第199話 我ら商人がこの異常社会を救う!

公開日: : 勝手に言わせて!

いつも私のセミナーにはレジュメが無い!

市や商工会議所様や商工会様や
中央会様や商店街連合会様等の場合は
必ず会場に入る前に街並みや地域商圏を
本当にサラッと車で案内してもらいながら感じ取りながら会場に入り

始まる前に会場に参加されるお客様の名簿を見せていただき
職業・業種・業界・職位を知りながら感じながら

それから始まる前に会場の中に入り
参加されたお客様の集っている姿や状況や動きや
顔や表情を見ながら何が聞きたいのかを感じ取ります。

それからセミナーをスタートさせてから
出だしの私の話の中からお客様の表情を察知し
お客様の知りたそうなところを
少しづつ広げていくのが私のセミナーです。

だから、同じことは2度と出来ません。

だから、同じセミナーは2度と無いのが私の特徴です。

これは私が思うには接客と同じだと思います。

対面したお客様と真剣に体技していたら
毎回決まった同じセリフなんて有りえないんですよね。

お客様の要望ニーズに合わせてというか
要望ニーズが微妙にみんな違います。
また地域に合った要望やニーズを気づかせながら進めます。

そんなことから今日の岩手県久慈商工会議所様では
予想以上に小売業やサービス業や飲食業以外の
製造業様のお客様も多く
製造業の経営者の方々にも
セミナーでは佐藤勝人流を大変気に入っていただきました。

大手小売チェーンが幅を利かせている現在の商売では
大手チェーンの
ローコストオペレーションに
売上重視に
利益追求型の

しわ寄せが

仕入先の大手メーカーに投げられ
近年では大手メーカーは
そのまま下請け製造業者に責任を取らさせ苦しめるという
一つの構図が成り立っていました。

これではいくら改善しても
メーカーも下請け製造業者も苦しいだけ。

いくら良い技術を持って良い商品を作っても
お客様を育てない限り
お客様は安物と良い物の区別がつかない。

大手チェーンはお客様を育てるような面倒なことは
コストがかかるから一切やらない。

商品を買う本当のお客様を無視した
株主のためのコストと効率一辺倒の馬鹿な社会を作り上げた!

お客様を育てない商人など
お客様を不幸にし社会を不幸にするだけだ!

下請け製造業者の嘆きは
遂にメーカーを通り越し商人へと牙をむき出した!!!

彼らにとって、その憎き商人のはずの佐藤勝人は
下請け製造業者の表に出せない嘆きを感じ取ってくれたことが
凄く嬉しかったらしい。

商人にも俺たち下請け製造業者の気持ちがわかる奴がいたのか!って感じでした。

日本の大手メーカーや日本の下請け製造業者様を本当の意味で助けるのも
とうとう我々商人の力に掛かってきた感じです。

業界によっては大手メーカーも
商品の良さに惚れ込んで本気で売ってくれる
中小店や中小チェーンの商人育成に力を入れ始めました!

間違いなく社会は我ら商人のいる
中小企業と中小店と中小チェーンの
反撃を期待していますよ!

そんな激論を素晴らしい製造業の社長様達と
夜中まで酒を酌み交わし三陸を堪能しながら・・・・・・・・。

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

それがキミの弱さだよ。

キミの人生は バッターボックスに入って 打てるコースに 好きな球が来るまで

記事を読む

no image

勝人さんは何故スキンヘッドにしたの?って聞かれたので当時を振り返ってみた。

勝人さんは何故スキンヘッドにしたの?って 聞かれて当時を振り返ってみた  

記事を読む

no image

キミの率先垂範と私の率先垂範は何が違うのだろうか?

店長の率先垂範と 私の率先垂範は 基本的に何が違うのだろうか?  

記事を読む

no image

私は難聴のせいで散々笑われてきたけど、その難聴のお陰で第6感的な超洞察力を身につけたよ。

「強さとは自分を極めること」 自分に弱さがあり そこを蓋して生きているうちは いく

記事を読む

no image

「勝人さんは講演前にどういうルーチンをされるのですか?」と、よく聞かれる。

「勝人さんは講演前に どういうルーチンをされるのですか?」 と、よく聞かれる。 &

記事を読む

Comment

  1. sato-katsuhito より:

    SECRET: 0
    PASS:
    昨日は岩手県久慈商工会議所様ありがとうございました!
    今日は岩手から名古屋へ向かいます!
    某大手石油会社様主催のセミナーです!
    ヨロシク!

  2. こーえつ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    この、199話はかなり、いろんな意味でヘビーでした(^ ^;)

    でも、佐藤さんのセミナーにレジュメがないなんてビックリです!!!
    だいたい、『セミナー』たるものは、分厚いレジュメに、そのレジュメ通りの話・・・・・・ 
    そのうち、何人かが『こっくりこっくり・・』

    「だったら、レジュメだけくばればいーやん!!!』

    って講師山ほどみてきましたから

    天気もいいので今日も佐藤流を爆発させてきてください!!!

  3. 佐藤勝人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    (^^)こーえつさんありがとうございます!
    下請け業者さんも
    メーカーさんも
    小売業者も
    お客さんも儲かって
    初めて商売なんですよね!

  4. 佐藤勝人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    棒大手石油会社様主催の特約店様を集めた勉強会、
    参加された皆様の勉強熱心さには
    どこの業界でも大変な状況であることを察しました。
    資本にモノを言わせるだけではなく
    少しはお客様のニーズも察していただければ幸いです。

    ヨロシク

  5. シルバーラビット より:

    SECRET: 0
    PASS:
    佐藤様
    おはようございます!

    今日は『要望ニーズが微妙にみんな違います。』の言葉に
    佐藤様のプロとしての姿勢を深く学びました。~お客様第一

    もう一つ『お客様を育てない商人などお客様を不幸にし社会を不幸にするだけだ!』では仕事をする者の基本姿勢を教えて頂きました。
    ~私のこれまでの学習の仕方、情報の扱い方を見直をす必要を感じました。

    ありがとございました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑