第153話 勝っても喜ばない男!

公開日: : 勝手に言わせて!

私の性格は
負けても絶対に負けない男、
そしていくら勝っても、勝っても喜ばない男です。

絶対に負けない、負けても負けない、
勝つまで負けない図太い自分がいます。

だからと言って
いくら勝っても、いくら勝っても、
喜ばない冷静な自分がいます。

自分の中では
結果とはあくまでも瞬間的な評価でしかないと
思っているからです。

なぜ十数年かけてそういう思考に変化していったのか?

それは今まで素晴らしい先輩達を見てきて、
今まで素晴らしいライバル店や
ライバル会社の最後を見てきたからです。

彼らとは何度も何度も戦ってきた、
そして何度も何度も苦虫も食わされた時もありました。

10年前と今ではもう殆どが変わっています。

当時の元気だった一番店や一番チェーンに
最強店やライバル会社が
どんどん倒産に追いやられる姿を見てきて
学ばさせてもらいました。

長い時間軸の中で物事を捉えると

一瞬の成功なんて興味が無くなってきました。
一瞬の勝利なんて全然魅力を感じなくなってきました。

だから、どんなに勝っても一瞬の勝ちなんて勝ったとは思えないのです。
どんなに負けても一瞬の負けなんて負けたとは思えないのです。

経営は永続的な長期戦
目先の短期戦でたとえ負けても
長期戦に持ち込めばいい。

相手は一瞬しか見えない普通人ばかり。

現在の経営コンサルタントという商売上「勝つ!」という
謳い文句で喜ばれているが
一瞬なんていくらでも勝たせることはカンタンです。

しかし、その一瞬を続けなければ永続的ではない、
それこそ翌日には終わる。
また続けるだけでもマンネリ化する。

勝敗なんて一瞬の話に過ぎない。

だから絶対に負けない、
負けても負けない、
負けても悔しがらない。

例え今は負けても、
3年後5年後10年後20年後には勝つ。

またいくら勝っても、いくら勝っても、
10年勝ち続けても
現場が見えるから満足しない自分がいる。

経営は永遠に体力を温存して
疲れない体質を作り上げて
永遠に走り続けること

そんな会社が最強なのかもしれない。
その地味さがカッコイイと思っています!

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

自分の余裕の中で生きているうちは、何年やっても、何回やっても、あなたは自信がないと言うんだよ。

「自信がないというのは 自分に甘いからである」 自分に甘いとは わかっていながらや

記事を読む

no image

好き嫌いの表面的な現象で右往左往するのではなく、内在的因果を突き詰めてごらんよ。

私は20代の頃 好きでもないカメラを売って生業とし 好きな事は別にあったけど 好き

記事を読む

no image

壁にぶつかるとは短所にぶつかることであり、短所是正をしないと壁は乗り越えられないんだよ。

企業に勤めて一つの業務に 3年、5年、10年も勤めれば 誰しもが何かしらの スペシ

記事を読む

no image

市場から求められていること「私たちがやりたいこと.私たちができること.私たちがやらなくてもいいこと」

■サトーカメラ第一創業期 1964年〜1987年  佐藤勝人 誕生〜22歳 &nb

記事を読む

no image

売上を追うな!2020年大不況前「選択と集中」✕「経営改革」強靭な体制を整えろ!

2008年にリーマンショックで 一気に時流がかわり 2011年に東日本大震災で 強

記事を読む

Comment

  1. シルバーラビット より:

    SECRET: 0
    PASS:
    事業における勝敗はおっしやる通りだと私も思います。
    私には短期に勝こともとても大きなテーマがですが(ーー;)
    お客さまを視点に置いた勝敗を考えることが大切なのですね。

    名古屋は朝から雨です。
    寒くなりました風邪など引かないようにお気をつけ下さい。

  2. 佐藤勝人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    (^^)シルバーラビットさんありがとうございます。
    自分を鍛えることが一番難しいみたいですね。
    だから、打倒000とうい目に見えた敵ライバル店がいないと
    部下にはわかりずらいみたいですね。

  3. 田舎の八百屋 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    初めて書き込みします。いつも楽しく毎日拝見させています。
    さて今回のテーマですがうちのライバル店が去年の11月いっぱいで
    閉店しました。おかげで売り上げが1割ぐらい増えましたが
    なんとなく気が抜けた感じです。やっぱりお互い競争しあった方が
    いいような気がするようなこの頃です。

  4. 佐藤勝人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    (^^)田舎の八百屋さんありがとうございます!
    これからが自己確立の戦いですね!!
    相手がいれば相手に勝てば良いだけなので
    目に見えてわかりやすいです。
    しかし、相手がいなくなれば
    自店で鍛えて自店で改革しないと
    売上げも目減りしていきます。

    今の時代10%アップとは素晴らしいです!!

    ライバル店の売上げから見て
    閉店余波で10%アップは妥当ですか?
    それとも他店に流れていますか?
    流れているであろう他店とはどこですか?

    今度はそこがライバル店かも?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑