第154話 新店店長立候補の結果!

公開日: : 勝手に言わせて!

今年2月にサトーカメラロックタウン佐野店がオープンする
ダイワハウス開発のロックタウンの並びに
サトカメレギュラー店舗の100坪の専門店を出す。

一刀両断ブログ第147話
「足元を大切にする教育をしようじゃないか!」でも
紹介しましたが

店長は立候補制度
会長も社長も私も1人1票
GMも部長も店長も1人1票
全アソシエイトももちろん1人1票で
計150票の票で戦います。

店長に立候補をされたのは
現店長代理からは2名、現副店長から2名の計4名

副店長に立候補したのは2名
現副店長代理から1名そしてなんと新人から1名の計2名

昨年の12月10日告示されました。

投票は1月1日・2日・3日の3日間でした。

そして昨日6日早朝
店長会で立候補者も全員集まっての
開票をしました!

手に汗握る接戦の末、
現宇都宮岩曽店副店長の大門弘孝さんに決定しました。
彼は元サッカーのコーチ!
そして前職は印刷会社の営業で
サトカメの担当として私とコンビを組んで数年
色々教え込み、それから彼を引き抜き、
サトカメ本部で販促担当へ大抜擢して2年!
しかし、私の著書でもあるように現場を知らない人間が!!
という壁にぶち当たり3年前にいきなり
宇都宮岩曽店の副店長として送り込むことに。
現場では何も出来ない若造君が
いきなり役職つきで送り込まれ四苦八苦したに違いない。
ハラハラしたがよくぞその中から這い上がってきた
素晴らしい根性の持ち主です!

落選された他の3人も
自分に投票をしてくれた人に対して凄く感謝したらしく
悔しいはずの敗戦にも予想以上に清々しい笑顔が印象的でした。

当選した大門さんも1人で喜ぶのではなく
落ちた3人に気遣いながらの気配りと
また、アソシエイトに選ばれたことに対しての責任を受け
身を引き締めての当選の弁には成長を感じました。

更にデットヒートを繰り広げたのが
第150話「部下育成は個別対応に限ると実感した!」でも紹介した
副店長候補の新人生山君と
現副店長代理の鶴見広太さんとの戦いだした。

なんと新人生山君がガッチリ同票で引き分けという
誰も予想しなかった結果を作り出したのでした。

それなら、どうするっていう問題ですよね。

もちろん店長会で再選投票をしようと言う意見が出てきました!

しかし、店長会の中で再選投票をやれば
あの場面では間違いなく
実力者の現副店長代理の鶴見さんが当選するのは重々承知。

ここまで来て再選投票をやって
新人生山君が大差で負けるのは見えている。
ここまで頑張った新人生山君を
最後の最後で奈落の底へ落とし込んでまで傷つけてもしょうがない。
それよりも副店長に立候補した彼の今までの経緯からだと
ここまで頑張った事を褒めてあげたかった・・・・。
負けてからではいくら褒めても慰めになってしまう・・・。

更に万が一、現副店長代理の鶴見さんが負けたとしたら
彼のショックは計り知れないだろう・・・。

そこで即断

鶴見広太さんVS新人生山君がお互いに納得するまで
別室で話し合いなさいお互いが納得したら
報告に来なさいという行動を取らせた。

お互いが納得するまで話し合うこと
そして同じ同志として憎むのではなく
お互いが励ましあうこと。

30分後・・・・

お互い清々しい顔をして会議室に顔を出した。

全店長の前で副店長は私 

「鶴見広太が新人生山君の分まで頑張らせていただきます!」

新人生山君もうなずきながら清々しい笑顔で握手を交わし
写真を撮ってみんなで拍手喝さいの祝福をされていた。

本店湯沢店長も部下の新人生山君の活躍ぶりを一生懸命
デジカメで撮っている姿も印象的だった。

この瞬間、アソシエイトの頼もしさを感じ
たった数週間で頼もしい人材がまた増えました!

そして、今回はじめて行われた
立候補制度、全アソシエイト投票制度を
今後もサトカメの文化として生かそうと決めました。

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

自分の余裕の中で生きているうちは、何年やっても、何回やっても、あなたは自信がないと言うんだよ。

「自信がないというのは 自分に甘いからである」 自分に甘いとは わかっていながらや

記事を読む

no image

好き嫌いの表面的な現象で右往左往するのではなく、内在的因果を突き詰めてごらんよ。

私は20代の頃 好きでもないカメラを売って生業とし 好きな事は別にあったけど 好き

記事を読む

no image

壁にぶつかるとは短所にぶつかることであり、短所是正をしないと壁は乗り越えられないんだよ。

企業に勤めて一つの業務に 3年、5年、10年も勤めれば 誰しもが何かしらの スペシ

記事を読む

no image

市場から求められていること「私たちがやりたいこと.私たちができること.私たちがやらなくてもいいこと」

■サトーカメラ第一創業期 1964年〜1987年  佐藤勝人 誕生〜22歳 &nb

記事を読む

no image

売上を追うな!2020年大不況前「選択と集中」✕「経営改革」強靭な体制を整えろ!

2008年にリーマンショックで 一気に時流がかわり 2011年に東日本大震災で 強

記事を読む

Comment

  1. シルバーラビット より:

    SECRET: 0
    PASS:
    サトーカメラ店のアソシエイトさん達人間関係は素晴らしいですね。
    喝采を送らせて頂きます。

    良い人間関係は良い仕事を生みだす原点ですよね。

    先日佐藤様が『個人の力を発揮させるのが組織だと思います。』の言葉を思い出しながら読ませて頂きました。

    佐藤様の経営管理の素晴らしさを学ばせていたたきました。

    ありがとうございました。

  2. 佐藤勝人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    (^^)シルバーラビットさんありがとうございます!
    いつも彼らに学ばさせていただいています。
    やっぱり人間は面白い!仲間は面白いと思います!

  3. シルバーラビット より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。

    再度この書き込みを読ませていただき
    佐藤様は経営者としてよりも「人」を思いやる力
    の強い方なんだなと改めて思い知らされました。

    「経営管理の素晴らしさ」なんて知ったかぶりな
    書き方をしたことを反省しております。

    ありがとうございました。

  4. おはなちゃん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    「生かす」大切なことだと考えます。
    高慢に聞こえる先輩もいるようで注意されたことがありますが
    一人ひとりを「生かす」ことは、細かい配慮も必要。観察も必要。心の目で見たい。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑