 合弁会社を無事卒業し 遂にサトーカメラ100%出資の子会社

記事を読む

no image

残念ですが中国進出3年目にして合弁会社を精算させて頂くことになりました。

中国のカメラ業界のドン 某レンズメーカー 上場企業の元社長を会長に 合

記事を読む

no image

創業18年目にして日本販売促進研究所/代表取締役社長を退任することになりました。

創業18年目にして 日本販売促進研究所 佐藤勝人は 代表取締役社長を 退任さ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾






PAGE TOP ↑