俺達はいじめ社会の中で戦ってんだ!2305号

公開日: : 勝手に言わせて!

一般参加できる全国各地開催の勝人塾

4月 8日(月)わかやま勝人塾(和歌山県開催)

4月10日(水)ぎふ勝人塾(岐阜県開催)

4月11日(木)なごや勝人塾(愛知県開催)

4月25日(木)とちぎ勝人塾(栃木県開催)

5月13日(月)にいがた勝人塾(新潟県開催)

5月16日(木)とうきょう勝人塾(東京都開催)

5月29日(水)とちぎ勝人塾(栃木県開催)

6月11日(火)おおさか勝人塾(大阪府開催)

6月12日(水)ぎふ勝人塾(岐阜県開催)

6月13日(木)なごや勝人塾(愛知県開催)

詳細は自分で調べるかメール下さい
katsuhto@satocame.com

★★★★★

商業界主催・佐藤勝人のニューヨーク勉強視察セミナー

4月17日~24日6泊8日があるので

その前に7泊8日の国内遠征中

今日は和歌山で「第1回わかやま勝人塾」です

昨日は神戸市食品商業青年部合同研修セミナーが

三ノ宮で開催されました

懇親会の席で

今のゆとり教育世代はダメだ!という話に

私は答えた

そんな事はない

いつの時代だって若い奴らはダメだというオヤジがいた

私の世代は新人類世代はダメだと言われた

ようは若い奴らをなんとか世代と言って

一括りで捉える癖は辞めたほうがいい

どの世代だって素直で素晴らしい

その子たちを会社でどう育てるかに尽きる

私が思うにいつの世代でも

オヤジさん連中よりずっと素直な

10代20代の子達は

大人の言っている事と

実際にやっていることの違いに矛盾を感じ

嫌気を感じているんだと思う

しかし大人には逆らえず

逆らえば正論の応酬で論破され

それでは反論もできず

口の達者なご機嫌とりの調子の良い奴だけが

なんだか褒められ可愛がられ

そんな矛盾にどうして良いのかわからずに

社会に出て時間が経つにつれ

どうせやっても変わらないなら

やらないほうがいいや

というように

どんどんやる気が無くなってくるのも

当然だと思います

私が思うにゆとり教育以前に

学校教育に問題があって

正論一辺倒だけを学んできたからかなぁ?って感じます

だって社会には正論もあれば

邪論もあれば極論もあれば

インチキもあれば

イカサマも当たり前のようある

混在しているのが社会だ

しかし

たとえば学校ではいじめは禁止といいます

いじめた奴が悪いと言います

そして「いじめを無くそう」と言い

大人は子供達に無理やり正論を押し付ける

正論以上に正しいことはありません

正論を言われたら返す言葉はありません

だからどんどん陰湿になるしかない

しかし私達の社会では

いじめなんていうのは

いくつになっても当たり前のように存在している

だから社会では自分達は自分達なりに

いじめられた方も

受け入れながらも

前向きに生きる方法を考える

学校では「いじめた奴が悪い」というだけの

正論の一辺倒で

いじめ撲滅を謳い

いじめる奴を無くし

いじめられた方を守ろうとするが

社会では無くそうという奴もいなければ

守ってくれる人なんかいない

自分は自分で戦い自分で守り

自分達は仲間を作って仲間と戦い仲間と守る

その中から相手を思いやる考えが生まれてくるんじゃないか

社会ではいじめなんていうのは

大なり小なり日常茶飯事にある

それをキチンと教えるべきだと思う

資本主義社会である以上

私達の商売だってそうですよ

大が小をいじめているわけですよ

だから中小も戦いお互い切磋琢磨する

それが社会だ

いじめ撲滅ということは

大手撲滅って言っているのと同じですよ

そんなバカな話は無いだろう(笑)

資本主義社会とは

「競争社会=いじめ社会」であることを教えながら

蹴落とす戦いだけではなく

切磋琢磨しながら文化を創る戦いもあることを

教えるべきだ

このような社会の事実を根底から教えてあげると

どの世代でも素直な彼らは吹っ切れた顔して働きますよ

私達は宗教家ではないので

その事実から逃げやしない

その社会を受け入れながら

私達は自分たちの理論と実践を一致させること

言っていることとやってることの一致を目指すことが

大切なことなのだと思う

ヨロシク

「佐藤勝人語録730」

資本主義社会とは

「競争社会=いじめ社会」なのだが

蹴落とす戦いだけではなく

切磋琢磨しながら文化をつくる戦いだってある

★★★★★
第12回サトカメジュエリーフェアー

案内及び予約状況は

私のように運気を上げたい人はこちらまで
http://www.satocame.com/jewelryfair-20130504/

私も2日間皆様の応対をさせて頂きます

と き 5月4日(土)・5日(日)

会 場 サトーカメラ宇都宮本店2階ホール

お問合わせお申し込みは

サトカメスタジオ

TEL:028-613-2800

担当 金田絵美子

e-kaneda@satocame.com

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

ZOZO前澤さんの売り逃げに、現場叩き上げの感性の限界を感じた。

今回のZOZOの前澤さんの売り逃げは 次なるビジョンが描けなくなった 現場叩き上げの創業

記事を読む

no image

「自分の強みを生かす」だのと言っていること自体、自分より弱い者をイジメる思考が気に入らない。

「自分らしく」生きるとか その「自分らしく」 そこにこだわる意味 何があるのだろう

記事を読む

no image

「自分の強みを生かす」なんて言っているうちは大不況期を戦ったことのないガキの戯言だ!

9月に入ってこの2週間 北陸ー近畿ー東海ー東北と遠征して 気づかされたこと &nb

記事を読む

no image

日本でもトップレベルの必殺講師人3名が栃木県内限定で御社のために一肌脱ぎます!

申し込みラスト! アメリカ商業視察歴25年の知見を持つ 佐藤

記事を読む

no image

いい人では成功しない、従順では大成しない、図太くなければ稼げない。

最近の風潮なのか? 芸人にまで規律や風紀を求め 清廉潔白の無菌状態を求める異常さ

記事を読む

Comment

  1. カイガ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    いじめだねー、確かに組織的な圧力や、正論はa66c.
    ででmでも、なくなんないし、我ながら、くそマジなガキの時代はともかくも、よくもまあ、いじめ側には回らないでそこから転換して面白くなれたが。

    お陰で人生は、結構くそおもしろいよ(まじめ)にね

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑