中小零細企業は基本的に大手より能率がいい!2384号

公開日: : 勝人塾

中小零細企業は

基本的に能率はいいんです

我々は決定に1日

いや30分

そして即日か翌日

遅くても3日以内に決行します

大手は決定に3ヶ月から1年間

へたすればそれ以上

決定してから決行までに最短1ヶ月~3ヶ月です

だから大手ほど能率が悪いところは無いんです

組織が大きくなればなるほど

能率は上げ難くなるもの

彼らに人間を100%活かすことは

あり得ないんです

人間が増えれば増えるほど

足並み揃えようとする

規則や管理ばかりが発達し

個人の行動範囲が狭められ

身動きできなくなります

のびのびと働けないようにするのが現状です

そうなると自然と官僚的というか

まあまあまあ

穏便にというような流れになってしまう

権限はそこそこ欲しいが責任は欲しくない

地位と名誉は欲しいから失敗は許されない

そしてサラリーマン出世は

派閥争いへと突き進む

しかし我々中小零細企業は

お互い気心知れた人間の集まりで

3~7人から10人20人30人と100人以下

打てば響く仲間で

素早い動きが取柄です

中小零細企業ほど各自の能力を存分に発揮でき

働き甲斐のあるところは無い

一般的にはこれからの時代

中小零細企業は厳しい

なんて言う批判的な評論家もいますが

私から言わせると

スピードのある中小零細企業が

これから益々活発になってきますよ

大企業なんて個々の力が

精々40%~50%ぐらいしか発揮できない

一部の優れた人間ですら70%が関の山

個々の力が100%も120%も150%も

存分に発揮できるのは

中小零細企業ぐらいですよ

我々の強みは個々の力が

100%以上充分発揮出来ること

その強みを積極的に活かすこと

締め付けたってダメだ

監視したってダメだ

100%以上個人を活かしてこそ

魅力的な人間集団の中小零細企業なんだ

大手働くサラリーマンからすると

我々の活き活きした姿が

羨ましいみたいですよ

本日とうきょう勝人塾7月11日(木)開催

この夏!全国の勝人塾は下記の通り

7月11日(木)「とうきょう勝人塾」東京都内開催

7月25日(木)「とちぎ勝人塾」栃木県宇都宮市開催

7月30日(火)「わかやま勝人塾」和歌山県田辺市開催

7月31日(水)「おおさか勝人塾」大阪府大阪市内開催

8月 1日(木)「ぎふ勝人塾」岐阜県岐阜市開催

8月 2日(金)「なごや勝人塾」愛知県名古屋市開催

ネットで検索してください

お問い合わせは

katsuhito@satocame.com

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

継続すると才能が開花するのですが 、才能があるから継続できる訳ではない。

お陰様で佐藤勝人の経営一刀両断 ブログを書き始めて14年目に突入   &

記事を読む

no image

戦略は間違っていないんだけど、戦術の部分で微差.誤差.大差があるわけです。

「時流」と「戦略」ですが 軍隊の「戦略」と「戦術」の定義は 「戦略」は長期的な目標で

記事を読む

no image

勝人塾の実践的指導法とは「時流に適応した力相応の徹底した一番主義にあり」

「時流」と「流行」の違いは 「時流」とは8年から10年先を見越した 大きなトレンドであり

記事を読む

no image

激レア砂かぶり55席のみ!伝説は五感で感じ獲れ!

  1964年の東京オリンピックに 父親が宇都宮市簗瀬に サトーカメラを

記事を読む

no image

体験したことのない人にいくら説明してもわかるわけがない。

2012年からスタートした 日本販売促進研究所主催 第15回佐藤勝人と行く アメリ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑