第74話 気の利くサービスがクレームを笑いに変える!

公開日: : 勝手に言わせて!

県内の自店を回る時はマイカーで回る!

途中昼飯は
車を運転しながらが殆どだ、
便利なマクドナルドのドライブするーを
利用する場合が多い。

そして、よく立ち寄るドライブスルーがある。

バリューセットを車から頼んで
お金を払うところまで車を回すと
今日の私の車は
左ハンドルのアメ車
車幅のでかいシボレー
1人の時は左側の運転手席から
右側の助手席の窓側まで
体を伸ばし伸ばし
助手席の窓からお金を渡したり
商品を受け取ったりしていた・・・。

が、今日は
いつもと違う行動に出てくれた。

ナント、左側の私のいる運転席の方まで
店員さんが店から出てきてくれたのだ。
そしてお金を受け取り
商品を渡してくれた。

私はビックリした。
あの、マクドナルドがこんな気の利く
サービスをしてくれるなんて!?

と、いたって感動していた。

やはり企業も成長時は
官僚主義に至り
お客をさばくことばかり考え
そんな気の利くサービスなんか絶対してくれなかったが
どんな会社でも一度売上げや利益を落とすと
お客側に立ってサービスを考えてくれるんですね。

やっぱり、
会社も店も一度でも二度でも三度でも
業績を悪化させないと
お客の立場になって考えてくれないよね。

私は「ありがとう!」って大きな声であいさつして
気持ちよく次に向かって運転していった。

国道4号線を軽快に走りながら
ハンバーガーにかぶりついた・・・・・
ハッ、ハンバーグが入っていない・・・・・・!?

ハンバーガーなのに
ベーコンとレタスしか入っていない?

ハンバーグが入っていないぞ!?

もしかすると
俺にダイエットしろってことかなあ・・・

さすがマクドナルドの
顧客感動はそこまで
お客を読んでいたんだね・・・・・・。

恐るべし!

そうじゃないって!

ハンバーガーにハンバーグを入れ忘れたな!!!

あのヤロー!!!!!!!

試しにクレームの電話を入れたら・・・

「申し訳ございませんでした!
戻ってきていただければスグご用意します」だって。

もう走り始まって3キロすぎまで来てるからもういいよ!

今度ご来店頂ければ
サービスさせていただきます。
って、言ったって

たかだか200円ぐらいのハンバーガーのことで
店まで行ってまた今日のウソみたいな出来事を説明するのか!?

もういいよ!!!!!!!!!!

余計なことをするから忘れるんだよ!
最低限の商品の供給だけは間違えるなよ。

サービスなんか悪くても良いから
ハンバーガーにハンバーグだけは忘れるなよ!
ハンバーガー屋の基本だろう!?

200円損したから怒っているんじゃないよ!
腹減った時の食い物の恨みは怖いってことだよ!

そういいながらも
これに懲りずに
あの気の利くサービスは続けてください。

最後にはこの珍事に
笑って電話を切りました(^^)

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

旅行会社への丸投げ視察セミナーは辞めました!

商業経営コンサルタント歴20年 商業経営実務歴35年 アメリカ商業視察歴25年の知見を持

記事を読む

no image

現場は「スペシャリスト」がいい、経営は「ゼネラリスト」がいい。

現場叩き上げの欠点とは 現場叩き上げが 自分の経験だけで 語り始まったら厳しい

記事を読む

no image

「最後の現場叩き上げ」私たちのような現場叩き上げが業界を超え世界を変えるのさ!

私たちは誰に何と言われようが 現場叩き上げ! それではエリートと 現場叩き上げは

記事を読む

no image

多くの経営者から「増税なのに、なぜ値下げするのか?」という質問に対して「まっすぐに写真屋サトーカメラ」

私たち地域に根差す商人の目線で捉えたら 消費税増税には100%反対ですが 増税が決まった

記事を読む

no image

商業の現場にエリートは要らない。

人材採用でエリート強者を 欲しがるのは上場企業 それは彼らの競争相手が BtoBビ

記事を読む

Comment

  1. こーえつ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    初めて投稿させていただきます(*^。^*)

    あまりに面白いというか、笑える珍事だったので

    思わず書き込みしてしまいまいした

    僕は、moreティーチャーに可愛がっていただいています「こーえつ」です

    佐藤さんのお話もよく講義にでますよ♪

    たまに、書き込みさせていただきます。よろしくお願いいたします。

  2. 佐藤勝人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ありがとうございます。

    ちなみにクレームの電話は
    「店長出せ!」
    「君じゃ話にならん店長出せ!」だった。
    それでも店長は出してもらえず
    最初に電話に出た人がキチンと対応してくれた。

    しょうがないから内容を話しはじめた・・
    どういう対応するのかを知りたくて
    (^^)悔しい思いを電話したのだが

    あまりにもマジかよって言う内容だから
    説明している自分が笑えて笑えて・・・・。

    そうやって研究しています(^^)

  3. こーえつ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    あつかましいようですが是非、僕のブログを貼っていただけないでしょうか?「こーえつ奮闘記」です。URLは
    http://blog.livedoor.jp/koestu/
    です。いろんな方に見ていただきいろんな方にご意見をいただきたく・・・

    よそしくおねがいいたします!!

  4. シルバーラビット より:

    SECRET: 0
    PASS:
    少しまえ「お祭り」論がありましたね。
     
    昨日、大阪の住吉神社の「お神輿」の川渡りを何年かぶりに地元の商店街と青年達の力で復活させたお話がテレビで放映され見ていろいろなことを教えられました。
    ・青年達が伝統の行事を復活させ地域の輪を作ろうとの思い
    ・その実現のために青年一人一人にチラシを手渡し参加を呼びかける
    ・チラシを受け取った青年たちは勤め先に祭に参加するからと休暇を頂く
    ・京都の祇園祭を取り仕切ってるベテランさんが指導に駆けつける
     
     一つ「お祭」が多くの人々をその気にさせ輪を広げてゆく姿を見ながら
     佐藤さんの「お祭」論を思い返しておりました。
     
      「お祭り」の華やかさではなく、隠された所でみんなが力を出し切ってゆくそのことが大切をなのでしょうね!~お店も

  5. かえる山本 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    いつも興味ぶかく拝見してます。マクドでオーダーミスには以前あったことありますけど、ハンバーグの入ってないバーガーっていうのは意表をつかれますね。知らないうちにハンバーガーの仕様変更があったとか・・・・入ってなけりゃ間違いなくミスだけど、ビーフ100%は今でも堅持してるんだろか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑