「われわれ中小こそ大義が必要なんだ」1906号

公開日: : サトカメエキサイティング

★佐藤勝人著書第5弾
「売れない時代はチラシで売れ」
中小の経営戦略の縮図が
この本1冊に書かれています

あの天才コピーライター

「糸井重里」氏が

「サトカメはおもしろい」

絶賛したから大騒ぎ(笑)

月間千万アクセスもある

ビジネスサイトで

月間総合ランキング

たった3日間で

2位以下を2倍以上も

突き放してのぶっちぎり

堂々1位を獲得(ビックリ)

そのおかげで

テレビ東京

ワールドビジネスサテライトの

直前のミニ番組

日本を代表する

経営者が出演している

「戦士の逸品」という番組から

佐藤勝人に出演依頼が(笑)

詳細は後日報告します

そしてこの時期

サトカメでは

「栃木のうまいもの冬ギフト」を展開

これらの試みは

食肉業界紙や地元紙にも

取り上げられ

「異色コラボで

栃木のうまいもの

ギフトが大反響」と

紹介された

私佐藤勝人が

栃木県食肉三水会の

定例会専任講師として

選ばれたのが3年前

毎月1回

町のお肉屋さんを集めての

勉強会を重ねているうちに

新たな販路拡大

新たな市場創造

ということになり

まずはお歳暮ギフト

カタログ販売から

挑戦しようじゃないか

となった

それを元に

各自商品を吟味し

素材・味・価格帯

ネーミングを

一緒に決めていった

やはり素材の目利き

そしてすべて手作り

大手デパートや

料亭顔負けの

唸る旨さに

マジ感動

やるじゃん

町のお肉屋さん

そこから

どこでカタログを扱うか

という問題に

差し掛かったわけだ

町のお肉屋さんの

新たな挑戦

その一生懸命さに触発され

我々サトカメも一緒になって

協力しようじゃないかとなり

サトカメ全店栃木県下で

扱うことを約束した

そりゃあ

こういう経緯を知らない

我々サトカメの現場は

ブーブー文句ばかり(笑)

なんでカメラ屋が肉を売る?

なんでカメラ屋がお歳暮を売る?

なんで・どうして・何で我々が?

やらない理由だけは

よく出てくるものだ(笑)

そこでアソシエイトに教えた事

このお肉の

うまいもの冬ギフトに

大義はどこにあるのか?

お肉屋さんだって

我々サトカメのお客様だ

またマーケットは

お肉VS写真とカメラ

どちらの方が

消費されていると思う?

どちらの方が

好きな人が多いと思う?

たとえ写真には興味無くても

お肉が大好きという人の方が

圧倒的に多いでしょう(笑)

ならばお肉大好きから

サトカメを知ってもらって

写真を知ってもらえば

イイじゃないか

このお肉の

素材や品質や工程が

ダメならば

絶対にやらないけれど

我々のこだわりに共通する

唸る旨さならば

サトカメの仕上がりだって

同じと感じるはずだ

我々の言う

「想い出をキレイに一生残すために」

カメラや写真を

わかってもらうためには

まだ見ぬ地域のお客様にも

どこから関わりを持つかだ

地域のお客様との

最初の接点が

旨いお肉だっていいじゃん

と言い伝えてから

丸3年目

想像以上に

マジ売れてます

贈った先にも

マジ喜ばれています

こういう真面目に作られた

お歳暮が中々無かったのも事実

みなさんも

是非お歳暮は

サトカメ厳選

栃木の絶品お肉屋さん

うまいもの冬ギフト57品目

全国送料無料

カタログ及び受付は

サトーカメラ各店店頭にて

ヨロシク

「佐藤勝人語録379」

我々みたいな小さな会社は

何のためにやってんだ?

大した税金納めるほど

稼いでいるわけでもなく

大した雇用をしているわけでもない

だから我々中小こそ

「大義が必要なんだ」

仕事を通して大義を果たせ

★第27回サトカメエキサイティング

2012年テーマは「変革と挑戦」

決して見世物の発表会ではありません

いつものサトカメの舞台裏を

年に1度だけ

みなさんに

こっそりお見せします

毎回地元栃木をはじめ

北海道から九州まで

全国から大中小個人零細企業も

含めて多種多様

アソシエイトと向き合う

経営者の姿勢が

本当の意味で

生で見られます

日 時 2012年1月25日(水) 
開演13時~20時30分

会 場 ベルヴィ宇都宮 
栃木県宇都宮市宿郷5-21-15

参加費 A・B・C どれを選んでも 
お1人様1万円(税込)
1社何名参加でもOKです

A)第1部 
「2012年変革と挑戦」だけ参加
開演13時~18時
(みっちり学びたい方の5時間コース)

B)第2部
「2012年大新年会」だけ参加
開演18時30分~20時30分
(交流を楽しみたい方の2時間コース)

C)第1部・第2部 両方参加
最初から最後まで13時~20時30分まで
(とことん学べるフルコースをお奨めします) 

※参加申し込みまずは12月12日(月)までに
こちらまでご返答願いします

主催
サトーカメラ
サトカメミニ
サトカメスタジオ
サトカメGTエンターテインメント
栃木SC応援カード事務局
法人営業部
日本販売促進研究所
とちぎ勝人塾事務局
やまぐち勝人塾事務局
おかやま勝人塾事務局
にいがた勝人塾事務局
はかた勝人塾事務局
やまと勝人塾事務局
ぎふ勝人塾事務局
全国勝人塾事務局

★佐藤勝人直送メルマガ&セミナー案内
必ず入っといてくださいね
パソコンからの登録はこちら

携帯電話からの登録はこちら

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

継続すると才能が開花するのですが 、才能があるから継続できる訳ではない。

お陰様で佐藤勝人の経営一刀両断 ブログを書き始めて14年目に突入   &

記事を読む

no image

戦略は間違っていないんだけど、戦術の部分で微差.誤差.大差があるわけです。

「時流」と「戦略」ですが 軍隊の「戦略」と「戦術」の定義は 「戦略」は長期的な目標で

記事を読む

no image

勝人塾の実践的指導法とは「時流に適応した力相応の徹底した一番主義にあり」

「時流」と「流行」の違いは 「時流」とは8年から10年先を見越した 大きなトレンドであり

記事を読む

no image

激レア砂かぶり55席のみ!伝説は五感で感じ獲れ!

  1964年の東京オリンピックに 父親が宇都宮市簗瀬に サトーカメラを

記事を読む

no image

グローバルニッチだけど私たちもラーメンに負けずに「シャシンを日本から世界へ」

中国ではカメラはスマホだから 日本人のようには 写真をプリントしないという 精々や

記事を読む

Comment

  1. 富山@柴田 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    佐藤さんご無沙汰しております!富山@柴田です。

    ご連絡遅れて申し訳ございません。FBでのアドバイスありがとうございます。
    FB、怠けて、使い方を覚えようともせず、開店休業状態でして・・・汗。

    今、加納さんに製作いただいたブログを立ち上げ計画中でして、それと共に、FBも付随して関わっていきたいと思います。
    ほんと、佐藤さんから直接アドバイスもらえるだけでも光栄!がんばります!

    そして、1月18日に出版会議、参加させていただこうと思っております。
    2冊目の本が、いよいよ、脱稿が見え、出版のご報告にあがります。
    昨日、東京、同文舘さんで、津川さんと、ほぼ、最終打ち合わせを終えてきました。3月発売を目指しまい進しております。

    次回は、改めて、佐藤さんと、宇都宮のみなさまへの報告にあがります。

    なんといっても、宇都宮会議は、私の原点です。

    どうぞ、よろしくお願い致します。

  2. sato-katsuhito より:

    SECRET: 0
    PASS:
    柴田さん おめでとうございます

    スゴイじゃないか!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

    第1作目だってメチャクチャ売れているのに

    2012年は更に行くぜ

    ヨロシク

    佐藤勝人

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑