「やるなコイツら」に評価が変わりました。

中国で絶大なる人気を誇るキヤノン

そのキヤノン中国本社が

2013年に

中国のカメラ業界に向けて

日本のサトーカメラの

経営方法や教育法や店舗は

カメラ店経営の

方向性を示していると

プレゼンしてくれたお陰で

 

ラッキー

 

2014年4月の時点では

サトカメ中国FC1号店を

2015年4月に

オープンする予定でしたが

実験店舗として蘇州店を

超々前倒しして

今年の10月10日に

オープンさせました。

 

それはなぜか

 

中国側及び中国駐在からすれば

アイデアは認めるが

誰がどう実践するのか

それは世界のビジネスの

共通問題であり

 

要は

「口で言うのは簡単だが

誰が実践するんだ」

 

「やってくれなければ信用しない

リアルを見せてくれなければ

誰も信用しないよ」

 

「日本スタイルを

そのまま持ってきても

中国では通用しない」

 

「日本人は中国人との交渉が下手

みんなそれで失敗してきたんだ」

 

というような

中国で何の実績もない

私たちとの

半信半疑の交渉や

余計な提言を早く振り払って

本筋へ進みたかったのが

一番でした

 

またこの短期間で

中国FC1号蘇州店オープンさせ

サトーカメラから出向した

佐藤商貿上海有限公司の三銃士

陳副総経理

勇士副総経理

中川事業部長の動きに対しても

 

「やるなコイツら」に

評価が変わっていました。

 

そのお陰で

2015年の道筋は

 

★4月のアジア最大のカメラショーで

佐藤勝人セミナーをやる

 

★キヤノン主催のマネジメントセミナーに

佐藤勝人が登壇する

 

★佐藤勝人の書籍を

中文に訳して中国で発売する

 

★商人ねっと社の佐藤勝人DVDを

中文字幕を入れて発売する

 

★蘇州1号店の実験店舗を使って

有料セミナーを開催する

 

★そのセミナー参加者した共感者から

FCオーナーを選択する

 

★2016年に備えて

2015年は出店を

7店舗までに抑えて

オペレーションを改善していく

 

ということで

 

2015年も

キヤノン中国本社と連携して

彼らの経験と知恵を拝借しながら

突き進んで行くことになりました。

 

ヨロシク

佐藤勝人の経営一刀両断2747号

 

★佐藤勝人最近のセミナー予定

12月15日(月)サトカメ経営戦略会議

12月16日(火)サトカメ経営戦略会議

12月17日(水)佐藤商貿中国(上海)

12月18日(木)佐藤商貿中国(北京)

12月19日(金)佐藤商貿中国(蘇州)

12月20日(土)佐藤商貿中国(上海)

12月22日(月)姫路商工会議所(兵庫)

12月23日(火)企業内セミナー(大阪)

企業内セミナーや個別指導も

随時受け付けています。

直接下記メールにてご相談ください。

katsuhito@satocame.com

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

商業界ショック4「私にとって米国流通視察ツアーこそが商業経営の原理原則だった」 

1990年代にはカメラ業界の アメリカ流通視察ツアー という名の接待旅行に行くことで

記事を読む

no image

商業界ショック3「私佐藤勝人はすべての債権を放棄させて頂きます。」

私が「商業界」に取り上げられたのが 2003年2月発売の3月号だった  

記事を読む

no image

商業界ショック2「私にとっての商業界とは。」

「商業界」とは出版社であり その出版業務から波及して セミナーやスクールや アメリ

記事を読む

no image

何をやるにも「ゼロリスク」なんて無い。

「何をやるにもゼロリスクなんて無い」     リスク回避のため

記事を読む

no image

商業界ショック1・私にとっての商業界とは「日本の商業の歴史と思想と空気がある」それを大切にしたいだけ。

戦後からスタートして通巻903号 月刊「商業界」 二足のわらじを履いた私が 誌面に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑