第116話 在庫管理は商売人の技!

公開日: : 勝手に言わせて!

店にとって在庫管理は永遠のテーマだ!!

どこの店や会社でも接客が得意な社員は多いが
在庫管理が得意だという社員は凄く少ない。

普通の店や会社は販売力は評価するが
在庫管理を奨励する制度など普通の店や会社は持っていない。

人材育成が得意でない店や会社にとって
在庫管理が出来る人を育てるというのは中々難しいと思う。

だから店や会社では
決算前の売り尽くしや、
メーカーや問屋への返品などの手段を使って、
その場しのぎの在庫調整ばかりを
繰り返し繰り返し、
そして繰り返し、
また繰り返す・・・。

このやり方で
殆どの商売は何十年も凌いできているのが実情だ。

しかし、このやり方も好調時は力を発揮しても
売上不振に至ってからでは何の効果もでない・・。

期末に在庫調整するだけでは
在庫管理とはいえない・・。

在庫管理は売上げと関係がある。

経費を賄い利益を上げるには
どれだけの売上げが必要か、
その売上げを上げるためには
店のターゲットや商圏が決まり
お客様の像が見えてくる。

お客様が見えれば、
お客様に合わせた商品構成や
品揃えが在庫となる。

店側が機会損失だけに躍起になれば
在庫を充分置けば良いだけだ。

しかし、売れ残れば過剰在庫となって
在庫回転率が悪化するだけだ。

それが資金繰りの悪化の原因だよね。

それならばと
いつもギリギリの品薄状態で営業していると
機会損失を招くことになる。

またセール時に欠品を増やすと
お客様に失望感を与え
お客様のリピートを阻害する可能性も大きい。

多すぎず、
少なすぎずの在庫を維持しながら
タイムリーに入荷できる体制を築くのは非常に難しい・・。

その為にPOSを導入し
単品の流れを把握すれば
当然、理論在庫が瞬時に把握できる。

単品ごとに基準となる在庫量を決めておけば
基準量が切れば発注をするのか、
さらには、自動発注システムを組めば
更に更に社員も楽に作業が出来る。

ただ、数量が読めない商品もあれば、
季節によって売れなかったり売れたり、
なんていう時もある。

この手の商品は中々データ化をするのも難しく
そういう場合の商品は
やはり人間に頼らざるを得ない。

私が始めた頃はPOSも無いから
在庫管理は自分の目視と頭の中にインプット!
毎日毎日、目視発注で確認、
仕入れ値も、もちろんノートに書くが殆どは頭にインプット!
店の中の商品はすべて自分の目と頭で把握していた。
売れない商品、売れる商品も
イチイチPOSで確認なんかしなくても
100坪足らず5000アイテム以下の店ならば
毎日の目視発注で充分把握できた。

商品の置いてある場所から
バックヤードも含めた現在の在庫数
仕入れ値から販売価格に粗利まで
そして最近の売れ具合まで
すべて毎日の目視による把握は当然だった。

在庫管理は商売人の技の一つだったのだ。
だから最高の接客が出来たのも事実だった。

そして月間や年間の販売数や販売額、
粗利の変動等を知るのに、
POSを重宝したぐらいだった。

そもそも
そういった発注作業をすべて
POS化機械化してしまったおかげで

ますます、社員の在庫管理能力に
偏りが出来てきたのも事実だ。

将来の幹部や経営者を養成するのに
支障が起きかねないのも事実です。

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

それがキミの弱さだよ。

キミの人生は バッターボックスに入って 打てるコースに 好きな球が来るまで

記事を読む

no image

勝人さんは何故スキンヘッドにしたの?って聞かれたので当時を振り返ってみた。

勝人さんは何故スキンヘッドにしたの?って 聞かれて当時を振り返ってみた  

記事を読む

no image

キミの率先垂範と私の率先垂範は何が違うのだろうか?

店長の率先垂範と 私の率先垂範は 基本的に何が違うのだろうか?  

記事を読む

no image

私は難聴のせいで散々笑われてきたけど、その難聴のお陰で第6感的な超洞察力を身につけたよ。

「強さとは自分を極めること」 自分に弱さがあり そこを蓋して生きているうちは いく

記事を読む

no image

「勝人さんは講演前にどういうルーチンをされるのですか?」と、よく聞かれる。

「勝人さんは講演前に どういうルーチンをされるのですか?」 と、よく聞かれる。 &

記事を読む

Comment

  1. シルバーラビット より:

    SECRET: 0
    PASS:
    「在庫管理」の難しさを日々実感しております。

     昨夜は岡崎での「みかわ経営革新塾」に参加して、店主さんから貴重な実践報告の中から多くのことを教えて頂きました。

  2. 佐藤勝人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    (^^)シルバーラビットさんありがとうございます。
    特に小売業は在庫管理が経営力に影響を与えます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑