第161話 ガンバレ栃木SC!

公開日: : 勝手に言わせて!

2003年度より地域の社会貢献の一環として
JFL栃木サッカークラブの
スポンサー契約を結びました。

もちろん無名に近いチームでしたし
宣伝効果を見込んでスポンサーなんていうことは
一切考えていませんでした。

理由はもともとの発祥が
栃木県の教職員のチームということで
健全さと直向さに惹かれました。

更に監督が私の一つ上の先輩の友人であり学校の先生でもあり
コーチは娘のなっちの小学校の先生ということもあり・・

もちろんプロではありませんから
昼間は仕事で練習は夜間で学校の校庭、
土日が移動でアウエーは全国各地でゲームという過酷なスケジュールです。

監督もコーチも普段は小中学校の先生だったり
活躍の選手の中にも学校の教師だったりと中々凄いメンバーです。

選手の中には昼間はサトカメで働いている選手も数人いました。

J2の下のリーグJFLで
2002年までは下位のほうで戦っていました。

ところがサトカメがスポンサーになってから
いきなり上位争いに顔を出す
実力あるエキサイティングなチームへと変貌してきたのです。

もちろんスポンサーがどうのこうのというのではなく
監督と選手の戦略と戦術の一致にありますが。
ここでも理論と実践の一致ですね。

そういいながらも
監督や選手もユニホームにサトカメのロゴが入った瞬間に
チームが強くなったって言ってくれることはうれしいですね。

JFLでも殆どのチームは
企業チームもありスポンサーがついているのが当り前だったらしく
当時の栃木SCにとってはユニホームにスポンサー名が入ることが
チームとしても凄く励みになったみたいですね。

そんな流れもあって

スポンサー契約をして5年目の今年は
なんと現在は栃木県中を巻き込んで
Jリーグへの道!ガンバレ栃木SCへと発展してしまい
国会議員も知事も
栃木県も宇都宮市も
県内の大手民間企業もサポーターも
官民合わせて
連日地元メディアを賑わし
来期Jリーグ入りを目指して今期の活躍を期待する
ということで熱気が帯びてきました。

宣伝効果とか考えるレベルではなかったあのチームが・・
何も先見の目があった訳でもない
先を見込んだわけでもない

まじめに社会貢献のつもりが・・・ビックリです。

社会に生きる人間ならば
自分のことばかり考えていないで
自社のことばかり考えていないで
少しでも利益を出したら
少しでも社会貢献を考えてみると・・・・いいですね!

もちろん商品を販売することが社会貢献であり
利益を出して納税することも社会貢献であり
社員を抱え働き手を増やすことも社会貢献ですよね。

地域に貢献すれば、地域が生きる
人に貢献すれば、人が生きる
社会に貢献すれば、社会が生きる

地域密着型の場合
自分だけが得しようという
自分にだけ都合の良い地域密着型というのは
地域社会の中では長続きしません。

商品も商売も、お客様も店もアソシエイトも、
全部「地域」で繋がっているんですよね。

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

自分の余裕の中で生きているうちは、何年やっても、何回やっても、あなたは自信がないと言うんだよ。

「自信がないというのは 自分に甘いからである」 自分に甘いとは わかっていながらや

記事を読む

no image

好き嫌いの表面的な現象で右往左往するのではなく、内在的因果を突き詰めてごらんよ。

私は20代の頃 好きでもないカメラを売って生業とし 好きな事は別にあったけど 好き

記事を読む

no image

壁にぶつかるとは短所にぶつかることであり、短所是正をしないと壁は乗り越えられないんだよ。

企業に勤めて一つの業務に 3年、5年、10年も勤めれば 誰しもが何かしらの スペシ

記事を読む

no image

市場から求められていること「私たちがやりたいこと.私たちができること.私たちがやらなくてもいいこと」

■サトーカメラ第一創業期 1964年〜1987年  佐藤勝人 誕生〜22歳 &nb

記事を読む

no image

売上を追うな!2020年大不況前「選択と集中」✕「経営改革」強靭な体制を整えろ!

2008年にリーマンショックで 一気に時流がかわり 2011年に東日本大震災で 強

記事を読む

Comment

  1. こーえつ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    『社会貢献のつもり』

    でも、やはり、コレは偶然ではなく起こるべくしておこった必然なんでしょうね

    いろんな角度からでの"社会貢献"ってあるとおもうんですが、佐藤さんの身近なところから始めた佐藤さんらしい部分が心に響きます☆

  2. シルバーラビット より:

    SECRET: 0
    PASS:
     この年になっも人様に分かち合うものが何もないのいです。
    でも、人様が喜んで頂けそうなことには努力しようと自分に言い聞かせております。

    『地域」で繋がっているんですよね。』は大切なことだと思います。
    今年は地域で努力している方々と1人でも多くお会いし学びたいと
    思います。

  3. 佐藤勝人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    (^^)こーえつさんありがとうございます!
    もちろんそうですね!偶然ではなく必然性ですね。
    私は子供の頃学校が苦手だったから教職員のチームに惹かれました。
    あとは、くどくど書けばいくらでも出てきますね。

  4. 佐藤勝人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    (^^)シルバーラビットさんありがとうございます!
    そんなことないですよ!
    シルバーさんはこのメールを通して
    全国の人に元気を分けていただいています。
    地域でも同じ事をやってみては?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑