「在るがままに受け入れる」2388号

公開日: : 勝人塾

社会や世界では

いまの学識は評価されるが

過去の学歴はあまり評価されない

社会や世界では

大卒か高卒かなんて

どこの大学かなんて

過去の経歴はあまり意味無い

社会にとって

お客さんにとって

重要なのは過去の経歴よりも今

それと一緒で

商売やるのに

学歴はあまり意味ない

社会にとっても

地域にとっても

お客さんにとっても

部下にとっても

重要なのは今

以前私のセミナーを受けて頂いた

社長さんにこう言われたことを思い出した

「私は某有名私大OBですがそのプライドが邪魔をして」

今まで

「なぜ俺がこんな仕事やらなきゃならないんだ?」

「なぜ俺はこんな奴らと」って

毎日のように自分の中で葛藤していたらしいです

しかし佐藤勝人さんと出会って

自分の小ささをはじめて知った

今まで商売をしてきて

「私の学歴なんかじゃ全然飯が食えなかった」

私もそれを聞いて

それだって自分の人生

いま気づいただけでいいじゃないですか

遠回りじゃないですよ

普通の人は最後の最後まで

学歴依存症で社会を卒業するんですから

それよりも社長の某有名私大OBと

商売をじゃんじゃん繋げましょうよ!ってね

「在るがままを受け入れる」ってやつですよ

どちらが良い悪いではないと思います

商売人として

自分の人生として

自分自身と経営を

楽しく結び付けちゃえばいいの

全国の勝人塾は下記の通り

7月25日(木)「とちぎ勝人塾」栃木県宇都宮市開催

7月30日(火)「わかやま勝人塾」和歌山県田辺市開催

7月31日(水)「おおさか勝人塾」大阪府大阪市内開催

8月 1日(木)「ぎふ勝人塾」岐阜県岐阜市開催

8月 2日(金)「なごや勝人塾」愛知県名古屋市開催

8月21日(水)「ビジネス書宇都宮出版会議」サトカメ本店2階開催

8月22日(木)「とちぎ勝人塾」サトカメ本店2階開催

8月24日(土)「はかた勝人塾」福岡県博多開催

9月 4日(水)「とうきょう勝人塾」東京都内開催

9月18日(水)「にいがた勝人塾」新潟県新潟市開催

9月20日(金)「とちぎ勝人塾」サトカメ本店2階開催

ネットで検索してください

お問い合わせは

katsuhito@satocame.com

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

自分の人生を、自分のためだけに生きるほど、退屈な人生はない。

自分の人生を 自分のためだけに生きるほど 退屈な人生はない   &

記事を読む

no image

「勝人さんのように55歳になってもイノベーションは起こせるんですね!」

「発信者側の都合で 良いように作られた 二次情報を分析したところで 大局は読めても

記事を読む

no image

何をすればメンタルが強くなりますか?ってよく聞かれるが、1日で覚えたことなんて半日で忘れるよ。

自分より強い者に憧れ 自分より強い者を理解し解釈し 自分より強い者の弱点を見つけ出し

記事を読む

no image

2020年は依存からの脱却→自立型→自己実現型→自己超越型へと突き進もうじゃないか!

私の人付き合いは 常に中長期で捉えます 人間関係は中長期 だから誤魔化せない関係が

記事を読む

no image

2020年今年も遠慮なく全開で突っ走らせていただきます! 佐藤勝人

2020年元旦 あけましておめでとうございます 今年も宜しくお願い申し上げます &

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑