第142話 「神風を吹かせてくれって!」言われても・・

公開日: : 勝手に言わせて!

よく商売の世界でも
自分の商売が苦しくなると神風が吹かないか!!!!
と、いう人がいる・・・マジでいるからビックリです。

それでは
神風とはなんだろうか?
殆どの神風は天災か人災が起きて
いきなり自社に特需をもたらすことかもしれない。
それを神風と言うのか!!

自社にとっては例え神風だったとしても・・・
素直に喜べないぞ・・

または10万円で仕入れた商品を5万円で売れば
長蛇の列、バカ売れするだろう・・・
それこそ裏ルートで盗品を扱ったり・・
それを神風と言うのか・・・

または扱っている商品を有名人が使って
商品がいきなりヒットしてしまう
確かに瞬間的にバカ売れするだろう・・
その時にはその商品は大手の手に渡っている
それを神風と言うのか・・・

結局は神風なんか吹かない方が良いということだ!
正しい商売に神風なんか必要ないということだよ。

毎日の積み重ねが現在の商売なのだから
お客が減ってくれば
サービス品質の低下か
商品の品質の低下か
クリネンスも含めた店の品質の低下しかない。

確かに忙しい時は疎かになりがちだ・・
数字が落ちてきたら
どこかの品質が落ちてきている証拠です。

気づいたらやれば良い。動けば良い。
同じことを繰り返さないように仕組み的に改善していけば良い。

商売に神風なんて吹きやしない!

紛いにも神風が吹いたときは基本的には
誰かが大変な目に合っているときです。

商売人は神風なんか期待しちゃいかん!
自分の手で、自分の足で、自分の目で、
一つ一つ改善していけば神風なんて必要ない。

一つ一つの目の前の品質向上に真剣にぶつかり
その積み重ねが現在の結果だ。

現在に不満を感じるなら
現在までの積み重ねが途中で出来ていないだけ
そこから逃げて神に祈っても何も出てきやしない。

現在が満足に感じるなら
昨日までの積み重ねが出来ている証拠

しかし、それはあくまでも昨日までであって
今日からの積み重ねを忘れれば
明日はありません。

目の前のことを一生懸命やり続けるから
明日の商売へと続くのです。

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

自分の余裕の中で生きているうちは、何年やっても、何回やっても、あなたは自信がないと言うんだよ。

「自信がないというのは 自分に甘いからである」 自分に甘いとは わかっていながらや

記事を読む

no image

好き嫌いの表面的な現象で右往左往するのではなく、内在的因果を突き詰めてごらんよ。

私は20代の頃 好きでもないカメラを売って生業とし 好きな事は別にあったけど 好き

記事を読む

no image

壁にぶつかるとは短所にぶつかることであり、短所是正をしないと壁は乗り越えられないんだよ。

企業に勤めて一つの業務に 3年、5年、10年も勤めれば 誰しもが何かしらの スペシ

記事を読む

no image

市場から求められていること「私たちがやりたいこと.私たちができること.私たちがやらなくてもいいこと」

■サトーカメラ第一創業期 1964年〜1987年  佐藤勝人 誕生〜22歳 &nb

記事を読む

no image

売上を追うな!2020年大不況前「選択と集中」✕「経営改革」強靭な体制を整えろ!

2008年にリーマンショックで 一気に時流がかわり 2011年に東日本大震災で 強

記事を読む

Comment

  1. sato-katsuhito より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今日は今から東京出張
    来年のセミナー打ち合わせと個別訪問指導です。

  2. こーえつ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    東京出張ごくろうさまです☆

    商売って
    『"なにか"革命的な仕掛けや発想が、あって、成功者はそれを見つけた』
    的に見られる部分がありますよね。

    でも、『ひとつひとつの日々の積み重ね』が一番重要であるとこの142話をみて再確認できました。

    ポイントは『続けること』 『今を見ること』 『ぶれないこと』

    今の僕のテーマというか課題です

  3. ペイイチ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    神風が吹かないかと、
    冗談ではなく、真剣に考えている人がいるのには本当に驚きます。
    いると言うレベルではなく、本当に沢山いるんですよね。
    鳴くまで待とうホトトギスの家康の成功例が美徳と言われ、
    何にもしないとそのうち良い事があるさというのが、
    農耕民族日本人の特徴なのでしょうか。

    でも、商売の神風って、
    意外に原因がハッキリしていることが多いような気がいたします。
    有名人が使ってくれて売れた!と思っていたら、
    実は、その有名人にサンプルを送りつづけていたりする人がいるものです。
    吹かぬなら 吹かせてみしょう 神風を!
    の、秀吉型で、いろいろ仕掛けるようにがんばりましょう!

  4. sato-katsuhito より:

    SECRET: 0
    PASS:
    (^^)こーえつさんありがとうございます。
    私もこーえつさんの今日の文面で勉強になました。
    「確かに革新的なものがあってそれを見つけたのではない!
    目の前のことを一つ一つ検証し改善し続けているだけですね」

  5. sato-katsuhito より:

    SECRET: 0
    PASS:
    (^^)ペイイチさんありがとうございます。
    神風なんて吹かなくてもお客さんは目の前にたくさんいます。
    一つ一つ検証し改善しエキサイティングにダイナミックに仕掛けることは
    神風とは言いませんよ!!!年末商戦初売商戦仕掛けましょう!!

  6. シルバーラビット より:

    SECRET: 0
    PASS:
    「仕事を通してお客様が喜んで頂ける」 この基本を事業経営でどう実現さすかが私の現在の大きなテーマですが『目の前のことを一生懸命やり続け』中で培われ事なのですね。

  7. 佐藤勝人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    (^^)シルバーラビットさんありがとうございます。
    目の前のこと一生懸命のシルバさんは
    どんどん培われているじゃないですか!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑