「おもてなし」術は教えない!中国人に伝えたいのは働く喜びだ。

日本ビジネスプレスといえば

2011年11月22日

超話題を読んだ

サイトの記事

喧嘩上等のカメラ店が

『ど素人』に教わった商売の極意

 

そのお陰で

栃木のサトーカメラの

サトカメスタイルが

日本中にそして

アジア中に知れ渡り

ありがたいことに高評価されてきた

そのキッカケを作ってくれた

ありがたいサイト記事だった。

 

そして今回2013年11月17日

サトカメスタイルが

アジア進出

そして中国出店について

今回も評価が高い

サイト記事が掲載された。

 

「おもてなし」術は教えない

中国人に伝えたいのは働く喜びだ

喧嘩上等のカメラ店

アジアで商売の伝道師になる

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/42179

 

日本ビジネスプレスより

一部抜粋

外資の流通業や小売りは

自分たちのやり方を

そのまま中国に持ち込んで

失敗しているところが多い。

 

我々はサトカメのやり方を

無理にやらせるんじゃなくて

議論しながら

今のできる範囲で

自由にやってもらおうと

考えています。

 

そもそもその流儀こそが

サトカメスタイルだ。

 

日本のおもてなしを

彼らに教えようとしても

頭では分かるだろうけど

心の底から理解してやってもらえるか

というと難しい。

 

中国のカメラ屋で

「トイレはどこですか」って聞くと

店員は無言で首だけ振って

「あっち」だから。

 

日本だと「どうぞ、こちらへ」って

案内するのが当たり前ですが。

でも中国人にしてみたら

そんなことしたって

売上が上がるわけじゃない。

丁寧に案内した方が

いいのは分かるけど

やったって意味ないでしょう

っていう話なのです。

 

そもそもサービス業で評価され始めた

日本のおもてなしというのも

料亭とか旅館でやってたこと。

特別な世界の話だったんです。

 

だから一般的な給料の

中国人の店員が

年収3000万円の人を

もてなせるかというと

現状では無理なのです。

 

だから日本的な接客マナーとか

挨拶とか店員の服装とか

そういうのは

どうでもいいと思っています。

 

日本のサトカメだって

お客さんに対して

「あ、そうなの?」とか

平気で言うし

「トイレ? あっちだよ」の世界ですから。

 

それよりも大切なのは

「お客の目線」に立つこと。

 

「あなたの場合はこうした方が

いいかもしれないなあ」と

お客と一緒になって考えること。

 

それと品質以外は

多少緩くてもいいと思ってる。

 

そこがサトカメスタイルの

真骨頂なのかもしれない。

 

(日本ビジネスプレスより)

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/42179

 

佐藤勝人の経営一刀両断 2737号

 

★佐藤勝人最近のセミナー予定

11月18日(火)商業界RMS(東京)

11月19日(水)商工会セミナー(鹿島市)

11月20日(木)企業内セミナー(宇都宮市)

11月21日(金)アメリカ小売業視察セミナー

11月22日(土)アメリカ小売業視察セミナー

11月23日(日)アメリカ小売業視察セミナー

11月24日(月)アメリカ小売業視察セミナー

11月25日(火)アメリカ小売業視察セミナー

11月26日(水)アメリカ小売業視察セミナー

11月27日(木)アメリカ小売業視察セミナー

11月28日(金)企業内セミナー(郡山市)

12月 1日(月)専門学校学生向けセミナー(宇都宮市)

12月 2日(火)商工会セミナー(鹿島市)

12月 3日(水)奈良勝人塾(奈良市)

12月 4日(木)大阪勝人塾(大阪市)

12月 5日(金)栃木県校長会講演(宇都宮市)

12月 8日(月)企業内セミナー(矢板市)

12月 9日(火)東京勝人塾(商業界会館)

12月10日(水)とちぎ勝人塾(サトカメ本店)

12月11日(木)売れるチラシセミナー(アドワークス)

企業内セミナーや個別指導も

随時受け付けています。

直接下記メールにてご相談ください。

katsuhito@satocame.com

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

商業界ショック4「私にとって米国流通視察ツアーこそが商業経営の原理原則だった」 

1990年代にはカメラ業界の アメリカ流通視察ツアー という名の接待旅行に行くことで

記事を読む

no image

商業界ショック3「私佐藤勝人はすべての債権を放棄させて頂きます。」

私が「商業界」に取り上げられたのが 2003年2月発売の3月号だった  

記事を読む

no image

商業界ショック2「私にとっての商業界とは。」

「商業界」とは出版社であり その出版業務から波及して セミナーやスクールや アメリ

記事を読む

no image

何をやるにも「ゼロリスク」なんて無い。

「何をやるにもゼロリスクなんて無い」     リスク回避のため

記事を読む

no image

商業界ショック1・私にとっての商業界とは「日本の商業の歴史と思想と空気がある」それを大切にしたいだけ。

戦後からスタートして通巻903号 月刊「商業界」 二足のわらじを履いた私が 誌面に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑