第136話 誕生週間!またまた三つ子の魂を追いました!

公開日: : 勝手に言わせて!

今週は12月21日で42歳を迎える佐藤勝人誕生日週間として
私の原点である三つ子の魂を今日も追ってみました!

14歳の中学3年の冬、
毎日毎日が高校入試のための早朝模擬試験!
馬鹿みたいな詰込み教育!!

何の為に英語を覚えなきゃならないんだ!?
別に俺は海外に住む気は無いのに・・・

何の為に歴史年表を暗記する!?
社会に出て俺にとって鎌倉幕府が何の役に立つんだ・・・

何の為に数学で訳の解らん公式を解くことが必要なんだ!?
ひとよひとよにひとみごろは試験以外に何に使うんだ・・・

それなのに馬鹿みたいに
覚えたくも無いことを試験の為だけに
覚えさせようとする先生達。

しかし、先生達は俺を子ども扱いして
いいから黙って勉強しろ!という。
お前みたいに考える馬鹿な奴は今までにいない!という。
どうせ勉強したくないから言っているんだろう!という。
何も解らないんだから、いいから黙って暗記しろ!という。

おまえだって良い高校に入って、良い大学に入って、
一流企業に勤められたら幸せだろう!!っていう。

それは先生あなたの価値観だろう???

それなら、あなたの言う人生に
価値を感じない奴はどうする
イヤだっていう人はどうなるんだ!って心で叫んだ!!!!!!!

そんな奴は普通じゃない!って先生は教えてくれた。

俺にとっては、そんなことより体育の授業中にウンコ漏らすほうが
社会的には問題のはずだ!!って心で叫んだ!!!!!!

このときの経験が

サトーカメラの基本理念の中には

プロセス重視!
私達はプロセスの伴わない結果を評価しません。
正しいプロセスは必ず良い結果を生み出すものだと考えます。

と言う文面で表現されている

超越した世界に行けば間違いなく結果がすべてだ!
しかし、現実的には浅い結果、
目先だけの結果しか見えない人が多い。
それを結果がすべてと勘違いする人たちが多いから
あえて結果がすべてではない!と言わせてもらう。

プロセスがプロセスに見合った結果を作り出す。
我々の商売では特に
プロセスに伴わない表面的な結果や
一瞬的な結果はそれこそスグに作れる。

我々はそんな低レベルな結果には興味は無い。

お客様を相手にしているプロの商売には
すべての行動に意味があって
すべての行動に理屈がある。

試験の為だけの暗記など要らない。
試験の為だけの理屈など要らない。

我々には薄っぺらな試験なんて必要ない!

だって社会では毎日が本番だ!

社会では毎日が試験に勝る真剣勝負だ!

だから我々プロの行動には
すべてに意味が要る、
すべてに理屈が要るのだ!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

そんな学校生活にも嫌気を感じ
ある朝、試験を受けずにサボった・・

学校に戻ると先生達は
また馬鹿みたいに怒鳴り散らして
私に謝らせるだけなんだろうな・・

そう感じた私は人生が馬鹿らしく感じ
その足で駅前のマンションへと向かった・・

10階建てのマンションの非常階段の最上階まで昇り
ここから飛び降り自殺してこの世とおさらばしようかなあ・・って思った。

誰か悲しんでくれる人はいるのかなあ・・って感じた。

10分ぐらい自問自答した。

さて、飛び降りようか!って思って
地上を覗いて身を投げ出そうとしたその瞬間!!!!!!!!!!

明るい視界が開けた!!!!!!!!!!!!

そうだ、まだ俺、結婚もしていないし、
こんな俺にも子供が出来るのかなあ?
俺の将来はどうなるんだろうか?
楽しい未来がありそうだよなあ。
もっと面白いことありそうだよな。

明るい明日を体全身から感じとれた瞬間だった!!!!!!!!

それから階段を降りて
なんか自分の将来にワクワクしながら学校へ向かった。

学校では相変わらず
キチガイみたいにサボった俺の行動やアリバイを
聞きまくり俺の足取りを調べまくる先生たち・・・何の為に?
それを知ってどうするの?それが管理?何を管理するの?
支配だけが先生の力なのか?

育てることはしないのか?

しかし、この日からはそんな先生達の行動を見てムキにならず
かえって笑える自分を発見した瞬間でもあった。

私にとって視界が開けた瞬間とは
主観的だけだと自分を追い詰める
客観的に自分を茶化すことができるようになると気が楽になった。
自分をコントロールできるようになったのかもしれない。

そして主観的だけではなく
客観的にも自分や相手を
見るくせがついた瞬間だったのかもしれない。

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

自分の余裕の中で生きているうちは、何年やっても、何回やっても、あなたは自信がないと言うんだよ。

「自信がないというのは 自分に甘いからである」 自分に甘いとは わかっていながらや

記事を読む

no image

好き嫌いの表面的な現象で右往左往するのではなく、内在的因果を突き詰めてごらんよ。

私は20代の頃 好きでもないカメラを売って生業とし 好きな事は別にあったけど 好き

記事を読む

no image

壁にぶつかるとは短所にぶつかることであり、短所是正をしないと壁は乗り越えられないんだよ。

企業に勤めて一つの業務に 3年、5年、10年も勤めれば 誰しもが何かしらの スペシ

記事を読む

no image

市場から求められていること「私たちがやりたいこと.私たちができること.私たちがやらなくてもいいこと」

■サトーカメラ第一創業期 1964年〜1987年  佐藤勝人 誕生〜22歳 &nb

記事を読む

no image

売上を追うな!2020年大不況前「選択と集中」✕「経営改革」強靭な体制を整えろ!

2008年にリーマンショックで 一気に時流がかわり 2011年に東日本大震災で 強

記事を読む

Comment

  1. sato-katsuhito より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今日は大阪からの帰り道
    東京で個別訪問指導半日3時間コース10万円!
    それ方本部に戻ります!

  2. chi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    人は追い込まれた時、追い込んだ時、見えるものがあるよね。

    それが見える前に大概は「あきらめる」か「逃げる」んだよね。

    先に何があるのか?突き詰めたいね・・・なんて(^^ゞ

  3. こーえつ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    追い詰めれた時・・・・・・・

    その状況の深刻さは人によってちがうでしょうけど佐藤さんの以前のブログにあった『失敗論』を拝見したとき、

    僕の中の『失敗』についての捉え方が”がらり”と変わりました

    経営者として、会社が倒れてしまわない程度の失敗なら恐れず立ち向かっていこうと思うようになりました

    まだまだ、駆け出しの経営者、もじどおり『失敗を糧として』日々精進していきまっす

  4. 佐藤勝人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    (^^)Chiさんありがとうございます。
    追い込まれた時も、追い込んだ時も、
    あきらめる時も、逃げる時も、すべて見えるものはあります。
    どれが良い悪いではない。
    見えた過去を自分の中で整理すること、消化すること。
    同じ過去でも自分の成長と共に受け止め方が変わってきます。

  5. 佐藤勝人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    (^^)こーえつさんありがとうございます。
    追い詰められた時って言ったって別に死ぬわけじゃない。
    意外に深刻そうで、意外に深刻じゃない。
    どこまでが成功で、どこまでが失敗なのか。
    短期で見たら失敗でも、
    長期で捉えたら成功っていう場合が殆どです。

    人生にそんなに深刻な問題って無いんですよね。

  6. シルバーラビット より:

    SECRET: 0
    PASS:
    佐藤様
    『お誕生日おめでとうございます』\(-o-)/
    ご健康とご活躍をお祈り致します。

    昨日は東京で仕事をすませ岡崎で三河経営革新塾の忘年会
    に参加」させて頂き先程帰宅しました。

    おやすみなさい。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑