月刊誌 商業界 佐藤勝人チラシの極意で登場 1631号

公開日: : 商業界

年間100万部発行

全国の有名書店の

ビジネス誌コーナーでも

お馴染みの

全国の商業者のための

月刊誌「商業界」

4月号が3月1日に

発売されました

そこには

宇都宮出版会議から

全国デビューを果たした

富山の柴田昌孝氏が

「愛される店長のマネジメント」で

4ページ

ブチ抜きで登場

それに負けじと

販促企画で

私佐藤勝人が

特別企画6ページに

ブチ抜き登場

新市場を創出する

チラシ販促術

サトカメ流チラシの極意

徹底指南

新たなマーケットを

創り出せ

シンプルな

販促媒体である

チラシだが

実は奥が深い

常に新規客から学び

内容のブラッシュアップを

心がける必要がある

1・新規客から学びマーケットをつくろう

2・サトカメのチラシ実況中継

3・自店の強みを最大限に表現しよう

4・商品価格政策

5・チラシ実物で徹底理解

6・他の販促ツールとの連動

7・売り場展開や接客におけるチラシの利点

8・チラシ販促の成果

折り込みだけではない

チラシ活用術

★店内手配りチラシ

★ポスティングチラシ

★手配りビラとして

★ラジオチラシ

★テレビチラシ

★新聞チラシ

★メルマガチラシ

★ケータイメルマガチラシ

★ネットチラシ

等々の内容が

ギッシリ詰まっています

月刊「商業界」4月号

3月1日発売

お近くの本屋さん又は

アマゾンで買ってください

ヨロシク

「佐藤勝人語録106」

世の中では古いか新しいかが

問われているのではない

関係性において

ベストか?

ベストじゃないか?

この地域において

この集まりにおいて

このパターンにおいて

ベストじゃないものを

遅れているとか

古いという

表現しているだけだ

★佐藤勝人直送メルマガ&セミナー案内
必ず入っといてくださいね
パソコンからの登録はこちら

携帯電話からの登録はこちら

★商業界よりお知らせ

佐藤勝人のチラシ販促

みっちり教えますセミナー

3月31日(木)

改め

4月20日(水)

あたりに変更予定

詳細は後日

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

女子高生が読んでくれる「日本でいちばん楽しそうな社員たち」サトカメ伝説本を書きたくなったー

県外に住む女子高生が 私の著書 「日本でいちばん楽しそうな社員たち」を読んで 先日

記事を読む

no image

昭和の軍隊式チェーンストア→平成の体育会式チェーンストア→令和の文化会的チェーンストアへと

チェーンストア理論の元は テイラーの科学的管理法であり 極端に言うならば この内容

記事を読む

no image

商業の世界でエンタメ競争って言われても?そのエンタメ競争の極意とは・・・。

商業の世界で エンターテインメント競争って言われても? そのエンターテインメント競争の極

記事を読む

no image

価格競争×バリュー競争×サービス競争×エンターテインメント競争へと突き進む!

私たちチェーンストアの世界は どの業界でも 先ずは「価格競争」から始まり そこで一

記事を読む

no image

「それは歴史に学んでいない歴史に従っているだけだ」キミは歴史に立ち向かうために、何を自己犠牲して何に集中するんだい。

5月9日は 日本販売促進研究所を設立して丸19年 本日より20年目に突入 というこ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑