第191話 私のミニ営業、ほんの一例 Vol 3

公開日: : 勝手に言わせて!

今から7年前、
私が35歳の時サトーカメラ株式会社の常務取締役の時に
経営コンサルタント会社
有限会社日本販売促進研究所を立ち上げました。

自分と嫁と親父と兄貴からも
お願いして出資していただき無事立ち上げました。

その資金を元手に一作目の著書に
全資本金をつぎ込み協力出版(半分自費出版)という形で
約2年かけて執筆しました。

途中何度も何度も諦めかけたり、
そう簡単に文章が書けるものではありませんでした。

自分の文章力の無さと馬鹿さ加減に嫌気を感じたり・・・
またその時まで1冊も本を読んだことの無い私は、
他のビジネス書に目を通してみたら
あまりにも自分の表現力の幼稚さに悩まされたりしました。

そのときに何度も何度も立ち直らせた言葉が
「みんなに受けようと思っちゃダメ」と自分で言っているチラシの極意でした。
そのまま著書執筆時にも自分に何度も何度も言い聞かせました。

そして私自身では何度も何度も書き直し
何度も何度も途中で筆が止まり
2年もかけて書き直したが
自分の文字に書き表せることの当時の限界を感じ
とりあえず情けないけど納得しないけど書き終わらせました。

その1作目は推薦文をもらったほうが売れると聞いたので
バリューマーケティングの第一人者宮内亨氏にお願いしました。
私は文面が恥ずかしかったが彼は絶賛してくれました。
そうして当初のタイトル「地域一番商法OOOO」を改め
「日本一のチラシはこうつくれ」と彼が命名してくれました。

そして、こんなパンチのあるビジネス書を読んだことが無い
今までのビジネス書の常識を覆す!といって
あまりにも面白すぎて2時間で読んでしまったという電話を頂き
自信をつけさせていただいた
飲食とんかつ店経営コンサルタントの第一人者小林孝志氏だった。

そして、発売前に一番最初に買ってくれて
著者としてのマナーとしてサインを書くことを説き
初めてサインをせがまれ、人生で初めてサインを書かせて頂いたのが
顧客満足実践の第一人者MORE経営研究所の日野眞明氏でした。

その3人の経営コンサルタントの反応を見てこれは売れるぞ!っと察し
即「日本一のチラシはこうつくれ!」を
業界紙に一般紙に各ビジネス系の雑誌社に
それこそ100社ぐらいに各社に5冊ぐらい献本し
1枚1枚直筆の手紙を書き
それこそ「何でもやります!」と書いて送りました。

我が家の子供たちはそんな親父の姿に
最初は情けないと言っていました!

そういうものは誰かが読んで広めてくれるものじゃないのか?と
娘の「なっち」が私に言いました。

私は、こんな無名な男が黙って売れれば世話ないよ!
それより本は誰かが読んで広めてくれるものなんだろう?

「それならば誰に読んでもらえば広めてくれる!?」
解ればそこへ送るんだよ!
それがマーケティングだよ!

いいからこんなカッコ悪い親父の姿を良く見ておけ!
お前たちもボサッとしていないで
宅配用に包むの手伝え!
社長様や編集長様宛に目立つように
真っ赤な包装紙で送るんだぞ!

子供たちも慌てて手伝ってくれました。

いいか!世の中黙って売れた奴なんていないんだ!
天才画家なんていうのは死んでから売れたんだよ!

こうやって自分で売り込んで
知ってもらって仕事をもらうんだよ!
そこからだよ!
よく見ておけ!
親父の生き様を!
俺はどう転んでも負けないからな!

このカッコ悪い売込みを見ておけ!!!!!!!!!

ちなみに1作目の「日本一のチラシはこうつくれ」は
初版は半分自費出版でしたが
全国の図書館へ配本が決まり
全国の書店様での販売も決まり
遂に全国デビューが2002年の6月だった!

出版社の予想を遥かに超えて1週間で完売
2週間で増刷決定計6刷まで増刷してから
更に表紙を変えて新装版に変更して再出版され
遂にビジネス本の世界ではベストセラーになりました。

すべてはこの1冊から
そして我が家の子供たちにも手伝ってもらった
あのカッコ悪い売込みからのスタートでした。

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

それがキミの弱さだよ。

キミの人生は バッターボックスに入って 打てるコースに 好きな球が来るまで

記事を読む

no image

勝人さんは何故スキンヘッドにしたの?って聞かれたので当時を振り返ってみた。

勝人さんは何故スキンヘッドにしたの?って 聞かれて当時を振り返ってみた  

記事を読む

no image

キミの率先垂範と私の率先垂範は何が違うのだろうか?

店長の率先垂範と 私の率先垂範は 基本的に何が違うのだろうか?  

記事を読む

no image

私は難聴のせいで散々笑われてきたけど、その難聴のお陰で第6感的な超洞察力を身につけたよ。

「強さとは自分を極めること」 自分に弱さがあり そこを蓋して生きているうちは いく

記事を読む

no image

「勝人さんは講演前にどういうルーチンをされるのですか?」と、よく聞かれる。

「勝人さんは講演前に どういうルーチンをされるのですか?」 と、よく聞かれる。 &

記事を読む

Comment

  1. sato-katsuhito より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今日は今から名古屋へ向かい
    東海地区のNTTドコモ様関連のセミナーです!

  2. シルバーラビット より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今日は私と一緒の名古屋の空気を吸っておられたのですね。

    今日の名古屋はとても暖かでした・・・

    お疲れさまです。

    今日のお話を読みながら「自分の仕事甘さと努力の足りなさを痛感致しました」

    ありがとうございました。

    「サトミニ」の説明ありがとうございました。

  3. 佐藤勝人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    (^^)シルバーラビットさんありがとうございます!
    今日は名古屋で東海北陸地区の
    携帯端末販売代理店様の
    将来の店長候補を集めた若手女性へのセミナーでした。

  4. more より:

    SECRET: 0
    PASS:
    昨夜は近くにいたのにお付き合いできなくてごめんねー<(_ _)>。

    佐藤さんと初めて会った「あの場所」は今も忘れていませんよ。
    初めて会ったとき、そして初めて講演を聴いたとき(一緒に講演会やったとき)は「凄いやつがいる」でしたが、その実践から習得したノウハウは立派な理論構築がされていました。

    今はどんどんバージョンアップしていますね。
    嬉しい限りです。
    さぁ、今年は「初出版」しなきゃ(^^ゞ

  5. 佐藤勝人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    (^^)MOREさんありがとうございます!
    大阪と東京であります!
    今度紹介しますよ
    一緒に出版会議行きましょう!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑