「非同族企業よりも同族企業の方が業績が良い」とは

公開日: : 勝手に言わせて!

日本では同族企業って

あまり良くないイメージがありますが

それはメディアによって仕込まれた

単なるイメージなんですよね

 

 

世界の最先端経営学では

非同族企業よりも

同族企業のほうが

業績が良い場合が多いと発表されています

 

 

同族企業って

日本だけが多いわけではない

世界的に見ても

同族企業が占める比率が高いのは

多くの国でも同じこと

 

 

では

世界的に見ても

日本的に見ても

同族企業はなぜ業績が良いのか?

 

 

それは株主と経営者が一体化している

「企業と一族を一体と見なす」ことが多く

 

 

そうなると

企業にとって目先の利益ではなく

長期的な繁栄を目指すので

結果として

ブレない構想

ブレないコンセプト

ブレないビジョン

ブレない戦略がとりやすい

 

 

だから強い

 

 

私たちサトーカメラも

同族企業の代表として

地域の人々の

「想い出をキレイに一生残すために」

ブレない信念を持って

これからも社会に貢献していきたい

 

 

ヨロシク

 

 

 

第3229号

★★★★★

お蔭様で満席申し込み終了とになりました!

ありがとうございます。

第10回佐藤勝人と行く

アメリカ商業視察セミナーINニューヨーク

★★★★★

商工会議所・商工会・中小企業団体中央会
中小企業家同友会・青年会議所・法人会
商店街・ショッピングモール
各種組合団体・各種学校関係
講演やセミナー随時受け付けています。

直接下記メールにて

お問い合わせご相談ください。

post@satocame.com

★★★★★

全国各地で開催され

参加資格もなく誰でも気軽に

地域一番化戦略を

個別指導のように

存分に学べるのが勝人塾

にいがた勝人塾 3月15日15時〜

おおさか勝人塾 3月21日14時〜

ぎふ勝人塾 3月22日14時〜

とちぎ勝人塾 3月28日14時〜

ビジネス書宇都宮出版会議 3月29日13時30分〜

わかやま勝人塾 4月6日18時〜

とやま勝人塾 4月13日15時〜

とうほく勝人塾4月14日17時〜

参加希望&お問い合わせは

post@satocame.com

又はフェイスブックにて

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

なぜ変化対応できるのか?迷うことはないのですか?って真顔で聞かれました・・・

ある経営者に言われた! 私の知る限り勝人さんは 10年前と同じことは言っていない

記事を読む

no image

「醜く勝つなら美しく負けたほうがいい」という私たちの大好きな言葉がありますが。

負けると不協和音が出て まとめ直すのに めちゃエネルギーがかかる しかし厳しい相手

記事を読む

no image

ある店の万引き事件に学ぶ。

ある店の万引き事件から     支援先のお店で万引事件が起きた

記事を読む

no image

何回言ったらわかるんだ?そんなの何回でもいいんですよ。ずーっと続くんですよ永遠に、それが人育てですから。

L1・知ったぐらいでデカイ面するなよ 知ったところでわかってないじゃないか  

記事を読む

no image

人生を極めた80代の人格者、穏やかな仙人のような方と談笑させて頂きました。

人生を極めた80代の 穏やかな人格者 まさに仙人のような方と 談笑させて頂きました

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑