「お客様はいつも正しい、お客様から学ぶこと」から新たなサービスが生まれる。

公開日: : 佐藤勝人セミナー, 勝人塾, 商業界

昔はメーカーが生産する商品を

問屋や小売りに卸し

メーカーが仕掛けた

テレビCMや

マーケティングで

意図的に操作された

その商品を

お客様は

何の疑いもなく

自分は欲しいと思い込み

買っていました。

 

メーカーは絶大なる力を持って

流通を支配していました。

 

お客様の言うことを
イチイチ聴いていたら
ビジネスなんてできない
いかにお客や小売りを
支配し続けるかが
当時の選択だった。

 

その中で世界は

デジタル化と同時に

アジアの経済改革が始まった。

 

アジアの企業は

日本のような

ブランド力が無いので

世界中のメーカーから

どんな注文でも

下請け工場として

引き受けていった。

 

そうしたら

偶然の産物で

オープン生産の

プラットホームが

出来上がったのだ。

 

そこにアメリカを始め

世界各国大手流通業が

 

わかりやすいところでは

ユニクロのような流通業が

商品を企画し生産し発注し

販売するようになった。

 

更に時代は進んで

わかりやすいところでは

音楽業界

昔はレコード会社や

ラジオ局が選んでくれる音楽を

聞くしかなかったが

いまでは「iTunes」で

自分の好きな音楽を

カスタマイズしたり

「Tuneln Radio」などで

世界中のラジオ局さえも

自分で選定し

聴くことができる。

 

テレビも同じだ

昔はテレビ局が選定した番組を

見るしかなかったが

今では「Youtube」で

見たい番組や映像を

お客様が自分で

選定できるようになり

 

完全にチャネルの主導権が

メーカーから流通業に

そしてお客様へと

シフトしていった。

 

要はメーカーが作った商品を

そのまま売って儲かる時代は

もうとっくに終わっている

ということです。

 

そのお客様に一番近いところで

仕事をしているのが

アソシエイトなのです。

 

アソシエイト行動指針

行動1

「お客様はいつも正しい

お客様から学ぶこと」

 

次の新商品も

次の新サービスも

次の新システムも

いま現在の

現場の成功体験や

現場の失敗体験から

現場のクレームをも

お客様とのやりとりを吸い上げて

そこから新たな形が

産み出されていくのです。

 

佐藤勝人の経営一刀両断2745号

 

★佐藤勝人最近のセミナー予定

12月15日(月)サトカメ経営戦略会議

12月16日(火)サトカメ経営戦略会議

12月17日(水)佐藤商貿中国(北京)

12月18日(木)佐藤商貿中国(北京)

12月19日(金)佐藤商貿中国(蘇州)

12月20日(土)佐藤商貿中国(上海)

12月22日(月)姫路商工会議所(兵庫)

12月23日(火)企業内セミナー(大阪)

企業内セミナーや個別指導も

随時受け付けています。

直接下記メールにてご相談ください。

katsuhito@satocame.com

 

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

何をやるにも「ゼロリスク」なんて無い。

「何をやるにもゼロリスクなんて無い」     リスク回避のため

記事を読む

no image

私にとっての商業界とは「日本の商業の歴史と思想と空気がある」それを大切にしたいだけ。

戦後からスタートして通巻903号 月刊「商業界」 二足のわらじを履いた私が 誌面に

記事を読む

no image

「戦争をやっている国」と「戦争をやらない国」の差を感じた

先週のニューヨーク滞在中に トランプ大統領が 「ウイルスVS人類の戦いだ」 「これ

記事を読む

no image

刑事ドラマでも、時代劇でも、テレビでも、映画でも、主人公たちは「同調圧力」と戦っていた、それがカッコいい。

「同調圧力」とは 多数意見が正しく 暗黙のうちに 多数意見に合わさせること

記事を読む

no image

今は試合中で最大のピンチ、ココは目先と小手先で動きなさい、この1つクリアすると、そこにチャンスがゴロゴロあるから。

今まで うちの野球は10対6で勝っていた しかし不況期は 点が獲れずに6点しか入ら

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑