第62話 なぜ罰則が無いとやらないの?

公開日: : 勝手に言わせて!

叱られないとやらない奴、
罰則を与えないとやれない奴って情けないですね。

しかし、現実的には会社も学校もそんな人ばかり・・。

上が一番偉くて
見張られる、
叱られる、
そういう学校教育を受けてきた
結果だとも思う。

その反動で
見張られなければ、
叱られなければ、
罰則が無ければやらない。

見つからなければ
サボることだけを考える人ばかりが増殖してきた。

しかし、なぜ叱られなければ
とぼけてやらないのだろうか・・・。

もちろん私だって元不良少年の
サボり魔だから充分その心理はわかる。

ただ単に面倒くさいのと
やる意味がわからない。
やる意味も知ろうとしない。

なぜかって?
いまさら余計なことはやりたくないから。
自分に関係ないことはやりたくないから。
余計な責任を負って罰則を受けたくないから。

なのだ。

そこで普通の人は・・
それで終わり・・・

一生懸命がんばっても
自分には無理だと決めるのが一番楽なのだ・・

ならばどう克服するべきか?
優秀か優秀じゃないかはこの際関係ないのだ。

伸びるのが早い人とは
自分が面倒なら、
やりたい人にやらせちゃうのが実に上手い。

やりたい人は認めてもらったと
思って張り切ってやる。

その代わり責任は自分が取ることが肝だ。

上手くできたら
やった奴を褒めて、
失敗したら
自分が責任を取ることぐらいは
伸びる人の常識ですね。

そうやってイチイチ
叱られなくても動く人間を同時に育てる
環境を作ることも伸びる人に共通していえる。

またそれが
組織運営の好循環作用なんだけど。

人にやってもらって
上手くいったら
自分の手柄で
失敗したら
やった奴の責任では
普通の人ですよね。

これを繰り返すと
叱られないと動かない人間が
輪をかけて増殖してくるんですね。

自分の会社や店を見ると
どういう人が多いですか?

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

自分の余裕の中で生きているうちは、何年やっても、何回やっても、あなたは自信がないと言うんだよ。

「自信がないというのは 自分に甘いからである」 自分に甘いとは わかっていながらや

記事を読む

no image

好き嫌いの表面的な現象で右往左往するのではなく、内在的因果を突き詰めてごらんよ。

私は20代の頃 好きでもないカメラを売って生業とし 好きな事は別にあったけど 好き

記事を読む

no image

壁にぶつかるとは短所にぶつかることであり、短所是正をしないと壁は乗り越えられないんだよ。

企業に勤めて一つの業務に 3年、5年、10年も勤めれば 誰しもが何かしらの スペシ

記事を読む

no image

市場から求められていること「私たちがやりたいこと.私たちができること.私たちがやらなくてもいいこと」

■サトーカメラ第一創業期 1964年〜1987年  佐藤勝人 誕生〜22歳 &nb

記事を読む

no image

売上を追うな!2020年大不況前「選択と集中」✕「経営改革」強靭な体制を整えろ!

2008年にリーマンショックで 一気に時流がかわり 2011年に東日本大震災で 強

記事を読む

Comment

  1. sato-katsuhito より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今日は今から愛知県の大府へ向かいます。
    第35回商業界中部地区ゼミナールへGOです!

  2. cameo004 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今日のブログは何を感じて書いたのですか?

  3. 佐藤勝人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今、大阪に入りました。
    あの、飲食コンサルタント「こばやし たかし」氏と一緒です。

  4. シルバーラビット より:

    SECRET: 0
    PASS:
    東京・大府・大阪と活動される佐藤様が
    初老の私には羨ましいかぎりです。

    大阪に入っていただいたのですね
    ご容態如何ですか?
    佐藤様が顔を見せられて悦ばれことでしょうね。

  5. 営業マン より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今日の内容は本当に参考になります。
    特に人にやってもらって上手くいったら自分の手柄で
    失敗したらやった奴の責任では
    「普通の人」ですよね。ってところ。
    最悪の人ではなく、実はこれが普通なんです。
    だたら、ホンの少しほめてあげるだけで、仕事をお願いした人は、
    次から本当に一所懸命、生き生きと頑張ってくれます。

    と、書いては見たものの、
    人をほめるのって、本当に難しい。
    いざほめようとすると「なんか、わざとらしいのではないか?」
    とか何とか考えているうちに、タイミングを失ってしまう、、、

    そんなことで悩んでいる私です。
    今度、上手なほめ方のヒントを教えてくださいませ。

  6. 佐藤勝人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    イチイチ褒め言葉を
    作ろうとするからタイミングが分からなくなるのだ。

    そんなもんは感じた瞬間にいえば良い。

    言葉の表現方法なんて二の次。
    「助かった、ありがとう、良かった」っと
    自分が思った瞬間に
    本音で言葉を発せば良いだけ。
    そんなもんに決まりは無い。

    作ってばかりいてはストレス溜まるよ。
    本音を言い続けないと。

    本音が唯一無二の個性なんです。

  7. 営業マン より:

    SECRET: 0
    PASS:
    アドバイスありがとうございます!
    そう、本音なんですね。解ったような気がします。

    ところで、土曜にT島さんと一緒にお会いできるのを、
    楽しみにしております。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑