第65話 本音が唯一無二の個性です!

公開日: : 勝手に言わせて!

営業マンさんからのご相談

人を褒めるのって、本当に難しいですね。
いざ褒めようとすると
「なんか、わざとらしいのではないか?」とか
何とか考えているうちに、
タイミングを失ってしまうのです・・・

そんなことで悩んでいる私です・・。
上手な褒め方のヒントを教えてくださいませ。

佐藤勝人談

イチイチ褒め言葉を、
褒める形を作ろうとするから
タイミングが分からなくなるのです。

そんなものは感じた瞬間に
感じた言葉で言えば良い。
たとえその言葉が汚くてもいい、
自分の本音であれば
相手に伝わります。

言葉の表現方法なんて二の次です。
「助かった、ありがとう、良かった」っと
自分が感じたり思ったりした瞬間に
本音で言葉を発せば良いだけ。
そんなものに決まりはありません。

自分がそう感じたのだから!

自分を演じてばかりいてはストレス溜まるだけ。
本音を言い続けないと・・・・・・・。

個性的というのは本音で物事を言っているということ。
個性出すとは本音をだすことです。

本音を言わない人は
個性的とは言われない。
魅力的とは言われない。

結局は本音を言えない事に問題がある。

なぜ本音を言えないのか?
それは単純に自分の勉強不足を
露呈したくないという
不安からです。

本音を言ったら笑われるのではないのか・・・
本音を言ったら怒られるのではないか・・・
本音とは自分をさらけ出すということ・・・

だから、
一般的な新聞・雑誌・メディアの
みんなが見ている情報だけを頼って
表面を取り繕って
みんなと同じことを言うことで
賢くなった気分になるだけ。

笑われないように、
馬鹿だと思われないように、
生活するのが普通の人です。

本音で言えるように
もっともっと自分の目で調べ!
自分の耳で確かめよう!

本音=個性=自分自身であることを知ろう!

だって、本音が唯一無二の個性だから。

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

自分の余裕の中で生きているうちは、何年やっても、何回やっても、あなたは自信がないと言うんだよ。

「自信がないというのは 自分に甘いからである」 自分に甘いとは わかっていながらや

記事を読む

no image

好き嫌いの表面的な現象で右往左往するのではなく、内在的因果を突き詰めてごらんよ。

私は20代の頃 好きでもないカメラを売って生業とし 好きな事は別にあったけど 好き

記事を読む

no image

壁にぶつかるとは短所にぶつかることであり、短所是正をしないと壁は乗り越えられないんだよ。

企業に勤めて一つの業務に 3年、5年、10年も勤めれば 誰しもが何かしらの スペシ

記事を読む

no image

市場から求められていること「私たちがやりたいこと.私たちができること.私たちがやらなくてもいいこと」

■サトーカメラ第一創業期 1964年〜1987年  佐藤勝人 誕生〜22歳 &nb

記事を読む

no image

売上を追うな!2020年大不況前「選択と集中」✕「経営改革」強靭な体制を整えろ!

2008年にリーマンショックで 一気に時流がかわり 2011年に東日本大震災で 強

記事を読む

Comment

  1. シルバーラビット より:

    SECRET: 0
    PASS:
    家族で仕事をしているとすべてが「本音」です。
     ほめことばを言っても「一度もほめられたことがない」とみんなに言われています。
    厳しい言葉がたりないのかと反省もしております。

  2. 佐藤勝人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    家族ってそんなもんですよね。
    無理には褒めません、
    親父であり社長なんだから自然体でいいでしょう。

    私もよく言うんですよ。
    「お前達が少しは私に気を使え!」ってね(^^)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑