第210話 販売を楽しむ!

公開日: : 勝手に言わせて!

販売を楽しむ!

店頭販売の醍醐味は
エキサイティングなアソシエイトの動きと演出と気遣い
そしてダイナミックな品揃えと量感にある。

品揃えは店の命!

しかし、在庫予算が潤沢にある店など無い。
殆どの店は潤沢な予算など無い。
だからどの商品に絞り込んで集中拡販させるかが腕になる!

何でもかんでも売れそうな商品を
チョロチョロ置けば良いってものじゃない。
チョロチョロ置けばダイナミックさに欠けるからだ。

売り上げは在庫金額が100万円なら
粗利30%で売った場合
最大約150万の売り上げになるが
それ以上に売り上げることは出来ない。
在庫金額以上に売り上げることは出来ません。

単純に2倍の300万円売りたければ
粗利30%で売った場合
在庫金額も2倍の210万円の在庫が必要になります。

そうなると通常の2倍売るために考えられるのは
売れそうな商品の品揃えを色々取り揃えたがるのが普通です。

しかし、それが売れなくなる店へと変化させてしまうのです。
ダイナミックさを演出することが出来なくなる原因と
売れそうな商品を取り揃えた分
そのままで売れると思い込み
そのまま放置されるのが常です。

限られた在庫予算を最大限に生かすには
あると便利を追求すると商品在庫が満遍なく薄くなります。
あると便利ということは、無くてもよいということ。

ダイナミックさが無くなればお客様もエキサイトしてくれません。

だから、限られた在庫予算の中で
得意とする商品一点に集中させ
在庫量を2倍にしてまでもダイナミックさを演出させ
アソシエイト全員で集中してその商品を売り切るために
エキサイティングな気遣いと動きと演出が大きな販売に結びつくのです。

経営理念に則った得意商品をダイナミックに買い付け
エキサイティングに集中拡販すること。

そして、その商圏内で「異常値」を出すぐらい売ることが
お客様の生活に潤いを与え
その商品が地域の方々の人生に入り込み文化を創りあげるのです。

我々が命がけでダイナミックに仕入れた商品を
アソシエイトがエキサイティングに売ることで
お客様の生活に潤いを与え
その商品が地域の方々の人生に入り込み文化を生むのです。

だから販売は楽しい!

だから商売は止められない!

だから私達は人生をかけて商品を売り続けるのです!

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

若いうちは稼がないとダメだよ

若いうちは稼ぎなさい 結婚して子供が生まれて 家族のために働くことを覚え まずは

記事を読む

no image

試合に勝たせるのが部下育成の基本です。

部下育成における 私の流儀を教えるならば 勝ち試合は部下に譲り 必ず花を持たせま

記事を読む

no image

1年前の成功事例なんて語っていたらもう終わりだよ。

10,000アイテムで1,000人集客 商品並べて「さあ〜買いなはれ」の スーパーマー

記事を読む

no image

我ら労働者階級出身の成り上がり者はチョッと成功するとすぐに貴族の真似事するからバカみたいだ。

ロスチャイルドが世界を牛耳っているから何? 貴族のような働か無い者が寄り集まって 美術

記事を読む

no image

業界の地位向上なんて言っている人ほど、肝心の顧客心理から離れてしまっているんだよね。

全国飛び回り 色々な業界団体で 講演やセミナーに登壇して 気付かされるのは

記事を読む

Comment

  1. sato-katsuhito より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今日は群馬県自動車部品商組合様の
    経営セミナーで群馬県の伊香保へ向かいます!

    ヨロシク!

  2. シルバーラビット より:

    SECRET: 0
    PASS:
     お尋ねのことですが

     私の『誠実』ついてあまり深くは考えてはおりませんが、

    モットーしている言葉は「自分が願うように他の人も行いさい」です。

    『行動は』?

    ①お客様のご要望を確りをお聞きすること~聞く力を養うこと

    ②ご要望に応え出来るように努力をす~商品情報取得

    ③ご要望にお応えいた後の状況確認にをさせて頂く

    ④顧客ノートに記録させて頂ます

    とありふれた事で恥ずかしいのですが私には大切な事項だと認識して
    おります。

  3. 佐藤勝人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    (^^)シルバーラビットさんありがとうございます!

    重要なのがこれなんですよね!

    大先輩はここまで落とし込んで教えてくれないんです。
    「誠実」というもっともらしい言葉で終わらせてしまうのです。
    だから現場は「わかりました!」で終わってしまうのです。

    ありがとうございました!

    これが「教えることが教えられること」へ繋がるのです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

勝人塾







PAGE TOP ↑