「量」をやるから「質」が育つのさ 1905号

公開日: : サトカメエキサイティング

★佐藤勝人著書第5弾
「売れない時代はチラシで売れ」
中小の経営戦略の縮図が
この本1冊に書かれています

あの天才コピーライター

「糸井重里」氏が絶賛した

「サトカメはおもしろい」

月間千万アクセスもある

ビジネスサイトで

月間総合ランキング

堂々1位を獲得

そのおかげで

日本を代表する

経営者が出演している

テレビ東京「戦士の逸品」という

ミニ番組から

佐藤勝人に出演依頼が(笑)

ありがたい限りです

詳細は後日報告します

そしてこの時期

写真で送る年賀状

写真年賀状と言ったら

やっぱりサトカメ

栃木県内の写真年賀状の

約50%ちかくは

サトカメで

受注しています

普段は店が遠いから

サトカメを使っていなくても

写真年賀状に関してだけは

それこそ年に1度のモノなので

わざわざ

遠くからお見えになる

お客様も多いようです

どこでも

受付している

写真年賀状なのに

なぜサトカメに

お客様が集中するのか?

我々は単なる

写真年賀状

受付係ではない

お客様がキチンと自分で

写真を選んで注文書に書いて

店頭まで持参される方は

トータルの

20%以下に過ぎない

ということは

80%以上のお客様は

どうしてるの?

お客様は何に迷い

何に悩むのか?

それは単純

年に1度しか

申し込まないから

選び方も申し込み手順も

覚えられるはずが無いじゃん(笑)

年に一度の写真年賀状

受付している店側は

毎年何千人や何万人もの

受付するか知らんけど

お客様は年にたったの1回

それが年に一度

大勢の人にあげる

写真年賀状だもの

どの写真にしていいのか

迷うのも当然です

誰だって

自分のいいところなんて

わからない

だから第3者である我々が

キチンとお客様の立場に立って

写真年賀状づくりを考える

という存在が

必要になってくるわけで

写真年賀状にする写真を

我々も一緒になって

選んであげて

その写真を部分拡大したり

構図を変えたりすることで

同じ写真が

見違えるような

作品になったり

単なる写真が

作品として生まれ変わることは

頻繁にあります

それをお客さんと

一緒になって

我々もやる

申し込み用紙や

文字校正や

写真とのバランスを見ての

デザイン選びや

一緒に見て上げて

わからなければ

目の前で

それこそ

手とり足とり

教えながらも

我々だって一緒にやる

それでもって

値段が高いなら普通だが

そこまでやって

納得してもらって

値段が安いんだから

文句なしだよね

さらに100枚以上の注文だったら

ホームプリンターで

自分で印刷するより

安いんだから

尚更でしょう

だから多少遠くても

年に1度わざわざ

写真年賀状を選びに

足を運んでくれる

お客様も多いんです

ヨロシク

「佐藤勝人語録378」

「量」より「質」という言葉をはき違えるな

「量」をやったことの無い奴が「量」をバカにする

「量」をやるから「質」が育つことをわかっていない

千回じゃダメだ二十万回もバットを振るから

「質」の良いスイングができるようになるんだ

★第27回サトカメエキサイティング
2012年テーマは「変革と挑戦」

日 時 2012年1月25日(水) 
開演13時~20時30分

会 場 ベルヴィ宇都宮 
栃木県宇都宮市宿郷5-21-15

参加費 A・B・C どれを選んでも 
お1人様1万円(税込)
1社何名参加でもOKです

A)第1部 
「2012年変革と挑戦」だけ参加
開演13時~18時
(みっちり学びたい方の5時間コース)

B)第2部
「2012年大新年会」だけ参加
開演18時30分~20時30分
(交流を楽しみたい方の2時間コース)

C)第1部・第2部 両方参加
最初から最後まで13時~20時30分まで
(とことん学べるフルコースをお奨めします) 

※参加申し込みまずは12月12日(月)までに
こちらまでご返答願いします

決して見世物の発表会ではありません

いつものサトカメの舞台裏を

年に1度だけ

みなさんに

こっそりお見せします

毎回地元栃木をはじめ

北海道から九州まで

全国から

大中小個人零細企業も

含めて多種多様

また著書

売れない時代はチラシで売れ」でも

書かれている

アソシエイトと向き合う

経営者の姿勢が

本当の意味で

生で見られます

主催
サトーカメラ
サトカメミニ
サトカメスタジオ
サトカメGTエンターテインメント
栃木SC応援カード事務局
法人営業部
日本販売促進研究所
とちぎ勝人塾事務局
やまぐち勝人塾事務局
おかやま勝人塾事務局
にいがた勝人塾事務局
はかた勝人塾事務局
やまと勝人塾事務局
ぎふ勝人塾事務局
全国勝人塾事務局

★佐藤勝人直送メルマガ&セミナー案内
必ず入っといてくださいね
パソコンからの登録はこちら

携帯電話からの登録はこちら

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

継続すると才能が開花するのですが 、才能があるから継続できる訳ではない。

お陰様で佐藤勝人の経営一刀両断 ブログを書き始めて14年目に突入   &

記事を読む

no image

戦略は間違っていないんだけど、戦術の部分で微差.誤差.大差があるわけです。

「時流」と「戦略」ですが 軍隊の「戦略」と「戦術」の定義は 「戦略」は長期的な目標で

記事を読む

no image

勝人塾の実践的指導法とは「時流に適応した力相応の徹底した一番主義にあり」

「時流」と「流行」の違いは 「時流」とは8年から10年先を見越した 大きなトレンドであり

記事を読む

no image

激レア砂かぶり55席のみ!伝説は五感で感じ獲れ!

  1964年の東京オリンピックに 父親が宇都宮市簗瀬に サトーカメラを

記事を読む

no image

グローバルニッチだけど私たちもラーメンに負けずに「シャシンを日本から世界へ」

中国ではカメラはスマホだから 日本人のようには 写真をプリントしないという 精々や

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑