第72話 「本音」と「好み」の区別がついていないだけだよ!

公開日: : 勝手に言わせて!

S社の鹿さんより

会社で一雇われ人が本音で話すためには
最終的には
「私はこの会社を離れても喰っていける」という
覚悟が必要なんですね。

よく、「本音で話せ!」とか
「ケンカは大事!」って言うけど、
やっぱりその会社に
食べさせてもらっているという
気持ちが強い人ほど・・・・、

そして、相手の気持ちを
思いやる繊細な人ほど、
自分のいる場所の
居心地にこだわるから、
本音は出さないような気がするのですよ。

その自信が無くて、
覚悟を持てないから、
あたりさわりのないことでお茶を濁したり、
本意でもないことを
口にしてしまったりするのだと思います。

ということは、
社員に本音を話させるためには、
「この会社を離れても喰っていける」っていう自信を
会社がつけさせてあげないといけない
っていう気がしてきました。

結局「本音で話させるしくみを作る」ということは、
「教育をする」ということなのかも。

博多の明太子屋の社長さんが、
講演で「自社の社員を、どこの会社でも使える
優秀な社員に教育することが経営の中でとても大切」
とおっしゃっていたんですよね、そういえば。

なーんて、
佐藤勝人の一刀両断ブログを読みながら、
「教育」について思う、鹿なのでした。

佐藤勝人談
鹿さんありがとうございます。

本音って
むやみやたらに
自己主張するわけでもないし、
ケンカすることでも無いし、
そんなに難しいことでは無いんだよ(^^)

鹿さんは「本音」と「好み」の区別が
まだついていないだけだよ。

本音の前に「好き嫌い」が邪魔をしているだけ。

会社に居れば誰だって
嫌いだけどもやらなければならない時もある。

それを本音で言うなら
「本当はマジで嫌いですけど、好きになるようにやってま~す。
 だって会社命令だからしょうがないじゃん!!」って
言えることが本音なのです。

本音とは自分に対する事実現象を
言葉で言うことなんです。
そうしないと相手に伝わらないんですよ。

それをお茶を濁したり
本意でもない言葉で
「00さんの為に好きだからやっているんです」なって
つまらないウソやデタラメを言うから
周りが勘違いするんですよ。

周囲だって本人だって
あなたが本音で言わないから
勝手に色々推測して
あなたもみんなも疲れるだけなのです。

自分のことしか考えられない人が
自分を守るために
勘違いして本音を言わないだけなんですよ。

相手の気持ちを
思いやる繊細な人ほど
キチンと本音で伝えてください。

それがみんなスムーズに進むんです。

まずは自分からだよね!

当たり障りのない本音から訓練ですね(^^)

私だって本音を言い始まって12年目ぐらいかな?
それまでは
いかに騙すか、誤魔化すか、お茶を濁すか、
それが世渡り上手だと思って・・・
疲れましたよ・・・・。

きっかけは、サトカメ4店舗の時に
ソニーの品川本社へ単身で乗り込んで
有名なお偉いさんを相手に
30歳の私が
口八丁手八丁で口説いていたら
ガキの戯言なんか聞いていられない
って怒鳴られた!

その瞬間私はそのお偉いさん相手に
ぶち切れて
「テメーら俺を舐めんじゃねーぞ」って
怒鳴り返して
本音で言ってやったら
そうしたら
凄く喜んでくれて、
受け入れてくれて、
気に入ってくれて・・・・

それから自分なりに
本音で言わなければ
頭の良い奴に負けると悟ったかな!?

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

激レア砂かぶり55席のみ!伝説は五感で感じ獲れ!

  1964年の東京オリンピックに 父親が宇都宮市簗瀬に サトーカメラを

記事を読む

no image

体験したことのない人にいくら説明してもわかるわけがない。

2012年からスタートした 日本販売促進研究所主催 第15回佐藤勝人と行く アメリ

記事を読む

no image

「まちゼミ発祥の地」「岡崎市」「おかざき勝人塾」「稲盛和夫」「松下幸之助」 

まちゼミ発祥の地 愛知県岡崎市にて おかざき勝人塾 後援 岡崎市 主催 岡崎

記事を読む

no image

事業領域ハッキリさせないと攻め方は基本的に違うよ!(ローカル.リージョナル.ナショナル.グローバル)✕(メジャー.マイナー.ニッチ)

地球規模で捉えれば 日本国内がローカルで 世界をグローバルという捉え方もわかるが

記事を読む

no image

グローバルニッチだけど私たちもラーメンに負けずに「シャシンを日本から世界へ」

中国ではカメラはスマホだから 日本人のようには 写真をプリントしないという 精々や

記事を読む

Comment

  1. シルバーラビット より:

    SECRET: 0
    PASS:
    家族つて本音を言っているようで以外に言っていません。
    ~我が家だけでしょうか?
    仕事の事になるとその傾向が強いですね!(>_<)

  2. 佐藤勝人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    本音で言えないのは自分が傷つくのが怖いんですよ。
    自分を守るためにお茶を濁すんですよね。

    それは人間は傷つかないと
    気づきが生まれないことを知らないからですよ。

    人間って
    傷つけば傷つくほど
    気づきが生まれるんですよね。

  3. foxryo より:

    SECRET: 0
    PASS:
    私は本音を言う努力をし始めて3年経ちます。
    少しは良くなってきたと思いますが、それは周りの人の評価が必要ですね(^^)

    >自分のことしか考えられない人が
    >自分を守るために
    >勘違いして本音を言わないだけなんですよ。

    そうでした。
    周りの人の気持ちを優先してあげているようなつもりでいました。
    いまでもまだまだ「まぁ、いいか」が心の中に出てきたりします。

    >相手の気持ちを
    >思いやる繊細な人ほど
    >キチンと本音で伝えてください。

    顔晴ります・・・。

    そこに、本音を言える環境ってのもある程度必要じゃないかと思います。
     「もっと良くしたい!」と貢献意欲が持てるとか 
     お互いの意見を尊重する雰囲気とか

    え?、覚悟が足りない?

    そうかもしれません。
    失礼しました。

  4. 鹿 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    佐藤さん、ありがとうございます。

    私は前職で口八丁手八丁だったので、すっかり疲れ果てて、
    今の職場では本音志向でいっています。
    てことは本音を言い出して3年ですか。
    最近は若干薄らいできていますが。

    >当たり障りのない本音から訓練ですね(^^)

    そうですね。勉強&訓練!

    「好き嫌い」と「本音」をごちゃごちゃにしないこと。
    訓練して、本音を伝えられるようになること。

    私は「好き嫌い」ではなくて「本音」を言えているかしらん?
    反省、反省……。

    foxryo さんが書かれているように、

    >そこに、本音を言える環境ってのもある程度必要じゃないかと思います。
    >「もっと良くしたい!」と貢献意欲が持てるとか 

    これもとっても、よくわかります!
    カイシャで本音言うのは、やっぱり怖いです。
    相手がどう受け止めるか、次第だから。

    でも、相手にちゃんと伝わるように、
    考えて本音を言う訓練も必要なのかなぁ、と。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑