第162話 ミュージシャンだって同じ「曲=商品」商売はみな同じ!

公開日: : 勝手に言わせて!

東京の某レコード会社の宣伝部の方から連絡が入った・・

なぜか私に?

地元出身のミュージシャンを売り込みたいとのこと
デビューして今年で3年目
もちろん地元では名前も充分知られたのだが
これから地元で曲もバンドも
もっともっとブレイクさせたい・・・らしい。

私も、もちろんその人の名前は知っていた!
しかし、ミュージシャンだとは知らなかった・・・ゴメン。

それで私に何を?
私が何か?
私にどうしろって?

宣伝部が言うには
なんとサトカメとメディアミックスをして
県内に売り込みたいらしい。
お金をかけずに、
嫌らしくなく、
それでもってインパクト大で
バンドをもっと売り込みたい、
曲をもっとヒットさせたい、
そこで力を貸してくれという相談だった。

それならば、
とにかく宣伝部が選んだ
楽曲を10曲ぐらい聴かせてもらいましょうか!

一つ一つ楽曲についてコメントしている俺?

そうではなくて、
いくら私が素人でも
とにかく曲調や詩が気に入らないと
「曲=商品」を知らないと
私だってタイアップする気になれないし
売る気が入らないからです!

ところが1曲目から
予想外にパンチの聞いた女性ボーカルで
想像以上に良かった。

宣伝部にはチョッと辛口を言ってあげた。

最近、曲を売るのも
地域密着型のマーケティングに変わり始まっているね。
CDの販売も精々5000枚も売れば御の字
全国でも1万枚でも売ればヒット作と言える時代でしょう。

だから、全国キャンペーンなんてお金かけて頑張ったって
売れるミュージシャンはメジャーな方達だけですよね。

だから、同じCDを5000枚売るなら
全国を相手にするよりも
地域密着型して一点集中で特化して攻めた方が
採算ベースも合うでしょうね。

そのためにはミュージシャンは
今年は頑張ってライブを増やしますって言ったって
ライブに来るのは追っかけやコアなファンばかりでしょう?
それ以上は売れないよね。
だからライブ活動を増やすのも結構だが
メディアを通して
とにかく一般の色々な方々にも
聞いてもらって新規客を増やし
曲を買ってもらうしかないですよね。

まずは栃木だけで
5000枚売れれば良いんでしょう?って
宣伝部に言った!

佐藤 「地元のミュージシャンで、地元では知られていて曲も良いから
     悪い話ではない。とりあえずは私が出来ることは宣伝部に代わって
     県内各メディアや番組を通して曲を売り込んであげるよ!」

宣伝部「ありがとうございます!
     それならばサトカメさんのCMでも番組でも店内でも
     曲はどんどんに使ってください。
     またボーカルにサトカメのCMをやらせていただければうれしいです。
     どうぞ、どうぞ!使ってください」だって。

それなら気持ちよく!
春に一発ぶちかましますか!

昨日の第161話でも紹介したJFL栃木サッカークラブの
今期の開幕戦試合前に1万人のサポーターの前で
地元で人気のミュージシャンがライブをやるってどうだい?

その代り、予算がどうたらこうたらとケチなこといわないでよ。
1回目なんだから無償でやりなさいよ。

試食品を配るのと一緒だよ!
まずは大勢の県民に聞いてもらう。

とりあえずはダメもとで話だけは通しておくよ!

宣伝部「ありがとうございます!」

佐藤 「お互い様だよ!」

結局商売はみな同じです。
「曲=商品」「歌手=店員」「ステージ=店」

一点集中で商圏も絞って
曲を売り込みたいと言うことですよね。
まずはその商圏でブレイクさせること。

それがメジャーへ繋がるきっかけにもなるんですよね。

結局商売はみな同じです。

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

「勝人さんは講演前にどういうルーチンをされるのですか?」と、よく聞かれる。

「勝人さんは講演前に どういうルーチンをされるのですか?」 と、よく聞かれる。 &

記事を読む

no image

自分の人生を、自分のためだけに生きるほど、退屈な人生はない。

自分の人生を 自分のためだけに生きるほど 退屈な人生はない   &

記事を読む

no image

どこを目指して人生を賭けロマンを持って仕事をしているのだろうか?

生き残りを賭けてとか 100年企業だとか なんでも良いけどさ・・・  

記事を読む

no image

自分の余裕の中で生きているうちは、何年やっても、何回やっても、あなたは自信がないと言うんだよ。

「自信がないというのは 自分に甘いからである」 自分に甘いとは わかっていながらや

記事を読む

no image

好き嫌いの表面的な現象で右往左往するのではなく、内在的因果を突き詰めてごらんよ。

私は20代の頃 好きでもないカメラを売って生業とし 好きな事は別にあったけど 好き

記事を読む

Comment

  1. sato-katsuhito より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今日は朝から副店長会議!
    今から秋田県の税理士事務所様主催の講演会に向かいます。

  2. シルバーラビット より:

    SECRET: 0
    PASS:
    秋田は寒くありませんか?
    佐藤様の講演会の実り多いことを願っております。
    きょうのお話を私が扱っている「本」置き換えながら
    何度も読み返しておりました。
    『結局商売はみな同じです。』なんだなと思いつつ
    チャッカリ自分の商品販売の構想を考えておりました。
    ありがとうございました。

  3. 佐藤勝人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今ホテルに着きました!
    さすがに寒いです。
    これでも暖冬だそうです。
    すばらしい税理士事務所様で
    今回は200名近い参加者だったそうで
    19年間続けた講演会の中では
    最高の入りだったと喜んでいただけました。
    参加された経営者様もすばらしい方々ばかりでした。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑