第140話 「俺に報告が無い!」

公開日: : 勝手に言わせて!

「俺に報告してこない!」って怒って言う前に、

なぜ?報告してこないのか?

なぜなのか?

やさしく問いただすべきである・・・・・・と、一般的には言う。

ならば
普通の部下の言い分を聞けば、

例えどんなに環境を整えてあげても
「報告出来ない環境なのです!」って心で叫ぶ!

例えどんなに心から聞いてあげても
自分の意見が通らない限り
「聞く耳持たない=言うだけ無駄!」って心で叫ぶ!

例え真剣に君達の脳みそを揺さぶり刺激を与えても
自分の意見が通らない限り
「いくら言ってもバカと返り討ち=だから言わなくなる」って心で叫ぶ!

自分の勉強不足を棚に上げて
求めるだけ求めて自分を慰め
「これが自社の方程式だからしょうがない!」って心で叫ぶ!

そして、普通の部下は声を出してこう答える!
「私が悪かったと思います。以後気をつけます!」って
心にも無いことを平気で言って頭を下げる・・・・。

それでその場は済んでいると思っているのが普通の社会人・・・

心で叫ぶのが大人の社会人なのではないよ。
我慢するのが大人の社会人ではないよ。
自分が傷つきたくないから解ったようなあいさつをする。
そんなヘッピリ腰の社会人になんか育てる気はさらさら無いよ。
お互いガンガン言い合える真剣に向き合える仲でいたいよね。
それが自立する社会人だもの!
それが楽しいのよ!

こちらが君達に合わせて基準値や期待値を下げるべきか?
君達がもっと仕事して勉強して研究して向かって来い!
本音で戦え!自分の人生だぞ!!自立する社会人だぞ!

殆どの経営者はそんなウソの答弁なんぞすべてお見通しです!
イヤというほどすべて見えてしまいます・・。

その前に「報告が無いぞ!」って怒られたら
なぜわざと怒るのか
なぜ怒られたのか考えるべきですね!

なぜなのか?考えるべきです。

部下を自問自答させるために
あえて見て見ぬふりをして黙っている場合もあります。

経営者になると部下にやらせるのが仕事、
経営者になると部下に自発的にわからせるのも仕事、
部下にやらせることが一番大切なんだ。

自分でやってワーワーと教えちゃった方がラクチンだが
新人育成ならそれで良い!

しかし、幹部育成はそうにはいかない!!
教えすぎると幹部は伸びなくなる。
栄養を与えすぎると幹部は弱くなる。

子供の数十倍も経験を積んできたのが経営者=親父なんだ。

そんなことは君達が小学生と恋愛論を語れば解るだろう。
小学6年生の男の子が女の子に振られて
女はもう飽きたって君達に言うんだよ、
君達ならなんて答えてあげられる?

まだまだ人生長いからきっと良い子が現れる、
女の子だって星の数ほどいるんだから
まだまだ飽きない方が絶対にいいよ!ぐらいは言えるだろう。

おかしい話だが親父と子供の差とはそのくらいあるのです。
恋愛も商売も人生も経験もすべてに置いて親父と子供の差は大きい。

親は子供達を真剣に育てる
しかし、子供達は親の心を知らない、知ろうともしない。

そんなことも承知で親は子供達に真剣に叱る。

子供達は親に認めてもらいたいと言う。
子供達は自分を認めない親を本気で憎む。

しかし、親は子供達に認めてもらいたくて怒るのではない。
子供達を支配したくて怒るのでは無い。
親は子供達を憎くて怒ることは一度たりとも無い。

親は子供達を認めているから真剣に叱るのだ
子供達が将来自立して社会に役立つ人間に成長してくれること
子供達が家庭を持ち幸せになってもらうことが一番の願いなのです。

どこの親だって同じ願いなのです。

そのためには親は子供達に無償の愛で
真剣に本気で怒鳴るし向き合います。

我慢して目をつぶるときもあります。
我慢して聞こえないふりをするときもあります。
見返りなんか一切期待していない無償の愛です。

そこに言葉だけの気遣いや
小手先のテクニックなんて必要ないんだよ!

親は真剣そのものだもの!

そこに気づかない子供達は
本当の父性の愛情を知らずに
その場を誤魔化し逃げてゆくのでしょう・・・。

そっちの方が失礼だとは思わないか?

本当の父性の愛情がわかるのは将来自分が
自立して社会に役立つ人間に成長した時だと思う。
そして自分が家庭を持ち子供を持った時だろうね。

今は目の前のことしか見えないだろうから
その目の前のことを一生懸命ガンバレ
そのうち自分でも自分の長所が見えてくるはずだ!

結婚して子供が生まれればわかるよ
愛情はなにも母性だけではない
自ら父性の愛情というものを経験することでしょうね!

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

「勝人さんは講演前にどういうルーチンをされるのですか?」と、よく聞かれる。

「勝人さんは講演前に どういうルーチンをされるのですか?」 と、よく聞かれる。 &

記事を読む

no image

自分の人生を、自分のためだけに生きるほど、退屈な人生はない。

自分の人生を 自分のためだけに生きるほど 退屈な人生はない   &

記事を読む

no image

どこを目指して人生を賭けロマンを持って仕事をしているのだろうか?

生き残りを賭けてとか 100年企業だとか なんでも良いけどさ・・・  

記事を読む

no image

自分の余裕の中で生きているうちは、何年やっても、何回やっても、あなたは自信がないと言うんだよ。

「自信がないというのは 自分に甘いからである」 自分に甘いとは わかっていながらや

記事を読む

no image

好き嫌いの表面的な現象で右往左往するのではなく、内在的因果を突き詰めてごらんよ。

私は20代の頃 好きでもないカメラを売って生業とし 好きな事は別にあったけど 好き

記事を読む

Comment

  1. more より:

    SECRET: 0
    PASS:
    家庭で何かあった?(^^ゞ

    今夜スカイプやるよ。
    「Xmasイブ2.0@スカイプ」
    午後9時から待っているよー・・。(^_-)-☆

  2. 佐藤勝人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    (^^)MOREさんありがとうございます。
    指導先の経営者さんと幹部さんの交通整理をしながら
    自分とアソシエイトに置き換えてのメッセージだね!

  3. more より:

    SECRET: 0
    PASS:
    なるほどね(^_-)-☆

    それにしても佐藤さんは完璧にITに反応しないねー(^^ゞ
    http://happy.ap.teacup.com/more/
    今夜の「Xmasイブ2.0@スカイプ」に佐藤さんが現れたら、喜ぶ人多いですよ。
    でもカメラとマイクが繋がらないんだよねー。神谷店長さんに聞いて何とか取り組んでね。
    今年の6月にNYで「Web2.0講座」やってからもう半年になるねー。

    その間にブログをしっかり立ち上げて毎日更新しているのは立派ですね。素晴らしい。
    文字とボイスと、その次は動画だね(^o^)丿。

  4. シルバーラビット より:

    SECRET: 0
    PASS:
    メリークリスマス!

    金曜日メールを送ります。
    でも、佐藤さんの声を私は聞けないんですよね(ーー;)

    「経営者になると部下にやらせるのが仕事、
    経営者になると部下に自発的にわからせるのも仕事、
    部下にやらせることが一番大切なんだ。」
    今日のメッセージは経営者がまず確りと勉強することが前提ですね。

  5. 佐藤勝人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    (^^)MOREさんありがとうございます。
    スカイプはまたそのうち自分に火が付いたら始めます。
    今は毎日自分を整理するためにブログを書いています。

  6. 佐藤勝人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    (^^)シルバーラビットさんありがとうございます。
    経営者の勉強として毎日毎日ブログを書くことで
    一つ一つを整理しています。
    自分の伝えたいことを文字にする文章にするということは
    自分が一番勉強になりますね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑