第66話 「三歩進んで二歩下がるが足腰を強くする!」

公開日: : 勝手に言わせて!

現場を相手にしているとつくづく感じること。
経営は~三歩進んで二歩下がる~(^^)

三歩進んで二歩下がるとは
後退したんじゃないことに気づかされた。
一歩前進したことが事実だったんですよね。

以前の私だったら
黙って言う事を聞く部下を育てることは
得意中の得意なのですが・・・・・・・・・・(^^)

自分自身で考え悩み自己育成していく
足腰の強い自立型の人間を育てるには
三歩進んで二歩下がり
結果として一歩進むことが
最高の成長法であることに気づかされた。

それは遠回りでも、ハイコストでもない。

自分で考える
自立型の人間を育てようと思ったら
一歩一歩の進み方が

三歩進んで二歩下がるほうが
同じ一歩でも五歩
歩いた結果の末の
前進の一歩だから
足腰の鍛え方が
一歩一歩確実に進む人の
5倍強くも知恵を付け
たくましく育つことに気づかされた。

それが自立型の人材育成法と気づいたときに
イライラが取れた・・・。

自分自身もそうやって育ってきたんですね(^^)

三歩進んで二歩下がる~

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

自分の余裕の中で生きているうちは、何年やっても、何回やっても、あなたは自信がないと言うんだよ。

「自信がないというのは 自分に甘いからである」 自分に甘いとは わかっていながらや

記事を読む

no image

好き嫌いの表面的な現象で右往左往するのではなく、内在的因果を突き詰めてごらんよ。

私は20代の頃 好きでもないカメラを売って生業とし 好きな事は別にあったけど 好き

記事を読む

no image

壁にぶつかるとは短所にぶつかることであり、短所是正をしないと壁は乗り越えられないんだよ。

企業に勤めて一つの業務に 3年、5年、10年も勤めれば 誰しもが何かしらの スペシ

記事を読む

no image

市場から求められていること「私たちがやりたいこと.私たちができること.私たちがやらなくてもいいこと」

■サトーカメラ第一創業期 1964年〜1987年  佐藤勝人 誕生〜22歳 &nb

記事を読む

no image

売上を追うな!2020年大不況前「選択と集中」✕「経営改革」強靭な体制を整えろ!

2008年にリーマンショックで 一気に時流がかわり 2011年に東日本大震災で 強

記事を読む

Comment

  1. シルバーラビット より:

    SECRET: 0
    PASS:
    「三歩進んで二歩下がる」の大切を知りました。
     「石橋をたたいて」歩むことも大切ですだ失敗を重ね本物の知恵
    を体得することが大切ですね

  2. 佐藤勝人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    たたいたって
    分からんものは、分からんっていうことです。
    人間って失敗しないと分からないですよね。

  3. 七氏 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして♪
    経営者を目指している今年19の男です。
    佐藤さんの日記は勉強になるので始めから読んでます(^-^)
    3歩進んで2歩さがるなんですけど、そんなことしてる間に5歩進む方が良いと思うんですけど

  4. 佐藤勝人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    七氏さんありがとうございます!

    5歩前進が理想だけど

    現実は天才イチローですら

    相手がいる限り

    打率10割なんてありえないんだ。

    それが事実!

    しかし、下がることで足の裏の筋肉も付くよね

    だから、足腰の強い人間に

    足腰の強い会社になるんだよ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑